人気ブログランキング |

タグ:小さな秋展 ( 8 ) タグの人気記事

いよいよ今週末

いよいよ今週末です!小さな秋展2012
f0143299_13102957.jpg

あいにくのお天気になりそうですが、
茶豆カフェでゆっくりしにいらっしゃいませんか?

2012 小さな秋展 

日時 2012.10.27(土)・28(日)  10:00-17:00

内容 「日々の食事をちょっと素敵に」
    毎日美味しくご飯を食べるのは、健康の源。そんな日々の行為も少しこだわって選ん
    だ器と過ごすと、より彩りが増すように思います。三島・刷毛目・黒釉など、星乃窯の
    定番の器を中心に展開します。
 
ゲスト 移動台所「茶豆」さん・・・茶豆カフェで星乃窯の器をお試しください
     樹春香(みきはるか)さん・・・刻字作家の樹さんの小作品を展示・販売いたします。
     久しぶりのゲストで登場です。表札等の受付もなさいますので、お気軽にご相談くだ
     さい。 

場所 星乃窯展示ギャラリー 
    菊池市赤星1093    
    ブログ内の、カテゴリ「窯の周辺」に、地図がございます。ご参照ください。

by 93hossy | 2012-10-26 13:11 | 展示会のお知らせ

黒縁あり6寸皿

このごろよく食卓に登場してもらうのが、この皿。
今年の春展で作ったものです。
縁のある、黒い6寸皿。
f0143299_20112591.jpg

先日のヒラタケのソテーもこれに盛ってみましたし、パスタも、なんでもあいそうです。
ちょっと縁があることで、汁気のもれない安心感がいいな、と思います。
今年の冬は、色違いでつくってみようかな。

by 93hossy | 2011-10-17 20:13 | 食と器

今後の予定

毎日暑いですね。
今日は久しぶりに雨が降って、すごく涼しく過ごしやすいです。
こういうめりはりのきいた天気だといいですね。

さて、今後、色々な予定が詰まってきました。
張り切ってお仕事頑張らなくちゃなりません!

まずは9月、TG珈琲さんにて個展。
期間中、特別メニューを提供していただくのですが、
その時の器は勿論、私の作った器となります。
楽しみ!

そして11月、恒例になってきた「小さな秋展」2011。
今回はゲストにキタカゼパンチさんをお呼びしています。
すごくコラボが楽しみなのです!

12月、なんと、昨日、予定が決定しました。
阿蘇神社の近く、etuさんで個展をすることになりました。
ひやーーーー!!!
同じ敷地内に、樹春香(みきはるか)さん・・・(刻字作家の清水春代さんの雅号)
のギャラリーもあります。
かなりのペースでお仕事決定です。
気分を引き締めて、いい展示内容にしたいと思います!

まずはこの夏を乗り切らなくては!
暑さに負けてはいられません(笑
自分のリズムと集中力を取り戻していきたいと思います!
それぞれの展示内容は、全く違うものにしたいと思っております。
ぜひ、みなさん、お付合いくださいませ!

by 93hossy | 2011-08-14 16:28 | 展示会のお知らせ

小さな秋展、無事終了しました。

いやー、、昨日のぽかぽか日和から一転、本日寒々とした天気。
カイロもばっちりつけて、万端です。

しかし!午前中はかなりゆっくりな人出で(笑)、結果的に一組一組のお客様がゆっくりとすごしていただけました。
昨日も書きましたが、春展の忙殺される3日間と違い、お客様の顔がちゃんと見えて、お名前、ご様子、お好きな感じも把握でき、とてもいい時間をすごせたように思います。

ふう。。。

次は春展。じっくりとアイディアをねって、また楽しい企画にしたいと思っています!
2日間、お手伝いしてくださった美保ちゃん、にしだくん、茶豆のお二人、ありがとうございます。
そしてもちろん、きてくださったお客様、ほんとうにありがとうございます!
また次の会も楽しく盛り上がりましょう!

星乃窯は、12月、基本的にお休みをいただきます。
数か月分の疲れを取りたいと思っております(笑
じっくり充電し、たまった注文をすっきり片付けて、次の仕事に臨みたいと考えています。
ブログは引き続きアップしてまいりますので、よろしくお願いします。

by 93hossy | 2009-11-29 21:12 | 日記

小さな秋展はじまりました

あの人もこの人もきてくださって、うれしい初日。

ぽかぽかの日よりは、きっとたくさんの人をアウトドアへといざなったことでしょう。

春展よりおちついてお客様に対応できるこのぼちぼち感も、
なかなかのものです(笑

来てくださる方、来てくださる方、いろんなねたをもっていらっしゃる(笑
それを聞かせていただいて、大笑いして、
ゆっくり作品もみていただける。
いいことずくめじゃないか!
f0143299_2185843.jpg

f0143299_2191981.jpg

f0143299_21103122.jpg

f0143299_21112626.jpg


今年の様子を事前に写しておきました。
(ピンボケでごめんなさーい!)
茶豆さんのおイモのぜんざい、余裕ついでに食べちゃいました。
やさしいお味です。
明日はちょっと冷えるとか。
ぜひ、あったかぜんざいであたたまってください!

by 93hossy | 2009-11-28 21:15 | 日記

ぴかぴかでお待ちしております

「27日は、なにかお手伝いできることがあったら、うかがいましょうか?」

こんな天の助けのようなメールがきました。
仲良しの美保ちゃんからです。

「よ、よかですかっ?!」
「美保ちゃん、愛してる!」
思わずメールで叫んでおりました。

いいじゃん。ほんとにそう思ったんだもん。

かくして昨日、朝から美保ちゃんと二人で、、、
(いや、正確にはほとんど美保ちゃんが一人で)
そうじをしました。

天井の梁も、ほこりを払っていただき、
窓もぴかぴかに磨いていただき、
床も隅々までふいていただき、

そこらじゅう、ぴっかぴかです。

展示場も、ややすっきりとカーペットをはいでみました。
もう冬なのに、いいのかしら。
いえ、きっとすっきりしていいと思います。

空気が清々しく感じるのは、きっと私だけじゃないと思います。

お花も珍しく自分でしつらえました。
お花のセンセイが見られたら、
ぷっ
と笑われるかもしれませんが、
自分の作った花器ですもの。
こんな風に飾ってみてください、
という気持ちで生けております。

いつものごとく、あまり多くはつくれませんでしたが、
なかなか気に入ったものができました。
ちょっと普段より骨太な感じのする小皿たちです。

窯詰めを工夫して、格段に歩留まりがよくなったり、
思わず寝過ごして実験的な窯たきになったり、
いろいろありましたが、上がってきたものはどれも愛着があります。

茶豆さんのあったかデザートも楽しみです。
にしだくんの人形もきっといい顔しています。
天気はいまひとつみたいですが、ぜひお越しくださいね。

ぴかぴかで、おまちしております

小さな秋展
11月28日(土)・29日(日)の二日間 朝10時~夕方5時まで
星乃窯 展示ギャラリーにて
喫茶部 移動台所「茶豆」
ゲスト にしだみき
小皿が中心の展示になっております。

by 93hossy | 2009-11-28 04:29 | 展示会のお知らせ

泣いても笑っても

ああ、もうそこまできております。小さな秋展。
泣いても笑っても、もう28・29の二日間。

窯をたきおえて、コーエンさんにすべりこもうと急いでみましたが、
やっぱり年末は渋滞がつきもの。
ぎりぎりまにあいませんで(笑
何しにいったんだか(笑、(涙。

終わりがたにコーエンさんに足を運んでくれた友人と恩人に合流して、
ごはんだけしっかりと食べて帰りました。
ほんとに、何しにいったんだか(笑

でもね、心が和みましたよ。
おしゃべりが大好きな私にとって、
数ヶ月、人とほとんどしゃべることがない、っていうことは
かなりの拷問。かなりのストレス。

思う存分しゃべって聞いていただきました。

明日27日は準備で朝から大忙し!
なかよしの美保ちゃんが、お手伝いにきてくれる!
掃除をして、みなさまを気持ちよくお迎えしたいと思います。
f0143299_23221038.jpg

by 93hossy | 2009-11-26 23:22 |

DMできあがりました


ギャラリー・コーエンさんでの個展、
わが星乃窯・展示ギャラリーでの小さな秋展
f0143299_13524641.jpg

同時開催なんて大丈夫??!

なんて心配をよそに、DMできあがりました。

自分の作品じゃないみたい(笑
すごく印象的なビジュアルにしあがっております。

みる人が、どこをみてくれているか、で作品というのは変わっていくと考えています。

今回のこのDM、それがすごくあらわれているな、と多少驚いております。

見る人が見れば、ほんわかとした雲であって、そこらいったいに草原が見える。
見る人が見れば、これいったいなんだろう???の不思議。
見る人が見れば、金の煙をはく生命体。

わはは

これがこういう作品をつくる面白みだと日々感じております。

作品がその空間に作用することによって生まれるもの。
これを感じ取る作業が観察者に要求される。
これまさに、自分と向き合う作業でもあります。

自分の中の、一番幸せな記憶がよみがえる人もいて。
自分の中の、一番どろどろした部分が表出する人もいて。
自分の中の、一番わきあがる情熱が映し出される人もいて。


作品を通して人とむきあう、コミュニケーションをとる。
これって、学生時代から自分がやりたかったことです。

音楽でだってそれは強く望んでいました。
だから、一番すきだったのは舞台。反応がダイレクトに伝わって、
空気が襲い掛かってくる。

素の状態でその場に臨むと、思いもよらぬ反応がかえってくる。

どんなに「追いかけられる」夢をみても、作品作りはやめられないのです。

コーエンさん、こういう機会を与えてくださって、ほんとうに感謝しています!

by 93hossy | 2009-11-05 13:48 | 展示会のお知らせ