人気ブログランキング |

タグ:うきは市テカラ ( 2 ) タグの人気記事

金継ぎ教室のおしらせ

再度掲載になります。
このたび、tournerでは、金継ぎ教室をはじめることになりました。
f0143299_14424548.jpg

講師は、うきは市で雑貨やてづくりのものを扱うお店、テカラの川口美香さん。
ばたばたしておりまして、8月中や9月のご案内が遅れておりました。
まだお席に余裕があり、思い切って10月からの開催としたいと思います。
9月よりご参加表明の方にはご迷惑をおかけいたします。

大事な器から欠けていくのよね、とはよくうかがうお話です(笑 そっと扱っているつもりでも、ついちょっとぶつけたふちがほんのちょっとだけ欠けてしまうこと、よくあります。
捨てるには思い出がありすぎる、でも使うにはちょっと危ない。
そんなときは金継ぎの出番です。
漆で補修して、金や銀で蒔いて、新たな魅力をもった器にしてしまう技術、それが金継ぎなのです。
スピーディーにその日に補修できてしまうやりかたもあり、そちらはまた特別編として開催したいと思いますが、細く長く、時間をかけて補修していく、金継ぎ本来のやり方、いわゆるロングライフデザイン的金継ぎを美香さんと一緒に学びませんか?
ぜひご参加をお待ちしております。
興味がわいてきた、という方、こちらのコメント欄、もしくは私宛メッセージをお待ちしております。
テカラの美香さんに直接のお問い合わせもどうぞ。

by 93hossy | 2016-09-28 14:54 | 好きなのよね

川口美香さんによる金継ぎ教室@tourner

きたる9月より、金継ぎ教室を開催いたします。
こちらは、定期的に開催するものです。
 実は数年前からこの教室の計画はあったのですが、ようやく実現の運びとなりました。
 これも、講師の川口美香さんの、ボランティアで金継ぎにこられた熱い気持ちや、東京からきてくださったナカムラクニオさんの温かい心遣いが後押しをしてくれたのだと思います。
 大事に使っている器は、お金やかわりの器では変えられないもの。
買ったときの思い出や、使いながら交わした会話など、使うほどに一緒に育っていくものでもあります。大好きなものほどよく使い、ちょっと欠けてしまった、とか、つい落としてしまった、なんとかならないかしら、とご相談を受けることも多かったのです。
 金継ぎ、という日本の気候にも合った技術を知ったのは、弟子入りをしていたころ。漆を使ってきずやひびを埋め、そこに金を蒔いて、新たな美しさをプラスする補修の技術です。
 材料は、本漆を使い、かけらの隙間をうめるものも、パテは使いません。
時間はかなりかかりますが、健康にはまったく影響ありません。
日本の伝統的な技術を学びながら、大切な器の修理をしてみませんか。
沢山のご参加をお待ちしております。
ご参加希望の方は、こちらにコメントをくださいませ。
(この募集記事はときおり再掲いたします)
場所 tournerアトリエ 熊本県菊池市赤星1093
   駐車場あり
時間 月に2回の木曜日(9月22日よりの予定) 
   ①午後1時半から
   ②午後7時から
   どちらも2時間程度
費用 月謝6500円 月2回開催
   毎週こられない、という方のためにチケットもございます。
   チケット1枚3500円×4枚つづり (4ヶ月有効)
   この中に、講師料、材料費、お茶+お菓子などすべて込みになっております。
   参加のはじめには、個人でもつ道具だけ購入していただきます。
定員 ひとクラス5~8名 (定員に達しましたら締め切ります)
講師 川口美香さん
   うきは市にある、テカラという雑貨店を営む傍ら、金継ぎ師として活動していらっしゃいます。震災後 は、いちはやく物資を運んでくださったり、ボランティアで金継ぎをされたりと、ご自身のできることで何か役に立ちたい、という気持ちをお持ちの心優しい女性です。彼女の細く美しい金継ぎの線に惚れ、今回の教室をお願いしました。

by 93hossy | 2016-08-02 08:00 | 食と器