<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

歩きつづける

f0143299_1717429.jpg


車に乗って走り去ってしまえば、けしてみえないもの。

ぐっと人の脚に近い自転車だったらどうだろう。
空気の密度、空の色、におい、光
それらはきっと直接の感覚として身体に入ってくるだろう。
スピードがましてくるほどに感覚は内を向き、
まるで修行僧の行脚のようにただひたすら己の息遣いと
筋肉の痛みと上昇する体温を感じるのだろうか。

ウォーキングもまた目的があって、
目の先には、目的地と戻る場所があり、
感覚は外を向いていない。

歩く。歩く。
身体中の感覚を外に向けて。
f0143299_17195910.jpg

すっとんきょうなまでの原色の共演。
歩く。歩く。
f0143299_17205517.jpg

春の息吹。
歩く。歩く。
f0143299_172148100.jpg

あれほど荒れ狂った川の、普段の澄んだ姿。
歩く。歩く。
f0143299_17225742.jpg

日常を包む信頼。
歩く。歩く。
f0143299_17242281.jpg

水面にとらわれた揺れる空。
歩く。歩く。
f0143299_1725218.jpg

その先に光。

ぐっと遅くぽたぽたと歩きながら、
行きに見えなかったものも帰りには見えて。
水色の画用紙のような空に、
何かがさーっと飛び立つ音が聞こえる。

見たもの聞いたもの読んだもの出会った人
手に入ったものもそうでなかったものも
全てが私の構成要素。
それは増え続けることはあっても
けして消え去ることはない。
そんな感覚もすーっと入ってくる。
もやのように自分を捉えていた悲しみも
今日の空のように晴れて。

時々歩いて自分を見てみよう。
さっきからずっと犬が吠えている。
散歩をせがんでいるんだろうか。
[PR]

by 93hossy | 2013-01-28 17:29 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(2)

食いしん坊のサガ

先日、ツイッター上で、
なかしましほさんの小さなレシピでお菓子を作り、
できたらハシュタグ#をつけて投稿する、という企画に
あなたも参加しないか、とお友達にお誘いツイートを受けまして。

まず第1回目は「りんごのマフィン」
見ると、りんごもあるし、材料も揃っています。
軽い気持ちで作り始めました。
ツイート1回分で出来る簡単レシピ。
りんごを煮て、材料を混ぜ、オーブンで焼くだけ。
f0143299_3275861.jpg

しかーし!
1回目はベーキングパウダーも薄力粉もちょっと古かったらしく、
なんだか時間ばかりかかってかたーいモノになってしまいました。

ここでやめておけばよいものを、
食いしん坊とは、悲しいサガを持っているのです。
「くそー!もっと美味しくできるはず!」

こうして材料を新しく買い揃え、りんごも珍しく紅玉が出ていたのをゲットして、
2回目のマフィンに挑戦したのでした。

1回目は、レシピどおり、イチョウ切りにしたりんごを、
2回目は小さなサイコロに切って、
砂糖は大さじ2、レモン汁も小さじ1杯ぶんほどに増やしました。
f0143299_3361134.jpg

紅玉の色がうつって、煮たりんごも宝石のようです。
材料もささっと混ぜて、焼く温度も今回は200度10分、190度15分。
今回はしっかりと膨らみました。
f0143299_338975.jpg

見た目はほぼいい感じです。
食べてもしっとりして美味しかった。

が、しかーし!
もう少ししっとりするんじゃないか、、、。
そんな気持ちがむくむくと。

次は焼く温度を180度で25分にしてみよう、、、。

まだ3回目を焼いてはいませんが、
焼く度ノートに情報がたまっていき、
次に作るときは完璧なりんごマフィンが出来上がる、、、はずなのです(笑 

実際は、オーブンにもひとつひとつ癖や火力の違いがあるので、
違うものを使えばその都度また焼き加減のレシピに書き加えができる。

と、まあ、食いしん坊は美味しいものを食べられるまで、
けして諦めない!という悲しいサガを持っているのです(笑 

ちなみに、なかしましほさんの小さなレシピは、ほぼ日の企画で、
毎週木曜日が締切。なかしまさんが選んだなかしま賞というものが発表されるのです。
が、2回目の「スイートポテト」には間に合いませんでした(笑 
探求しすぎだろ。
[PR]

by 93hossy | 2013-01-25 09:22 | 食と器 | Trackback | Comments(2)

切り取られた空

切り取られた空は、いつもと違う顔を見せているようで、
本当は自分の心がいつもと違うってことに気がつかない。

同じものを見ても、けして同じに見えないのは、
人が変化している証拠なんだろう。

それも楽しいじゃない?
f0143299_1913227.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-20 19:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

ji-uの市 cafe neiさんにて

山鹿でおいしいご飯といい音楽を提供してくれていた
いつものごはんji-uさんが、惜しまれながらcafe部門を閉店されました。

古い酒蔵を利用したお店は、居心地がよく、
手の込んだ家庭料理が食べられて、大好きなお店でした。

やりたいことはやりきった、というお気持ちになられ、
これからは、しょうがシロップやジャム、ラー油など、
これまでも大好評だった食品作りを中心に、
出張料理やパーティー料理作りなどをされていくそうです。

そんなji-uさんのお店で使われていた道具や本などが、
大牟田のcafe neiさんにて開催のji-uの市で販売されています。
開催は本日20日まで。
私は昨日19日に、味府さんと行ってまいりました。
すでに机とか大物は売れていて、ちょっと寂しいかんじになっていましたよ。
漆器、お米(!)、漫画、本、デッドストックのボタン、陶器など、
まだまだ掘り出し物があります♪
ぜひ足をお運びくださいね。
f0143299_1104187.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-20 01:12 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

川とともに

思えば川に恵みを受けつつ、泣かされつつ。
それでもいつもそばにいて、安心するものといえば、
川をおいて他になく、帰る場所であると思うのです。



流れを作ったのは誰であったろうか。
もうずっとそこにあるのが当たり前のようでいた。

ある日水門は閉ざされ、小川の水はせき止められた。
行き場をなくした小川の水は、溢れ出てて
地を這い、すべてを覆い尽くした。
小川の涙は恵みとなり、大地を潤し、
またその土地を勇気づけた。

大河は初めから小川とはひとつであったことはないかのように
素知らぬふりをして大海を目指す。
その先には何が待ち受けているのかわからない。
ただ光さすあの海へとむかっているのだ。

小川は知っている。
大河とはかつてひとつであったことを。
そしていつかずっと先でまたひとつになることを。
だから今、ほそぼそと流れるこの道も、
何も怖くはないのだ。
f0143299_3114178.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-17 03:13 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)

やっぱりロマンは追い求めたい!

先日の、NHKスペシャル、ご覧になった方も多いかと思います。

ダイオウイカ、ほんとに生きてましたね。
映ってましたね。
キラキラと輝いてましたね!

そして一番輝いていたのは窪寺博士!
追い求めたロマンが目の前に現れた男!
こういう人、いいですね。大好きです。

ダイオウイカ自体にも勿論興味深々です。
なぜあんなに大きくなれたのか。
もう一番の興味はそれにつきます。
マッコウクジラと対決する絵が描いてあったりしますが、
あんなこと本当におこるのか。
クラーケンのモデルという説もあるそうですが、
実際船を襲ったりするのか。
だったら、撮影のあの潜水艇も、襲われる危険性もあるんだろうか。
すんごく高性能の目で見たものは、記憶する脳はあるのか。
もう頭の中はぐるんぐるんとダイオウイカのことでいっぱいでした(笑

やっぱり男のロマン、って素敵だなー。
私も結構ロマンを追い求めてますが(笑
追い求めるものがある、って素敵だな、と思います。
持ち続けて欲しいし、私もそうして生きたい。

これは、番組があるずっと前、小さき人々のかたわれ、光太郎が
ある朝テーブルの上に置いていたダイオウイカ。
初めて水彩絵具を使って描いたのだそうです。
長い蝕腕はありませんし、足の数もたりてないですが、
うわー、いいじゃん!とついつい写真撮っておりました(笑
はい、叔母馬鹿です(笑
でも、目がけっこう似てる、、、と思うんですけどね(笑 
f0143299_4112897.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-16 04:13 | | Trackback | Comments(4)

取材していただきました

美しい人は美しく、そうでない人はそれなりに、、、

樹木希林さんもおっしゃっていましたねえ(笑

昨年、「すぱいす」から取材していただきました。
お知り合いのライター、西村さんと、こちらもお知り合いのカメラマン、坂本さん。
私ごときでよいのかと迷いつつ、当日を迎えました。

着るものは、白いシャツなどいいですよ、と事前にアドバイスいただいて、
トレイラーの白いシャツでのぞみました。(なんせ一張羅!)

西村さんの取材は、とても和やかで、
うん、うん、と話を聞いてくださって、うまーく聞き出してくださいます。
この話術、できるようでなかなかできないと思うのです。
最初は緊張していた私も、引き込まれるように饒舌になり、
最後は笑いながらお話していました。

坂本さんは、その間パシャパシャとお写真撮っていただいて、
時々「角度かえましょうか」とか「この前に立っていただけますか?」
とさりげなーく指示をだしてくださいます。

ゴチゴチだった表情も、最後には紙面にのったあのような普通の笑顔に。
プロは違いますねー♪

普段、器について考えていることや、昨年の水害時、人とのつながりについて考えたことなど
私の伝えたかったことをすごく完結にまとめてくださって、とても嬉しかった。
西村さん、坂本さんに感謝です♪
こちらはその電子版です。
それなり、の笑顔でうつっております(笑
すぱいす
f0143299_1464697.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-11 14:09 | | Trackback | Comments(2)

やられておりましたー

新年にはいって、新年会3連ちゃん、という、私史上初の毎日が続き、
毎夜沢山の方と交流し、楽しい時間を過ごしておりました。
f0143299_1416622.jpg

と、ここまでならどうでもいい報告なんですが、
三日目の宴会の次の日、朝から胃痛、、、。。。

ん?なんだかおかしいな。。。

起き上がると、身体全体がだるい、、、。
でもなんとか日々のことをこなさねば、と過ごしていると、
腹痛が、、、。
水のようなさようなら、、、、

食べ過ぎちゃったかなー(笑 

はじめはこれくらいのノリだったのですが、
気がつけば何度トイレに駆け込んだのか。

ん?やっぱおかしいよね。なんかへんよね。

そう思いながらFacebookやツイッターを覗いてみると、
日曜日ご一緒したお友達が軒並みダウン。
そして1名ノロウィルスにやられたとのご報告が。。。

は!これか!やられたのか!!!

どうやら流行には乗り遅れずにすみました(笑
すごいですねー。ノロウィルス。

そして夕方からの熱発。そうとう高熱が出ていた様子。
布団に入っても、うなされて目覚めたり、またフラフラと寝てしまったり、
自分の身体が熱くて目が覚めたり。

次の日も体の節々は痛いわ、胃痛は走るわ。

あんな目に見えないようなやつにやられるとは!
ちょっとなめておりました。

まるまる二日、なにも食べられず、ポカリスエットと白湯だけ。
それも胃痛が走るので、なめるようにして1リットルもとれていなかったな、、、。

そして昨晩からおかゆを食べ始め、本日めでたく普通食に戻りました。
激しい症状がでますけど、普段が健康だったため、案外長引かずに
さっと治った模様です。

いやー、、、。おそろしい。ノロウィルス。
皆様、空気感染する、なんてご存知でした?私は知りませんでした。
ぜひ、下記をご参考までに。
ノロウィルス感染症について

注:写真は、キジの溶岩焼き。ここで感染したわけではございませんので。
[PR]

by 93hossy | 2013-01-10 14:17 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(6)

新しいスタートを♪

皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、ほんの1年のあいだに、地震、落雷(2度)、水害、と
自然災害のオンパレードでした。
これでもか!とやられるたび、
何度となくめげそうになりましたが、
特に水害の折は、沢山の方の手助けと応援で、
あっという間に元気を取り戻すことができました。

今はこうしてまた新たな目標を胸に、
羽ばたく準備をしています。

歳をとるごとに、人との不思議なご縁、というものを強く感じるようになりました。
そしてその縁は、知らないところでつながっていて、
点と点だったものは線となり、またひとつの円となっているのです。

こうして考えると、お会いできた人も、これから出会う人も、
なにかしらの縁でつながって、
そこにまた新たなエネルギーが満ちていくような気がしています。
自分の周りのわっかが、どんどん大きくなっていくような気がしています。

生きていると本当に面白いことが多いですね。

皆様、昨年は本当にお世話になり、ありがとうございました。
今年も、そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。
f0143299_116859.jpg

[PR]

by 93hossy | 2013-01-01 01:17 | その他 | Trackback | Comments(2)