<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

初オルモさん!「あっちとこっち展」

小さな秋展におこしいただいてすぐですが、
こんな展示会を次は阿蘇で開催いたします。

あっちとこっち展 星乃久美・樹葵 二人展

とき   2012年11月23日(金)-30日(金)  11:30-17:00
ところ  オルモコッピア 阿蘇市蔵原627-1 TEL 0967-34-1710
      アトリエ樹 阿蘇市一宮町宮地筒川3204 TEL 090-2080-8055 

小春日和の一日を楽しんで過ごせるような、小さな花器と器たち。そこにそっと言葉を添える刻字の作品は、木肌のぬくもりと共に優しく語りかけてくれます。
オルモコッピアさんとアトリエ樹さん(etuさんtien tienさんと同敷地内にある小さなアトリエです)にて同時開催です。
あっちとこっち、いったりきたりしながら阿蘇の一日を楽しみませんか?
f0143299_21222369.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-10-31 21:22 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

二日間、ありがとうございました!

お陰様をもちまして、小さな秋展2012は、無事終了いたしました。

f0143299_054425.jpg

天気が危ぶまれておりましたが、
のっけから晴れ男のタケさんがウエスト君に乗ってかけつけてくださって、
あいだにちょっと小雨は降ったものの、
良い天気に恵まれた二日間となりました。
(タケさん、ありがとうございました!)

今回は、Facebookでお友達になった方が
多くお見えになり、
普段のお客様より、より沢山の若い方が増えた気がしました。
これまた嬉しいことです。

みなさんじっくりと器を見てくださって、
手にとっていただいて、
茶豆さんのカフェでゆっくりしていただいて。
あの人とこの人が思わぬところでお知り合いだということがわかり、
どんどんと人のつながりが増えていくのが面白いくらいでした。

これからもっともっと楽しい企画を考えて、
より多くの繋がりが生まれていくと嬉しいな、と思います。
今後共よろしくお願いいたします。

さて、お次は11月に阿蘇の『アトリエ樹』と『オルモコッピア』さんで
樹 葵(旧・春香)さんとの二人展がございます。

そして年明けから県民百貨店にてのクマコレ参加。
怒涛の年末を過ごすことになりそうですが、
ますます張り切ってお仕事頑張りたいと思います!
[PR]

by 93hossy | 2012-10-29 01:04 | 展示会レポート | Trackback | Comments(0)

いよいよ今週末

いよいよ今週末です!小さな秋展2012
f0143299_13102957.jpg

あいにくのお天気になりそうですが、
茶豆カフェでゆっくりしにいらっしゃいませんか?

2012 小さな秋展 

日時 2012.10.27(土)・28(日)  10:00-17:00

内容 「日々の食事をちょっと素敵に」
    毎日美味しくご飯を食べるのは、健康の源。そんな日々の行為も少しこだわって選ん
    だ器と過ごすと、より彩りが増すように思います。三島・刷毛目・黒釉など、星乃窯の
    定番の器を中心に展開します。
 
ゲスト 移動台所「茶豆」さん・・・茶豆カフェで星乃窯の器をお試しください
     樹春香(みきはるか)さん・・・刻字作家の樹さんの小作品を展示・販売いたします。
     久しぶりのゲストで登場です。表札等の受付もなさいますので、お気軽にご相談くだ
     さい。 

場所 星乃窯展示ギャラリー 
    菊池市赤星1093    
    ブログ内の、カテゴリ「窯の周辺」に、地図がございます。ご参照ください。
[PR]

by 93hossy | 2012-10-26 13:11 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

いつだって笑っていられたら

何があっても
ちょっと強がって笑って
そうしていれば空元気もいつか
本当の元気になる

詩人もいつか言ってたな。

不幸は、悲しみや憎しみ、嫉妬、、、
そういうマイナスの感情が大好き
だから不幸になったときは、
笑い飛ばすのが一番さ
そしたら「ちぇ、つまんないやつだ」
って、離れてく

笑って、と君が言ったから
笑ってみるよ

[PR]

by 93hossy | 2012-10-26 05:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

朝型人間?

f0143299_1517077.jpg

この頃、なるべく寝れるときは早く寝て、早朝に起きるようにしています。

その時のご褒美はなんといってもこの景色。
そして澄みきった空気。
この中を散歩するのは至福のとき。

毎日色彩の違う絵画を見ているようです。

この大木は、我が家のシンボルツリー。槇の木です。ほどほどの高さで丸く刈り込まれたものと同じ木だとは、子どもの頃は気づきませんでした。

こんなふうにのびのびした人間でありたいものです。
[PR]

by 93hossy | 2012-10-25 15:17 | Comments(0)

月を眺めてぼんやり

先日はオリオン座流星群が見えるというので、
庭を渡ろうと外に出ると、
うろこ雲に覆われていた夜空は
いつの間にか晴れ、
遠くに光る星がはっきり見えています。
たちつくしていると、
すぅーっと見えました。
か細い流れ星がひとつ。ふたつ。

次の日も見えるということでしたが、
あいにくうっすら雲がかかっている様子。
でも、紗のかかった月がとろんと色っぽくでておりました。(雨の降る前のひととき)

月は遠くから眺めるのがいいのかもしれません。

私は時々、仕事の合間に夜空を見上げ、
話しかけることもなく、ただ月や星を眺めて
元気をもらっています。

気分に寄り添うように、強い光をなげかけてくれたり、
そぉーっと柔らかく照らしてくれたり。
こんな人がいてくれたら最高です(笑 

あるとき、詩人にこんなふうに言われたことがあります。

僕は、一番大事なものは、大事にしすぎないことにしている。
息子のことは愛している。でも、どこに住んでるかも知らない。
だけど愛してないわけじゃない。
困ってたらいつでも力になる気持ちをもっている。
いつもいつもそばにいて、
関わるというのもひとつの愛し方だけど、
人にはいろんな愛し方というものがあると思う。
君もそんな接し方を学んだらどうだい?

なるほどそんな接し方、していることもあるのかもしれません。

昔からそうですが、人からどう思われるか、とか、
人からどう見えるか、ということにはあまり関心がなく、
自分にとって大事だな、と感じる判断基準みたいなものには、
その「人から」の視点は含まれていないようです。
あくまでも、自分にとって大事なもの。
だから、ずっと変わらず愛していくのだと思います。

人間、モノ、仕事、遊び、etc.
自分の直感で選び取ったもの。

私はあまり器用ではありません。
特に人間関係。
上手に言葉を選べないことも多いし、
言葉が足りてないことも多い。
そしてそのくせ言い過ぎることもよくあります。

ふんわりと包んで言えたらいいことも、
隠さず伝えようとする。
なかなか成長できないところです。

だけど、言葉や文章にして伝えなければ、
伝わらないことのほうが多い気がします。
だから、大事にしたい人には、
ちゃんと言葉にして伝えようと思います。
これからも、そんな風に生きていくんだと思います。
f0143299_19313955.jpg

こんなところにも鱗雲
今夜は月もだいぶ大きく力強くなっていますね。
[PR]

by 93hossy | 2012-10-22 19:32 | | Trackback | Comments(0)

優しい言葉

いろんなものに目を通していてとびこんでくる優しい言葉

「めぐみ」-
原義は「愛=めぐし」。「め」は目。「ぐし」は「苦し=ぐし」。
「見て胸が痛むほどに苦しい」が、愛しに転じ、神や自然の恩恵の意に。
同じような言葉に「芽ぐみ」がある。芽も自然の大きな愛情を集めて顔を出す。
全ての生物は自然や神に愛され、必要とされて生れて来る。

深い意味がありますね。
心にメモ。

f0143299_1002868.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-10-21 10:00 | | Trackback | Comments(0)

夕日もいいけど朝日もね

4時ごろまで仕事をして、3時間くらい睡眠をとることがあります。
カーテンの向こうの窓が明るくなってくると、
自然と目が覚めます。
f0143299_1421610.jpg

夕景も毎日見とれてしまいますが、
朝のこの光は、なかなか見ることがなく、
ああ、やっぱり元気が出るな、としばらく立ち尽くして眺めてしまいます。

毛利元就は、太陽を拝んでいたということですが、
その気持ちがわかるような気がするひとときです。
荘厳で美しく、強いパワーを宿した太陽の光。
朝の一瞬だけ見えるオレンジ色の暖かさ。
こんな太陽の出現を見ることができた日は、
自分自身にも力が溢れ、パワフルに動けるようです。
[PR]

by 93hossy | 2012-10-17 01:51 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)

やはり亜熱帯化しているのか、熊本!

f0143299_621867.jpg

ご近所からいただいた、ドラゴンフルーツ。

こんな、東南アジアとか沖縄にでもいかなきゃ食べられないような果物が、
できるんです。ええ。ご近所で(笑
ハウス栽培だそうですが。

切ってまずびっくり。
果肉の色は、白と、外側の色そのままのショッキングピンクとあるそうですが、
今回のはそのピンク。
そこに、小さな種が、放射状でなく、ばらっとちらばって、
しかもわりかし均等に配置されています。
甘みは薄め。
そしてなんともいえないのが、飲み込んだときの喉の奥で感じる残り香。。。
こう、、、懐かしいおばあちゃんのお化粧品みたいな香りがします(笑
もしかしたら、香水に使ったりもするのかしら。

まあ有り体に申しますと、あまり好みではございませんでした(笑
でも、シークワサーなどの果汁をかけて食べたり、唐辛子塩?とかいう
ベトナムの調味料をかけて食べたりするとおいしいのだそうです。
スイカに塩、の感覚だそうで。
もう少しありますので、その方法で美味しくいただこうと思います♪
[PR]

by 93hossy | 2012-10-15 06:09 | | Trackback | Comments(0)

DMはこのような感じで

f0143299_1463723.jpg

今回も、ワイン食堂ルセットのしげさんの奥様、ゆみちゃんにお手伝いいただいて完成。

毎度のことですが、もしかしたらお手元に届かないこともあるかもしれません。
そのときはどうぞご容赦くださいませ。
美術館やギャラリー、よくいくお店などには少しずつ置かせていただいておりますので、
よろしければお手にとってご覧ください。

だいぶ盛り上がっております(気分は)。
眠いです(笑
がんばります!
[PR]

by 93hossy | 2012-10-14 01:56 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(2)