人気ブログランキング |

凄腕のジャーナリスト

水俣、といえば、徳富蘇峰。
、、、だそうで。

こんなすごいひと、とはよく知らずに生家をみにいったわたしたち。
f0143299_15555294.jpg

立派な町屋に踏み込むと、
中はひんやりとした空気が漂っています。
簡単な紹介ビデオをみおわるころ、
館長さん自らご案内に来てくださいました。

徳富家の歴史、地域への貢献度、など、懇切丁寧な解説付き。
ほとんど知らなかったことばかりで、
歴史に興味のある友人は、かなりの食いつきかた。
かくいうわたしも、きらいではないので、
しっかりとお話聞きました。

タブの木という、かっちり目の詰まった、重い木を使って、
母屋も蔵もつくってあります。
ちょっと中島誠之助みたいに、「コンコン」と柱を小突いてみました。
かたっ!
これは、ちょっとやそっとじゃ虫もかじれないでしょ(笑
f0143299_163873.jpg

海風にだって負けてないでしょうねえ。。。

しかしね、一番印象に残ったのは、このワンフレーズ

生涯かかって集めた本、30万冊!
読んだ本、10万冊以上!
書いた本、400冊弱!!!

一番有名な、近世日本国民史(全100巻!!!)は、
信長から明治天皇まで、350年の歴史を一人で書いたって!
超人ですか?!

なんと自分が怠けた人生を送っていたのか、
ついついかみしめてしまいました、、、とほほ。

余談ですが、身長が185センチもあったそうで。
なにもかも、ダイナミックな蘇峰です。
f0143299_16123150.jpg

もっと勉強しなきゃー、いかんな。
80歳をすぎてもなお、読書はかかさなかったそうですから。

偉人に出会う旅、水俣行。いかがですか?

by 93hossy | 2009-08-16 16:14 |

<< ジャーナリストの弟 ひさびさ、海! >>