人気ブログランキング |

タグ:さかむら ( 3 ) タグの人気記事

原田和明さんのオートマタ展

年明け一番の定休日は、原田和明さんのオートマタ展「カラクリ博士の異常な愛情」にいってまいりました。
スリランカかリー、リアルレッドで身体をあっためたあとは、
北署ちかくの「さかむら」さんへ。

f0143299_2052507.jpg

原田和明さんのオートマタ展「カラクリ博士の異常な愛情」。
昨年からはじまり、会期はのびて、とうとう今週10日(土)までとなったようです。
オートマタって? からくり人形のことです。
昨年もう1つの会場、プチブランシュさんにてご本人と奥様にお会いして、解説を聞きながらみてきましたが、現在は会場を「さかむら」さんのみとして、一堂に会しています。
めちゃめちゃ面白いんです(笑 
ご本人談「ものすごいスペクタクルが起きるかと思いきやわりと何もおこらないんです・笑」
いえいえ、そんなことはありません(笑 失礼な意味じゃなく、敬意をこめて言いますと、いい大人がこんなオチのあるものを、精魂こめて作っていらっしゃる。そこになんともいえない笑いと魅力を感じるのです(笑 気付くと、ハンドルを回しながらこどもに戻ってしまいます(笑 
私の一番のお気に入り、ジャンゴラインハルト。
速めにまわしてみると、つま先のファジーな動きがたまりません(笑
へそで茶をわかしてみたり、ウサギカップルが投げキッスしあってハートが行ったりきたりしたり、あーんなのやこーんなのが沢山待っています(笑
ぜひぜひ、さかむらさんへ足をお運びください♪(昼頃から午後九時頃まで)
f0143299_20565897.jpg
 
今日はお友達と三人連れでうかがったところ、そこにまた入ってきた方が友達だった、後から来た方も最初からいた方も、三人のうちの誰かのちょっとしたお知り合いだった、なんてご縁もありながら楽しく観賞してまいりました。
いい年明けの定休日でした♪

by 93hossy | 2015-01-07 20:55 | 好きなのよね

しみいる緑

f0143299_15112130.jpg

先日の、少し日の蔭り始めた泰勝寺。
おめあてはさかむらさんの花。
静かに力強く出迎えてくれるもの
可愛らしくしかし野性味を忘れず出迎えてくれるもの
廃れるままおそれず朽ちていく姿を見せてくれるもの
三種の花はどれも強烈な残像を残しています。
その日、そのとき、その場所で味わうだけの刹那の美。
f0143299_1512217.jpg

松仰軒の庭に、芽生え。
この日みた緑で一番でした。
他人とのやりとりに疲れたら、ゆっくり苔むす庭を歩く。
森の中をさまよう。
それだけで元気が充填される気がします。

by 93hossy | 2014-10-06 15:12 | 植物

さかむらさんにて。

昨夜、11月に個展をする、なかお画廊の中尾佳子さんと、
前々から誘われていたさかむらさんにご一緒してきました。

まずはちょっとしたハプニングから(笑 
お誘いいただいた当のなかおさん、待ち合わせの時間を過ぎても
いらっしゃらない。
まさか忘れてはいらっしゃらない、、、よね?
と、半ば不安になって留守電にメッセージ。

お店にはいって店主にたずねると、昨日お電話ありましたよ、
とおっしゃる。
じゃあ、待ってればいらっしゃいますね、とリラックスして、
店内を見てまわったり、備え付けの本を読んでみたり。
一旦お電話いただいて、それからまたしばらく・・・
本を読みふけるほどの時間がたったころに汗をかきかきご登場(笑

意外に思われるかもしれませんが、わたくし、待てる女でございます(笑 
最高2時間待ったことも。。。
さしてイライラもせず、そこでできることを次々と見つけながらお待ち申し上げます(笑 


さて、話は戻って、さかむらさんに一歩入った印象は、

おお、、、しつらえ、さすがに聞いていたのと違いない。いいなぁ。。。

師匠の家にいたころのことを思い出していました。
ちょっとピリッとした感じ。
だけど、それほど張り詰めた様子はなくて、
静かに人を受け入れる雰囲気がありました。
それは店主のさかむらさんとも似た雰囲気で。

なかおさんがこられてからは、なかおさんを肴にしたり、
古いものの話、花生けのイベントの話をしたり、
いろんな話題をいったりきたりしながら
時間は過ぎていきました。

16世紀のフランスの修道院で使っていた木のベンチ
唐の時代の白磁の壺
李朝の前の黒い炭化のメイビン
・・・

触らせていただいた質感は、時代を経た厚みのようなものがあり、
やっぱ、かなわんな、と思ったのでした。

さかむらさんの印象は、実は腕のたつ素浪人。(これって、失礼?)
普段は酔っ払ったりしながらご近所さんとも気さくに付き合うけれど、
身構えた敵がやってくると、刃はいつでも抜ける状態にはりつめる。

あれ、こんな風に書くと、やっぱり敷居が高いなぁ、なんて思われるかな。
いえいえ、私みたいな一般ピープルには、ごくごく普通に接してくださいます(笑
どうぞお気軽にいらしてください、ということでした。

ちょいとだらけたな、ピリッとしたい
というときにまた伺いたいと思います。
そいでもって、花生けの講座、受けに行きたい!

by 93hossy | 2013-09-08 09:20 |