<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どうして人は、悲しくても食べるんだろう

家族以外と会わない日が何日も続くと、
突然、用事が重なって、沢山の人と合わなきゃならない日がやってきます。

昨日はそんな日でした。
f0143299_241315.jpg

入籍と同時に、母を看取った人。
結婚する友達のためにおめでとう動画を撮影して奔走する真心の人。
突然の来訪に笑顔をこぼしてくれる人人人。
私のために泣いてくれた人。

そして、古本市で買った、高山なおみさんのエッセイを読んで、
「どうして人は、悲しくても食べるんだろう」という一節に涙を流したのでした。

色んな人に会うと、その一瞬は、日常のほんの小さな一コマのようで、
私の脳の中では、本当に奥深く眠っている記憶を呼び覚ましてくれたりする
影響の大きな一瞬なのです。

特に今週は、私が普段普通にやっていることを話しているのを聞いて、
泣き出した人が二人もいたことが、
私に疑問を投げかけていました。

なぜこんな話を聞いて泣いてくれるんだろう?

おそらく、似たような経験をされていたのかもしれません。
もしかしたら、同じような傷を持っていらしたのかもしれません。

なんとなく、なぜ?と聞かないままでいました。理由は必要なかったから。
心のある部分が共鳴してくれたのだ、という事実が、
ひとりで抱えているものを少し軽くしてくれたような気になったからでした。

話はかわるようで、私の中では「泣く」というキーワードから、こちらへ続いていきます。

高山なおみさんのエッセイは、食べることや食べ物が記憶とはっきり結びついていて、
自分のそういう記憶も掘り起こしてくれました。

こどものころ、母の日のプレゼントを買いたくて、学校がえり、連絡もせず買い物に出かけました。
あれこれと悩んでいるうちに遅くなり、とっぷりと日も暮れていました。
家に帰り着くと、珍しく母が激怒していました。
こんなに遅くなって何をしていたんだ、買い食いでもしていたんだろう?!とか、
ちゃらちゃら遊んで悪いことしてたりしたら許さんけんね、とか、
もっとひどい言葉で罵られたことを憶えています。

心配のあまり妄想が膨らんで、ついつい叱ってしまった、と、今ならわかるのですが、
私は自分の気持ちを説明させてももらえず、いつも理性的な母が目を三角にして怒る様子をみて、
だまって涙ぐんでしまいました。
ひとしきり叱られたあと、「これ、母の日のプレゼント」と言って差し出して、
私はそのまま部屋にこもってしまったのでした。

プレゼントをもらうとき、母は一瞬、ハッとした顔をしたのが忘れられません。
それからしばらくして、部屋の前まで来て、
「プレゼント買いにいってたの?ちゃんと言っていけばよかったのに。怒って悪かったね。」
そういって、おにぎりを持ってきてくれました。
私は泣きながらおにぎりをほおばりました。
泣いても泣いても美味しいのです。
かみしめると、のりの香りとあまいお米の味が口いっぱいに広がりました。

この時の涙は、多分、なんでちゃんと話を聞いてくれなかったの、の涙と、嬉し涙と、半々だったと思います。

高山なおみさんのエッセイの、悲しくても食べる、の意味とは少し違うんだけど、
私はこの時のことをはっきりと思い出して、少し鼻の奥がツーンとしました。
とりとめもない、私の記憶にまつわるお話です。

沢山の人に会いすぎたかな(笑 
移動距離も長かったけど、感情も忙しい一日でした。
[PR]

by 93hossy | 2014-08-31 02:16 | | Trackback | Comments(0)

ホテル日航熊本『処暑』完成の姿

f0143299_124512.jpg

先日のホテル日航熊本の『処暑』、完成した模様をアップいたします。
グロリオーサがはいると、暑さの峠は越したけれども、まだまだ暑い夏、という雰囲気が出ているように思います。
情熱的な赤がきいてますね♪
日比谷花壇の三角店長、ありがとうございました!

なお、この『処暑』の展示は、次の二十四節気『白露』までの展示となりますので、
見られるのは9月7日までとなります。
ホテル日航熊本一階ロビーの展示、お早めにご覧くださいね♪
[PR]

by 93hossy | 2014-08-28 01:06 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(2)

街なか美術館、現場その2搬入してまいりました

f0143299_23363672.jpg

街なか美術館、現場その2は、ホテル日航熊本
二十四節気にあわせて、日比谷花壇さんが展示をしていらっしゃるのですが、街なか美術館の期間中、ここに私の作品をコラボレーションさせていただくことになりました。

23日、午前中から現場に入り、まずは壁にとりつける雲からとりかかりました。
これが、、、現場にはいってみないとわからない色々があり、
結局、ホテル側のプロの手をお借りして、あっちいったりこっちいったりしながら、
ようやく固定の方法が見つかりました。

さて花を生けよう、としたところ、まだ花材が届いていない、ということがわかり、
私は途中で帰らせていただくことになりました。
写真はまだまだ途中の段階。
作品の数や配置などは、話し合いながら進めてくださったので、お花に関しては、日比谷花壇の三角店長の腕に丸投げ(笑
さてこれからさき、どんなふうに花を生けてくださったのか、楽しみです♪

最終的にどんなふうになったのか、また後日アップいたしますね♪
きっと、暑さの峠は越したけれども、まだまだ暑さの残る処暑を表現してくださっていると思います♪
[PR]

by 93hossy | 2014-08-25 23:43 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

雲の隙間に希望をみる

f0143299_0513811.jpg

このごろ、空を見ても、いつも雲が厚くたれこめて、どこまでもどこまでもグレーの風景が続くことが多い。
気持ちも連動してしまって、なにか、暗澹たる心地になってしまうのが私の弱いところ。
ああ、またか、、、。
はぁ、と小さくため息をついて、重い気持ちを引きずりながら仕事をこなす。

あまりに立て直せないときは、思い切って用事を作って出かけることにしている。
コーヒー豆を買いに。
これが最もよく使われる私の大事な用事(笑

ふと西の方をみると、少しだけ青い口をあけて、空がこちらを見ている。
よく見ると、うっすらと、光線がそこから光りだしていて、
雲の縁を白く白く照らし出している。

なぜだろう。この光線を見つけただけで、なにか希望のようなものがサーっと心に降ってくる気がするのだ。
天使の梯子と呼ばれるものが、地上に降りてきているのを見つけた時もそう。

あ、、、と声を出してしまう。
少し遠くだけれども、希望は降り立ちましたよ、などと言ってもらえたような、そんな気持ちになるのだ。

私に希望を与えてくれるのは、こんな些細な自然の中の美しさ。
人には裏切りや嫉妬、嘘やごまかし、そして暴力がつきまとう。
そんなことはないと、目をそらし、自分をごまかしながら生きているけれど、
やっぱり心は傷ついている。これはどうしようもないのだ。
そして、傷つけた方も、そんなつもりは全くなく、誰も悪くはない。

求めていることと、与えられることとのズレ。
求めてはいない、という嘘をついている自分に気づいたときの愕然とした気持ち。
自分は、果たしてどこにも存在していないのではないか。

われ思う ゆえに我あり

こんな妙なことを考えている自分は今日も生きています(笑
雲の隙間から少しだけ降り注ぐ光に希望を見出しながら。
[PR]

by 93hossy | 2014-08-25 01:07 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)

街なか美術館、はじまります

街なか美術館、はじまります!
まずは第一弾、搬入に行ってまいりました。
場所は日専連熊本さん♪
土台を作り直して展示しております。
お気軽にお立ち寄りください♪

土日は閉まっておりますのでお気をつけください。
■日専連 熊本市中央区安政町6−5
8/22(金)〜10/13(月祝)
■出品作家 ○古戝明 ○野田竜太郎 ○藤田ひろぶみ ○星乃久美
f0143299_1151996.jpg

[PR]

by 93hossy | 2014-08-22 01:16 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

劇団天然木熊本公演


学生時代、伝説の渡辺ゼミに所属して、
助手の久ヶ枝さんとともに、こどもたちとのミュージカル作りをしていました。
その後久ヶ枝さんはご主人と出会い、自然な流れで天然木を立ち上げられ、
恩師渡辺先生と、ずっと活動をともにされてきました。

子供たちによる手作りのミュージカル。
学生時代やっていたのは、つたないものだったと思います。
久ヶ枝さんも曲を提供されることはあったけど、
主流はこどもたちによる効果音だったり、曲だったり。
だけど、作り出す、という行為そのものが、
いつも教室ではちょっとはみ出ていたようなこどもたちにも、
そっと教室のすみでおとなしくしているようなこどもたちにも、
大活躍の場所となって、それはそれは生き生きとした表情を生み出すこととなっていました。

渡辺先生はもうお亡くなりになってしまいましたが、
天然木は健在です!

きたる8月13日は熊本公演の日。
ぜひぜひ、沢山の方に見て、体験していただきたいと思います!
http://tennenboku.blog77.fc2.com/
https://www.facebook.com/tennenboku
[PR]

by 93hossy | 2014-08-09 13:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

器と慈雨めし展、無事終了いたしました。

f0143299_2434218.jpg

菊池市の松倉亭にて、器と慈雨めし展、無事終了いたしました。

今回は、DMの手持ちが少なく、個人的に一枚もお出しできなかったのが申し訳なかったのですが、
思いがけない方々に来ていただけて、充実した三日間を過ごすことができました。
二十数年ぶりの懐かしい友との再会があり、出展者同士の交流も深まり、また新たな出会いもあり、
意義深い毎日でした。
慈雨めしも大好評をいただき、器と料理の大事な関係を改めて考える機会となりました。
これからも、食べることを楽しく、生活の中で大事にしていただけるようなお手伝いをしていきたい、と思います。

またの機会がございましたら、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。
さて次は街なか美術館の展示が8月後半から始まります。
そして10月、11月と展示は続きます。
まだまだ暑い日が続きますが、今夜はもう虫の音が聞こえてきました。
秋も近づいてるということでしょうか?(笑 ちょっと前倒しすぎる気もします(笑
美味しいご飯を食べて、元気に夏を乗り越えましょう♪
[PR]

by 93hossy | 2014-08-06 02:50 | 展示会レポート | Trackback | Comments(0)

いよいよあすまでです♪

器と慈雨めし展、本日2日(土曜日)は、さすがの慈雨めし効果!
わいわいと賑やかな松倉邸でした。
f0143299_20284.jpg

(「写真は見事な食べっぷりで慈雨めしをたいらげる高木医院長(笑))

もともと料亭だったようで、この松倉邸、昔はこんなふうに人が沢山集まっていたのかもしれないなー、などと思いながら過ごしました。
いよいよ明日、3日(日曜日)までの開催となりました。
残念ながら慈雨めしのご予約はいっぱいとなり、締切となりましたが、
ぜひ、新作の器など手に取る機会をお見逃しないようご案内いたします♪

なお、お隣の高木歯科医院様のご厚意により、明日の日曜日は駐車場を使わせていただけます。
すぐお隣の駐車場をお使いください♪
沢山のご来場をお待ちしております♪
[PR]

by 93hossy | 2014-08-02 20:03 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)