人気ブログランキング |

部屋の中を少し

「伊藤真乗の目と手」展。
今、福岡であっている展覧会です。
今日は、友人に誘われて、「仏師の少ない現在、とても貴重な作品を残されている」ということで、見に行ってきました。

会場はすごいにぎわい!!!人混みが多少苦手の私はやや気後れしましたが、まあ、ともかく中へ。黒いスーツのスタッフが丁寧に会場への案内をしてくださって、なにやらちょっと仰々しい感じでした。(なれてないからなあ、、(^_^;))

中にはいると、考えていたよりかなり多くの作品が展示してありました。

どーんと横たわる大涅槃像。大日如来像や、様々な様子の釈迦像。聖徳太子像。。。。

いろんな彫塑展に行きますが、やはり、仏像というのは、特別な感じがしました。
学生の作る、心の入っていないただの像と違って、表情をみると、作り手の、優しい心が表れているようでした。
京都の寺などでみるのとも違う、なんというか、、、悟りを開いた「人間」の表情、というのかな。
そういうものが表れていると思いました。

みほちゃん、つれていってくれて、ありがとうね。


帰ってしばらくすると、ものすごく美しい夕焼けが、、、。
今日は夕方の展示場を見てください。

小さな展示場です。ものはあまりたくさん置かないようにしています。
少しずつおいて、ちゃんと手に取ってみていただきたいからです。

まあ、作るスピードもおそくて、なかなか追いつかない、、という噂もありますけど、、、。(^_^;)

f0143299_20202680.jpg


反対側に、祖母から譲り受けた箪笥を置いています。別名ストック入れ。

f0143299_20214355.jpg


今日の夕景。
f0143299_2022364.jpg


明日もいい日でありますように。

by 93hossy | 2007-08-09 00:00 | 窯の周辺

<< 三島の飯碗 自然に囲まれています。 >>