人気ブログランキング |

命、洗ってまいりました

命の洗濯、って言葉がありますが、昨夜のひとときはまさにそれ。
魂がきれいになる、力がこみあげてくる、そんなひとときを過ごしました。

もっとはやくお知らせすべきでした!不覚でした。

昨夜は、私の恩師、高森郁子さんのコンサートでした。
何を隠そう、これでも音楽教師をしていた私(笑
高校時代、ほんのちょっとでしたが、歌を教えていただいてました。
美人で、さっぱりした性格。おしゃれで、とにかくあこがれてました。

そんな先生の、ふるさとへの恩返しのコンサート。
ゲストの方々もとにかくすごいメンバー!!!
こんな田舎で、しかも、こんな値段(2500円)で聴けるはずのない方々の歌を、2時間たっぷり堪能しました。

日本の歌曲、イタリアの歌曲、オペラのハイライト。
どれもうっとり。。。

普段の先生のイメージにぴったりの、明るくアップテンポな曲「マイ・フェア・レディ」より、一日中踊り明かそう。

先生の声、あたりまえなんですが、ずっと昔に聴いていたときよりも、輝きがまして、ボリュームもアップして、、、。悲劇の歌の表情にはぐーーーっと引き込まれました。

ご存知の方も多いと思いますが、絶望の身を神に訴える、「歌に生き、愛に生き」。(「トスカ」より)
強い意志を感じさせる、「世の空しさを知る神よ」。(「ドン・カルロ」)
そして、ふるさとへの気持ちをこめた一曲、「ふるさとを想って」。(「ワリー」より)

どれも、先生の生き方や普段の姿に重なって(絶望の歌は当てはまらないと想いますよ!笑)、聴いているうちに、ぐらりぐらりと感情を揺さぶられていました。
素敵な体験!

そして、特筆すべきは、ゲストの方々。
沖縄で大学の教授をしながら、世界中をとびまわっていらっしゃる翁長(おなが)剛さん、小柄な身体から想像できないバリトンです。あいだのお話もすごくお上手でした。
熊本シティ・オペラ協会代表の佐久間伸一さん、こちらはご存知の方は多いと思います。もちろん、あの重厚なバリトンは、すごい!のひとこと。人間ののどって、すごいなあ、、、と感じます。

名古屋からおこしの笛田博昭さん、この方、もうほんっっっっとにすごい!!!
一番書きたかった!!!(笑
鼻腔、鼓膜、などなど、あらゆる膜がびりびりびりびりびりびり
あの声、イタリア人です!!!
すごいすごい!!!
まだ若くて、歌う歓びにあふれていて、この方がでてくるたびに、会場がわーーーっと湧きます。
ついつい「ぶらぼーーーー!!!」
と叫んでしまいました(笑

エネルギー、いただきました!
久々に鳥肌モノの声です。

きっと、これから表現力とか身につけられて、もっともっとすごい歌手になられること、請け合い!
素人の私がこれだけ思うんですから、会場に来ていらっしゃったコーラスなど楽しんでいらっしゃる方々、きっときっと感動して帰られたことでしょう!!!

いやー、、、、。やっぱり、感動体験は必要です。

アウトプットばかりの毎日、インプットをもっともっとしなくては!と思うひとときでした。

6月21日(土)の「ドン・カルロ」、なんと笛田さんが主役!!!悲劇のヒロインが高森先生!!!行きますよーーーー!(笑
みなさんも、ぜひ、イタリアンなテノール、体験してください!!!
県立劇場へゴーーーー!!!

by 93hossy | 2008-05-11 12:34 | 音楽

<< インプットその2 ちょっとひといき >>