<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏の催しやります

f0143299_0295595.jpg

第1回目は、味府礼子さんお一人で始められたイベント、
「器とお菓子と」展。
今回第2回目は、私と福吉直子さんにお声がけいただいて、
3人での展示会となります。

最初に、味府さんが、熊本日日新聞で連載されていた
九州銘菓紀行をお読みになったのがはじまりです。
これに、菊池には、沢山のお菓子屋さんがあること、
水や米が豊富で、そこに砂糖があったということは、
非常に裕福な土地であったことが想像できることなどが書いてありました。

これを読んで、もっと菊池の美味しいお菓子を、自分たちの器とともに紹介したい、
とかんがえるようになったそうです。

慈雨ノマディックに移動カフェをお願いして、ゆっくり美味しいお茶と菊池のお菓子を楽しみながら、
器を眺め、気に入ったものは手にとっていただく、というスタイルです。
今回は、普段から私たちが親しみ、このお菓子が好き!というものをピックアップしてご紹介いたします。
菊池のお菓子に興味のわいた方は、きくちをそぞろ歩きながら沢山あるお菓子屋さんを覗いてみてくださいね♪

どうぞお気軽にご来場ください。


      「器とお菓子と」展

とき          2013年7月23日(火)-7月28日(日)
            am 9:00- pm 6:00
ところ         菊池夢美術館  菊池市隈府1273-1     Tel 0968-23-1155

内容          味府礼子、福吉直子、星乃久美、の3人のつくる手作りの器を使って、
             菊池のお菓子を味わいませんか?
             慈雨ノマディックの出張カフェでは、美味しい菊池のお菓子とお飲み物
             をいただくことができます。器は全て3人の器で提供していただきます。
             会場では、今回ピックアップしたお菓子の歴史や、菊池のお菓子屋さん
             が一望できる地 図などの展示もございます。
問い合わせ     090-2964-7670(味府)
             0968-23-1155(菊池夢美術館)

          
   
[PR]

by 93hossy | 2013-06-25 00:49 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

湯布院・音の旅

湯布院には、この頃音楽イベントで行く機会が増えました。
最初にどこで知ったのかは忘れたけれど、
COMMON GROUNDというイベンターさんと出会ってから、
大橋トリオさん、アン・サリーさんなど、この頃私をふわっとさせてくれるアーティストを知りました。
いわゆるツボが同じ、というのか、くー!わかってるー!というのか、
COMMON GROUNDさんが関わるアーティストは、
少しガクンときているときにはそばにいて、トントンと背中を叩いてくれるような、
楽しい時には更にふわっと上がっていくような、
そんな曲を書いてる方が多いように思います。

アン・サリーさんのアルテジオでのliveはもう1年と8ヶ月ぶりだったそうです。
f0143299_13454483.jpg

これはその時のアルテジオの庭。

今回は、「湯布院 旅する音楽  Waltz of the rain」と題した2日間に渡る音楽会。
私は幸せなことに、懸賞で土曜日のワルツ#1が当選しました。
そこで、お友達を誘って、せっかくだからと#3の夜の回もチケットを購入し、
数ヶ月休みなしで働いてきたご褒美をいただいた気持ちでゆっくりと過ごしてきました。
f0143299_1352898.jpg


開放と充電。ゆるりと過ごす中でその両方が出来たみたいです。
いろんな制限が自分をがんじがらめにして、心が悲鳴をあげそうでした。
それもサラサラと溶け出すように自由になって、
大事なものを大事にし、素直に何事も伝えていこう、と思えるようになりました。
時々、いわゆる命の洗濯、って必要ですね。

今回、羊毛とお花さんのファンになって帰ってきました。
お花ちゃんのふんわりとした歌声と、羊毛さんの繊細なギターの響きが
ぎゅっと心を掴んでくれました。
f0143299_13572254.jpg

またこんな素敵な音楽会で湯布院にいけたらなあ。。。

これを楽しみに、日々のお仕事を頑張れそうです♪
[PR]

by 93hossy | 2013-06-12 13:59 | | Trackback | Comments(0)

さっちさんにさちあれ♪

f0143299_23281669.jpg

昨日は、お友達のさっちさんの結婚式でした。
さっちさんとは、ロングライフデザインの会で知り合って、
それほどお話した記憶もなかったのですが、
昨年の水害後、いの一番に駆けつけてくれたのが彼女でした。

それまで放心状態だった私は、彼女に、堰を切ったように話し始め、
夜中の3時まで付き合っていただいたのでした。
それから、でした。私が我を取り戻して、
片付けなくちゃ!と考えられるようになったのは。
どんなお話をしたのか、もう憶えていないんですが、
あの弾けるような元気なお声を聞かせていただきながら、
共感して涙を流していただいて、
どんどん元気になっていったのを思い出します。

それからは時々ご飯を食べに行ったり、コンサートに行ったり、
あの弾ける声を聞いて元気をいただきたくて電話したり、
いろんなお話のできる大事なお友達になりました。
f0143299_23274157.jpg

会場は見渡すほど広く、本当に沢山の方々に祝福されていらっしゃいました。
そして私も、心密かにジーン、、、としていました。

こんなに沢山の方々の手元に、私の器が届くのか、、、。

ホンの少し、幸せのお手伝いをさせていただけた気がしました。
二次会も、沢山の方が駆けつけていらっしゃって、
お二人のお人柄が伝わるようでした。
本当に素晴らしい経験をさせていただいて、さっちさん、御手洗さん、ありがとうございました♪
どうぞ、これからも仲良くお過ごしください♪
[PR]

by 93hossy | 2013-06-02 23:32 | | Trackback | Comments(0)