人気ブログランキング |

タグ:のはらのシネマ ( 1 ) タグの人気記事

箱崎アートターミナル

インプットデー in 福岡。
箱崎アートターミナルというイベントに、お友達ののえみさんが作品をだしていらっしゃるというので観に行った。
彼女は、仕事を持ちながら、詩を書き、漫画を描くという才能の持ち主。
温かく、時にするどく、やや斜め目線で描く、1日1漫画のファンで、web上の作品ではあきたらず、原画をおっかけてしまった。
f0143299_124115.jpg

会場は箱崎水族館喫茶室。おやくそくのようであるが、本物の水族館を探して当分ウロウロした私は、途方に暮れてのえみさんに確認電話して探し当てた。
そこは普通の喫茶店、、、であった(笑
会場に入ると、イベントの準備に追われていらっしゃる。最終日の31日は、のはらのシネマvol.2という映画の上映&トークセッションが同じ会場であることになっている。
せっかく福岡まで行くんだし、この映画のイベントも参加して帰ろう、と少し早めに入ると、断然場違いな空気が流れており、少々肩身の狭い思いをしながらも図々しくのえみさんの漫画に集中していた。
f0143299_13339.jpg

これはもう観ていただければ一目瞭然なんだけど、面白い!くす、くすくす、、、と笑いをこらえながら一人鑑賞会。やっぱり誰かお友達誘うんだったなあ、もったいなかった、と心の中でつぶやく。
f0143299_145047.jpg

さて、こういう自主制作の映画というのは正直あまり馴染みがなく、福岡インディペンデント映画祭も、存在こそ知っていたけれど、観に行ったことがなかった。
お話を聞いてるうちに、このイベントを立ち上げた方たちの熱さにちょっと心が浮き立った。最初こそ数十本だった応募作も、今では130本を超える応募があるとか。そしてそれを五月の連休をつぶして見まくるという情熱(笑 監督が「苦、、、修行をさせてもらいました」とおっしゃったのを、会場のみんなは聞き逃さなかったと思う(笑
山木監督の映画も3本。こちらはかなりのショート作品。なんとiPhoneで撮った作品も。自分にも撮れるかもしれない、という可能性をかんじてもらえたら、とおっしゃる監督、若くて可愛らしい女性で、新しい才能を応援したいのだ、とおっしゃっていた。
ほお、、、なんかやってみたくなったりして(笑
折しも菊池で10月には映画祭が催される。こちらもどんなふうに盛り上がるのか、とても楽しみになってきた。
福岡、映画で盛り上がっているなー。福岡国際映画祭もあるし、ちょっと、、いえだいぶ先を走ってる福岡がまぶしく感じたひととき。

イベントが終わると、だいぶ長い時間がたっていたようで、実は2時間しかたっていなくて、外はまだ明るかった。
ぶらぶらと地下鉄までの道を歩きながら、行きに迷い込んだ路地を写したり、筥崎宮を写したりした。神社の周りは大きな樹が沢山あって気持ちがいい。また来年もこの箱崎アートターミナルはあるそうで、ぶらぶらと遊びにきたいな、などと思いつつ帰路についた。
f0143299_143634.jpg

f0143299_153990.jpg

まったく未体験ゾーンをインプットすると、やる気というより反骨精神みたいなものが刺激されて掘り起こされる気がする。私にとっての大事なインプットデー。
これがあって、アウトプットも中身の濃いものになると信じている。

by 93hossy | 2014-09-01 01:06 | 好きなのよね