人気ブログランキング |

タグ:アントニー・ゴームリー ( 1 ) タグの人気記事

命懸けもたまにはいいじゃないか

国東半島芸術祭、数人の方が先にいらっしゃって、
とっても面白い、とのレポートをみて、
時間があるから少し足をのばそうか、くらいの気持ちで、
午後たった4時間くらいかけて、作品群をみてまわりました。

f0143299_13154871.jpg

スタートはよかったんです。
並石プロジェクト。
勅使河原さんのガラスの彫刻が、ダムの水面にうつり、
日にすかしてみると、空が自分の手の中に入りそうな作品が見れました。
おせったいの方、笑顔百点満点です。

次にむかった、皆様おすすめのゴームリー作品をみにいって、
まさか命をかけることになるとは(笑
f0143299_1318541.jpg

駐車場のある茶屋から見た、高い高い岩山の先。
へっ?あ、あそこに登るの???
からはじまりました。恐怖体験。
ガイドの方やらみなさん、執拗に「靴を履き替えなさったがいいですよ」とすすめられます。
ちょっとめんどくさいなと思いつつ、言われた通りにして、、、大正解。
歩き始めてすぐ、その意味を知ります。

延々と続く自然階段。黒土だったり削られた岩だったり。
こういうの、こどものころに階段10段目から真っ逆さまにおっこちた私にとっては
トラウマにょっきりの階段なのです。そして滑るのも大の大の大の苦手。
ヒーヒーいいながら、ガイドさんについて、まずは不動明王様に手をあわせます。
f0143299_13224198.jpg

いかがでしょうか。高さが伝わるでしょうか。
後ろを振り返ってはいけません。心臓が飛び出します。
ここまでのぼったら、また降りなきゃなりません。
そして最後に作品へとたどり着くわけですが、
f0143299_13235018.jpg

山の嶺にたっています。あそこまでいけと?
いきました。危うくバランスを崩しかけ、死ぬかと思いました(笑
でも、カメラだけは握り締め、震える足元で岩を踏みしめて撮ってまいりました。

帰り着いた時は、誰かに抱きつきたいくらいの気持ちでした(抱きついてませんけど)。
でも、たまには命をかけるのもいいんじゃないでしょうか。
悪いものがおちた気がします(笑

その後最後に真玉プロジェクトへと滑り込み、
f0143299_13262234.jpg

ふわっと気持ちよくなって、呼吸を整えて帰路につきました。

たった36時間しかたっていないのに、
別人になったかのような濃い体験。

私の細胞一つ一つに、いろんなことがふかーく染み込んだ大分旅でした。
芸術祭、11月30日まであっております。命の洗濯、いかがでしょう。

私はお仕事がんばります。

by 93hossy | 2014-11-27 13:13 | 展示会レポート