人気ブログランキング |

今日こそ、面取りカップの由来、、、。

12日。盛りだくさんの一日。
まず、旅館「やまと」に荷物を置き、京都駅へ。83系統で嵐山へ。嵯峨野の竹林が目的。
必ず京都のCMには出てくる場所ですから、おさえておかないと!(笑
人はかなり多かった。そろそろ紅葉も始まっている時期でもあり、観光バス、修学旅行の学生、とにかく人人人。。
ここから入る、というところを見つけ、いざ竹林へ。
・・・・・?これだけ?
短い!!あまりに短すぎる!!!!これじゃ高台寺の竹林のほうがまだましだったじゃないか!!(怒
期待しすぎると、こうなんですね。とほほ。もっと手入れをしてあって、まっすぐな竹が整然と生えている様子を想像していたのですが、見事に裏切られました。(苦笑
まあ、でも、一度は来てみたかった場所でしたから、満足致しました。(笑
ここに有名なお寺があり、そこで、義妹のためにお子に恵まれるというお守りを買う。

93系統で二条城へ向かう。堀川丸太町で乗換え。

f0143299_23593530.jpg

まず、二条若狭屋で、お菓子を買う。お店に入った人に、すぐお茶とお菓子を出してくださる。このとき食べたのが、この焼き栗。あんまりおいしくて、私は買うつもりがなかったのに、つい、買ってしまいました。。。京都には、若狭屋という屋号の店がたくさんあります。どれも違う経営者らしいのですが、私のたまたま入ったこの二条若狭屋、老舗らしく、どのお菓子も品があり、また、食べたものは全ておいしかったです!

堀川三条まで再びバス。林龍正堂にて、お香を買う。これ、ちょっとキョーレツですが、形に惹かれて買ってしまいました。でも、火をつけるとさほどキョーレツでもなく、いい香りの漂うお香でした。
f0143299_0649.jpg

ここから東南方向へ歩いてみる。細辻井兵衛商店(手ぬぐい専門店)を目指すが、途中で見つけられず、疲れてお茶をする。

ここです!ここが大事なポイントの店!!

「素夢子古茶屋」というその店は、はいると、韓国のアンティーク家具で調度品をしつらえてあり、土壁、太いはり、といった凝った内装の店でした。
メニューにも今では珍しくない韓国のお茶(ゆず茶とか、、。)があり、これは入ってよかったね、とアッシーとほくほくしたものです。
私が頼んだのはカフェオレ。ほとほと疲れてしまって、いつも飲んでいる、自分の好きなものを注文したくなったのです。

ここで、たっぷりとした和食器にカフェオレが出てきました。それまで、師匠のところで、茶碗=抹茶碗、という世界にどっぷりだったため、こういう使い方が頭になく、すごくショックを受けました。
でも、手になじんで、包む両手が温まり、とても気持ちよくカフェオレが飲めたのです。
これ!こういう器を私も作らなくちゃ!作りたい!!!
この感激は、旅が終わっても冷めやらず、すぐに試作をはじめ、とうとう私なりの面取りカップが出来上がりました。
こうして、私の定番・面取りカップはできたのです。

では、もう少しだけ旅の続きを。。

お茶後、手ぬぐい屋を探し当て、自分用と家族用、それぞれ購入。ぶらぶらと歩きながら、四条まで行き、バスで河原町へ。買い物も楽しんで、旅館へ。
夕食後、京都駅を散策。なんだかおなか減ったね、と、駅構内のHoney Beeで、ワッフルとコーヒーを頼んで、アッシーと語り合う。話は尽きないのだ。

昨日、今日と大活躍の、市・京都バス・地下鉄共通カードは、かなり優れもの!何度も乗り換えたり、乗り継いだり、そしてかなり遠くまで網羅されているので、これはお得な交通手段!次回のたびでも使ってみよう。。
f0143299_0204443.jpg

ようやく面取りカップのルーツにたどり着きました。大阪・京都の旅も、いよいよ明日で終わり。
3泊4日って、けっこう充実していますね。

by 93hossy | 2007-08-22 00:26 |

<< 京都の旅・最終日 京都の旅は続きます。 >>