土の心臓

出窯の穴窯焼成で焼いていただいたオブジェ、土の心臓。
以前、ガス窯でたいたものでしたが、今回再度入れていただきました。
f0143299_14582891.jpg

うーん、、、、まったくべつものにあがって出てきました!
自然の力は素晴らしいです。
思いもよらない灰のかかり具合で、格段によくなりました。
f0143299_14594868.jpg

角の部分の拡大です。
f0143299_1501036.jpg

角を裏側から見てみました。

薪窯の、薪を投げ入れる一番手前を火前といいますが、
この火前は、薪のあたるリスクもある危険地帯。
ですが、無事であれば灰が一番かかり、窯変が期待できる場所でもあります。
今回、私の作品は、この火前に入れていただけて、
灰がたっぷりとかかり、こんなに面白い表情をみせてくれることになりました。
人間が考えることなど限られていて、
もうその考えの及ばないところ、手の届かないところに任せてしまう。
そこに薪窯焼成の面白みがあります。
勿論、毎回こんな面白いものばかり、とは限りません。
割れてしまうことだってあります。
そこをぎりぎりまで責めていく。

ああー、、、、やっぱり「生きてる!」って感じがします!
また是非窯たきには参加させていただきたいと思います!
[PR]

by 93hossy | 2012-06-08 14:56 | 作品の紹介 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hossy93.exblog.jp/tb/17629012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chinkerbelbel at 2012-06-08 15:02
タイトルだけ見て「ん?」と思いました。
ガラスの心臓は繊細すぎる人、鉄の心臓は頑丈すぎる人、への形容ですよね。
土の心臓とはいかに。
そのままではもろく崩れる、しかしこね・焼き固めることによって新たな造形を生み出し強くもなれる。でも元の繊細さの記憶も兼ね備えている。

いい心臓です。

ちょっとねえさんの言いたいことからは外れましたが。
そんな気がした。
Commented by 93hossy at 2012-06-09 02:55
ちかこさん、こんばんは。ありがとう。
作ったものを見て、あるいは触って感じるところは人それぞれ。
同じ説明をしたとしても、その行間を読める人もいれば、言葉そのままに受け取る人もいるはずで。
これを作った当初は、今に比べると薄いガラスだった。
今もその厚みが増したくらいだとは思うけど。
願望が形になることもあるよ。
もっと強くなりたいといつも願ってる。

<< いよいよ、来月から「街なか美術... 穴窯からでてきました >>