<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ナカムラクニオさんのトークイベント開催!

f0143299_20171134.jpg

働くっていったい何のためだろう? お金のため? 幸せのため? 世の中のため?
来るべき「大複業時代」に向けてのテキスト『パラレルキャリア ― 新しい働き方を
考えるヒント100』(晶文社)の著者・ナカムラクニオさんによる「働き方革命」トーク
を開催します。
同時に、ナカムラさんのもうひとつのキャリアである金継ぎ師としての顔も見せていただきます。
昨年、無料の金継ぎワークショップにきてくださったのをきっかけに直接のお知り合いとなり、今回、来ていただけることになりました。ぜひ沢山の方にきていただけるとうれしいです。

3月5日(日)同日に、①金継ぎワークショップ、②トークイベントのふたつがございます。ぜひ、沢山の方のご参加をお待ちしております。
*申し込みは、予約方法を確認の上、直接ナカムラさんへの申し込みとなります。長崎書店では申し込み受付はしておりませんので、ご注意下さい。

①金継ぎワークショップ

 時間:13時〜16時00分(開場12時30分) おひとり2個まで

 人数:20名

 会場:長崎書店リトルスターホール
          住所    熊本市中央区上通町6-23(3F)
               電話    096-353-0555
               休日    無休
               営業時間 10:00 ~ 21:00
          HP   http://www.nagasakishoten.jp/
 料金:2500円(材料代込)

※粉々に砕けた器、ガラスはご遠慮下さい。
※筆やへらなどの道具はこちらでご用意します。
※使用するのは「本漆」ではなく「合成漆」です。
ちいさな欠けは、食器に使用しても問題ありませんが、全体が大きく割れているものは、
完成後、食品衛生法適合のニスなどを上塗りするなどして保護して下さい。

予約:件名を『熊本金継ぎ』とし、名前、人数、割れた器の状態、電話番号を明記し、
    rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。


②ナカムラクニオ「パラレルキャリアのはじめかた」
ナカムラさん制作の書き込み型ノートを使って、ワークショップ形式で、新しい働き方へのアプローチを考えていきます。

 時間:17時〜19時 (開場16時30分)

 会場:長崎書店リトルスターホール

料金:1000円(オリジナル書き込み型ノート付き)
 *筆記用具をご持参ください。

予約:件名を『パラレルキャリアトーク』とし、名前、人数、電話番号を明記し、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。

【プロフィール】
ナカムラクニオ
1971年東京生まれ。荻窪のブックカフェ「6次元」店主。映像ディレクター。
著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 ― 都市型茶室「6次元」の発想とは』
(CCCメディアハウス)、『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)、責任編集
短編小説集『ブックトープ山形』(東北芸術工科大学)などがある。
[PR]

by 93hossy | 2017-02-21 20:19 | | Trackback | Comments(0)

ラジオ出演いたします。

RKKラジオ、熊本よかもんみつけ隊、のコーナーに出演させていただきます。
来週の月曜日、20日3時半ごろからほんのちょっと。
本業の焼き物ではなくて、金継ぎ教室のお話です(笑 

本業のほうも、ちゃくちゃくと準備しておりますよ!
今年の春展は、3月17(金)、18(土)、19(日)の三日間。
松倉邸にてお待ちしております。三島の器、彫りの器など、新作を準備中です。
まきちゃんのお料理も楽しみですね♪
松倉邸は、NPO法人千年の風が管理されていますが、このたび理事がかわられて、積極的に運営されています。
初市のときは、cafeとして。その後桜まつり、4月には復興映画祭、と、松倉邸にきていただける機会がどんどん増えるようです。みなさまどうぞ菊池へおこしくださいませー♪ 
f0143299_15152676.jpg

写真は、いただいた桃カステラ。迫力の祝い菓子です(笑
[PR]

by 93hossy | 2017-02-18 15:16 | 金継ぎ | Trackback | Comments(0)

教室の様子を伝えていただきます

今週の木曜日、9日の午後6時25分から、KABくまパワにて、金継ぎ教室の様子を伝えていただきます。
わきあいあいと作業をしている様子、ぜひごらんください!
雑誌タンクマさんにも取材をしていただいて、小さな復興へのとりくみとして紹介していただきましたが、これからのつながりで取材もしていただけたようです。
沢山のかたに金継ぎ教室の様子をごらんいただき、参加していただけるとうれしいです。
金継ぎの技術をみにつけて、大切な器を大事に使っていただけたら、と思います。
f0143299_21143636.jpg

写真は、金継ぎの完成まであと一歩のところまできた、私のゆのみ。ばりばりの唐津たち湯呑みです(笑
[PR]

by 93hossy | 2017-02-07 21:25 | 金継ぎ | Trackback | Comments(0)