タグ:ナカムラクニオ ( 3 ) タグの人気記事

ナカムラクニオさんのトークイベント終了

f0143299_13394193.jpg

昨日、無事にナカムラクニオさんのトークイベント終了いたしました。
満員御礼、書籍も完売、トークイベントには追加の机が出るほどでした。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
熊本の方はオープンで、すごく気持ちがいいですね、と、おっしゃっていただいて、なんだかほめられた気分です(笑
今回参加できなかった方も、ぜひ、次回の来熊の際はおこしください!
f0143299_1339161.jpg


さて、これから、春展3月17(金)・18(土)・19(日)にむけてラストスパートです。
松倉邸にてお会いしましょう♪
[PR]

by 93hossy | 2017-03-06 13:41 | | Trackback | Comments(0)

ナカムラクニオさんのトークイベント開催!

f0143299_20171134.jpg

働くっていったい何のためだろう? お金のため? 幸せのため? 世の中のため?
来るべき「大複業時代」に向けてのテキスト『パラレルキャリア ― 新しい働き方を
考えるヒント100』(晶文社)の著者・ナカムラクニオさんによる「働き方革命」トーク
を開催します。
同時に、ナカムラさんのもうひとつのキャリアである金継ぎ師としての顔も見せていただきます。
昨年、無料の金継ぎワークショップにきてくださったのをきっかけに直接のお知り合いとなり、今回、来ていただけることになりました。ぜひ沢山の方にきていただけるとうれしいです。

3月5日(日)同日に、①金継ぎワークショップ、②トークイベントのふたつがございます。ぜひ、沢山の方のご参加をお待ちしております。
*申し込みは、予約方法を確認の上、直接ナカムラさんへの申し込みとなります。長崎書店では申し込み受付はしておりませんので、ご注意下さい。

①金継ぎワークショップ

 時間:13時〜16時00分(開場12時30分) おひとり2個まで

 人数:20名

 会場:長崎書店リトルスターホール
          住所    熊本市中央区上通町6-23(3F)
               電話    096-353-0555
               休日    無休
               営業時間 10:00 ~ 21:00
          HP   http://www.nagasakishoten.jp/
 料金:2500円(材料代込)

※粉々に砕けた器、ガラスはご遠慮下さい。
※筆やへらなどの道具はこちらでご用意します。
※使用するのは「本漆」ではなく「合成漆」です。
ちいさな欠けは、食器に使用しても問題ありませんが、全体が大きく割れているものは、
完成後、食品衛生法適合のニスなどを上塗りするなどして保護して下さい。

予約:件名を『熊本金継ぎ』とし、名前、人数、割れた器の状態、電話番号を明記し、
    rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。


②ナカムラクニオ「パラレルキャリアのはじめかた」
ナカムラさん制作の書き込み型ノートを使って、ワークショップ形式で、新しい働き方へのアプローチを考えていきます。

 時間:17時〜19時 (開場16時30分)

 会場:長崎書店リトルスターホール

料金:1000円(オリジナル書き込み型ノート付き)
 *筆記用具をご持参ください。

予約:件名を『パラレルキャリアトーク』とし、名前、人数、電話番号を明記し、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。

【プロフィール】
ナカムラクニオ
1971年東京生まれ。荻窪のブックカフェ「6次元」店主。映像ディレクター。
著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 ― 都市型茶室「6次元」の発想とは』
(CCCメディアハウス)、『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)、責任編集
短編小説集『ブックトープ山形』(東北芸術工科大学)などがある。
[PR]

by 93hossy | 2017-02-21 20:19 | | Trackback | Comments(0)

初金継ぎ

初金継ぎしてまいりました。
f0143299_13371668.jpg

東京は荻窪のカフェ六次元のオーナー、ナカムラクニオさんによる、金継ぎのワークショップ。
現代的な材料を使って、スピーディーに修理していきました。
遠いところから来てくださって、ボランティアで無料の開催をしてくださいました。
地震でわれた大事なものを補修するのに、こういう、ひびや割れをポジティブに捉えるやり方もあるよ、と終始にこやかに皆さんをほめちぎりながら、のせにのせて完成に持っていってくださいました。
初金継ぎです。地震でバリンバリンにわれてしまったもので、丸々1枚がわかるものをとっておきましたが、やっと日の目をみました(笑
漆を使った、日本の伝統的な技術と、現代の材料を使ったやり方と、両方のよいところを考えながら参加しました。これからは、ちょっとした欠けの修理をお客様にもやってさしあげることが可能に、、、なるといいな!(笑
f0143299_1330582.jpg

まずは接着したところ。
かけらのなくなっている部分や小さな線の横にできるすきまなど、パテで埋めていきます。
この上から新うるし、と呼ばれるものと真鍮の粉を混ぜて、線を描いていきます。
初めてだとなかなか線が思うように描けず、太かったりゆがんだり、盛り上がると美しい金継ぎの線が、乾燥とともにしぼんだり、、、。
まだまだ修行が足りません(笑
f0143299_1338490.jpg

みなさん、とても美しく出来上がっていました。
私のはまだまだ(笑
また熊本にもきてくださるとのことで、ゆるく金継ぎ部、というものができました(笑
次回の開催も楽しみに参加したいと思います!
[PR]

by 93hossy | 2016-08-01 13:39 | 食と器 | Trackback | Comments(0)