パンゲア。展メンバーで避難所へいってきました

もうだいぶ前のことになりますが、五福町公民館に、パンゲア。展メンバーで行ってきました。
新町や呉服町を通ると、その町並みの大きな変化におどろき、また視覚的なショックを受けました。
私の家の近辺とはまったく違う風景でした。
屋根瓦がずりおち、屋台骨が斜めにゆがんだ家々が続き、そこにはよくみると赤い札が貼ってありました。

公民館に入っても、また現実をつきつけられて、息をのみました。
硬い床の上で横になっている方々。スリッパのたてる音ひとつにも敏感に反応されます。
そこには、静かな日常とは程遠い、毎日をむしりとられた人が肩をよせあっていらっしゃいました。
 
こんなところで、いったい私たちにできることがあるんだろうか。
一瞬、そんな思いもよぎりましたが、4階の現地に階段でのぼっていくと、
見慣れたメンバーが集まっており、少しほっとしながら準備に入りました。
f0143299_22212715.jpg

f0143299_22222278.jpg

始まる時間になると、保護者の方同伴で子供たちが集まり、するするーっとワークショップは始まりました。
私の心配など、まったく必要ないものでした。
ものづくりに没頭する時間。それは、思いのほかこどもたちを楽しませ、表情を緩ませることができたのでした。
f0143299_2224596.jpg

マーブリング、貼り絵、デコカードづくり、色鉛筆の塗り絵などなど、、、
あいまに人が一瞬とぎれると、すかさずメンバー同士でいれかわり、他のワークショップでものづくり。
わりと、単純で、難しいことを考えなくてすむたぐいのワークショップだったのがよかったようです。
みな、ほっとしながら、笑いながら、いい時間をすごすことができました。
また他の場所でも、こういうWSの要望があれば、うかがいたい、とメンバー一同申しております。
どうぞお気軽にお声をかけてくださいませ。
[PR]

# by 93hossy | 2016-05-25 22:28 | その他 | Trackback | Comments(0)

チャリティー展へ参加いたします

f0143299_15152332.jpg

このたびの地震では、全国の知人友人の皆さまから、温かい言葉をかけていただき、さまざまな物資やお見舞いをいただき、ひとの心のつながりを改めてありがたく、しみじみと感じ入る毎日を送っております。
私自身は、しばらく不安定な時期もありましたが、大好きなひとたちと会ってご飯を食べ、話をしているうちに、自分が腹の下の方に戻ってきました。
避難所に炊き出しのボランティアにいったり、アートで少しでも力になれることがあればと、パンゲア。展のボランティアに参加したりしつつ、チャリティー展用の作品を制作しておりました。
今回、参加させていただくのは、
「負けるもんか!熊本復興チャリティー展」です。
阿蘇の神様、タケイワタツノミコトをモチーフに、蔵書票を彫りました。
蔵書票にしてはやや大きめですが、阿蘇の神話をもとに、タケイワタツノミコトが地震の元凶といわれる大鯰を退治する図を彫り、早く地震が静まりますように、という願いをこめました。
* 蔵書票とは、大切な蔵書に、これは私のものです、というしるしを残すためのものです。EX・LIBRISの文字が入っています。
********************************************
4月14日の熊本地震から約1ヶ月。

アートで熊本の為に何か出来ないかと「負けるもんか!熊本復興チャリティー展」を下記のとおり開催いたします。福岡の聖墨会の皆様のご協力のもと、熊本遊墨塾のメンバー有志の作品を展示販売。デザイン・イラスト・クラフト・陶芸・さをり織りなど、多彩な作品が並びます。

なお、会場での売上は全額を熊本の復興のために寄付させていただきます。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

         記

【期間】2016年5月16日(月)〜31日(火)
【会場】ギャラリー喫茶 テイストファイブ
    福岡市中央区大名1丁目14-45
[PR]

# by 93hossy | 2016-05-16 15:15 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

おたずね(追記あり)

本日、仙台市のヤフーショッピング店から、蔵王湧水 樹氷2L×12本が送られてきました。私自身が購入したおぼえはなく、どなたかが送ってくださったのではないか、と思われます。
ちゃんとお礼を申し上げたいのですが、どちら様でしょうか。。。
もしこの投稿にお気づきでしたらコメントをいただくとありがたいです。よろしくお願いいたします。

********************************************************************
送り先のアイリスオーヤマに問い合わせをしておりましたが、先ほど返答がありました。
東京の知人でした。
彼女は、震災後すぐに連絡をくれた一人でしたが、こっそり送ってくれていたのだと思います。
すぐにメールをいたしました。
取り急ぎご報告まで。
[PR]

# by 93hossy | 2016-04-28 20:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

ご心配おかけしております。

このたびは、大規模な地震に伴い、多くの方がいまだ避難生活を送られております。お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、一日も早い熊本の復興を祈り、微力ながらお手伝いができたら、と思いつつすごしております。
さて、私自身も、ご心配いただいております。地震当初の興奮状態が冷め、やや疲れが出てきておりました。
その間も沢山のメッセージをいただき、ありがとうございました。
おかげさまで、休校の甥っ子たちの手助けもあり、散乱していた粘土部屋も、窯のがれきもほぼ片付きました。
落ち着いたところで、思い出した不思議なお話を。
f0143299_16553235.jpg

最初に来た地震の前日、14日のことです。その日は一ヶ月以上ぶりの休みで、何をしようかとぼんやり考えていたのですが、急に、ほんとうに、突然、熊本城を見に行きたくなりました。
よく晴れた日で、緑もすがすがしく輝き、清正公の兜でもみにこう、とお城へむかいました。
結局、めあての兜は現在本妙寺にある、ということで、仕方なくぶらぶらと場内を歩くことにしました。
考えてみると、数十年ぶりにお城を間近にみて、なんて美しいんだろう、とその姿を写真に収め、帰り道には、坂本善三先生もお描きになった石垣のラインがまた美しく見え、これも写真に収めて帰ったのでした。
f0143299_16555949.jpg

その日の夜中に襲われた地の震え。第二波の激震で、今の姿となった熊本城を見たときは、思わず小さな悲鳴をあげていました。
どなたに呼んでいただいたのか、美しいこの姿を見られたのは幸運だったと思います。またいつか、きっとこの姿を見ることができると信じています。
f0143299_16565393.jpg

[PR]

# by 93hossy | 2016-04-21 16:57 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(2)

Tourner春展2016 無事終了いたしました

春展も、無事終了いたしました。
今回は、再三の日程変更にも関わらず、沢山のお客様にきていただき、ありがとうございました。
また、日程変更のためご来場いただけなかったお客様には大変申し訳ないことをいたしました。
次回は体調を万全に整え、変更のないようにしたいと思います。
一年ぶりの茶豆のまきちゃんのお料理も、本当に滋味豊かで、皆さんにも喜んでいただけたと思います。
茶豆のおふたりとりんちゃん、毎回駐車場だけでなく、きにかけてくださる高木歯科医院の高木先生、お忙しい中時間を作ってきてくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
このあとは、5月のキタカゼパンチさんとのコラボ展、Quonaさんでの展示にむけて励みます♪こちらもどうぞよろしくお願いいたします♪
[PR]

# by 93hossy | 2016-04-10 23:04 | 展示会レポート | Trackback | Comments(0)

DMできあがりました

春展、もうすぐになりました。
DMできあがりました。いろんなお店においていただいております。
ぜひお手にとってみてください。
f0143299_1111831.jpg

 
とき   2016年4月9日(土)、10日(日)の二日間 午前11時より午後6時まで
ところ  松倉邸(菊池高校前)

喫茶に、移動台所茶豆のまきちゃん、復活です♪こちらもあわせてお楽しみください。
なお、喫茶は午後5時までとなりますので、お時間確認のうえおたちよりください。
[PR]

# by 93hossy | 2016-03-31 01:13 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

春展の日程変更いたします


春、春、春!
お天気のいい日も続き、すっかり春の陽気につつまれて、
庭の花々も咲き誇っております。
f0143299_1322219.jpg

さて、そろそろ春展の時期かしら、とお考えいただいている方もいらっしゃると思います。
実は、この冬、風邪、風邪、とどめにインフルエンザA型と、さんざん痛めつけられました。
仕事も完全にストップせざるを得ず、ご予約のお客様にも大変ご迷惑をおかけしました。
このままでは十分に準備することができない、と判断いたしましたので、
この春の春展は、日程を少し先に延ばし、4月9(土)、10(日)日の二日間とすることにいたしました。
ご予定を組んでいただいていた方もいらっしゃると思いますが、どうかご容赦くださいませ。

場所は、松倉邸にて開催いたします。時間なども予定通り、午前11時より午後6時までにいたします。
どうぞ沢山のお越しをお待ちいたしております。
※ 三日間の予定でしたが、都合により二日間となりました。ご了承くださいませ。
[PR]

# by 93hossy | 2016-03-20 15:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

こどものつくるものと大人のかかわり

【こども造形展】
f0143299_2326226.jpg

いつもはごちゃごちゃと会議用テーブルが並んでいる地下の会場、
行ってみるとほんとはカーペットの色、こんなんだったの??というくらい、広々と、すっきりとしています。
会場一杯に、子供たちの作った作品と、彫刻家・上妻利弘さんの作品が広がり、その中をこどもたちが飛んだりはねたり走ったり(笑
こどもたちの作った作品を、アーティストがディレクションすることで、こどもだって「おお!これ、おれの作ったやつ!」って興奮するんじゃないかしら。
こういう体験を幼いうちにできるというのはとても幸せだと思います。つくる、ということへのめざめが、あらゆる経験から生まれる、というのは、以前私の絵画の師匠からも教わったことでした。
ともかくいろんなところへいく、見る、いろんな体験をする、これが一番大事なんだ、と。
上妻さんも、「ともかく、自由にさせるのが一番です。制限があると、こどもたちもそうだけど、私たちも面白くないでしょう?」と語っていらっしゃいました。
こどもたちとの陶芸体験、ときおりうかがいますが、陶芸の場合は制限が厳しい部分があり、こんなふうに、制限なしの経験をさせられるといいなあ、と考えさせられました。
私にはどんなアプローチができるだろう??

上妻さんが子供たちと制作しているところを写真に撮っているのは、星野裕也さん。
こどもの、いつもはみられない、何かに夢中になっている姿が切り取られていて、観にこられた親御さんも、「わー!こんな顔して!いいねぇ!」「すごいね、これ、モデルみたいじゃん!」と、お子さんたちの輝きに目を細めていらっしゃいます。
いつもながら、こういう表情切り取ってきたかー!と思わせる写真がずらり。
個人的に、早朝、森の中で撮った、という大樹の写真が大好きでした(笑 
ぜひぜひ、沢山の方に観ていただきたいと思いました。
でも、会期は21日(日)まで!熊本城マラソンとかぶりますが、ぜひお運びください!
f0143299_2335793.jpg

[PR]

# by 93hossy | 2016-02-20 23:35 | 展示会レポート | Trackback | Comments(2)

こないだの寒波襲来は

すごい寒波でしたね。もう一週間以上前になります。

さんざん「40年ぶりの寒波」とあちこちでおどされて、
さすがの私も思い腰をあげ、水道管むき出し部分の養生をしました。
ちょうど北西むきの壁面の足元部分に水道管は出ています。
捨てようと思っていた綿毛布など使って、午後早くから取り掛かったのですが、
もうすでに寒くて寒くて(笑
手はかじかむし、カーブの部分など思ったより時間がかかるし。
どうにか終わったのは夕方5時。
地域放送で「水道管の破裂など予想されますので、、、」
と流れてきて、微妙な優越感を味わったのでした(笑
一晩中水道をちょろちょろと流し、これで大丈夫、と思っていたら、、、
f0143299_15102996.jpg

かたまりかけた水道の下にはミニつらら!
あわてて蛇口を全開にしたら流れ始めました。
あんまり細くだしていても、こういうときは役にたたないのですね。
北海道では、元栓からしめて、水道管には水が残らないようにしておくのだとか。
トイレだけは翌日2時ごろまで凍っていました。
これまで体験したことのない寒さ。
湯気や吐く息が、いちいち白くたちのぼって大げさでした(笑
f0143299_15194250.jpg

翌日午後、「コトン」「コトン」とお隣の屋根あたりから音が聞こえてきます。
見ると、ずらっとできたつららが、日を浴びて溶け出し、落ちていく音でした。
f0143299_15184510.jpg

f0143299_15202115.jpg

ほおー、、、 北国か!
思わずひとりつっこみをする私。
寒いのは結構好きなんですが、これが毎日続くような北国では生きていけなさそうです、、、(笑
[PR]

# by 93hossy | 2016-02-03 15:21 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)

アトリエ開放終了いたしました

1月いっぱい、アトリエ開放しておりました。
いろんなお客様に足をお運びいただき、展示場も見ていただくことができました。
きてくださったお客様、ありがとうございました。
また、予定があわず、期間中にも関わらずお越しいただけなかったお客様、
ご迷惑をおかけしてもうしわけありませんでした。
またの機会に、ぜひおまちしております。

さてこれから3月の春展まではしっかり仕事に専念したいところです、、、(笑
春展まで、もう少しおまちください♪
[PR]

# by 93hossy | 2016-02-01 00:23 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)