<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

予定がだいぶ変更になりました


水害以前に、8月の初めには豆皿展を予定している旨お伝えいたしました。
しかし、今は一生懸命復興していらっしゃる最中で、
もうすでにお店を再開されているところもあるのですが、
私が開催を予定していたギャラリーでは、
オーナー自身がだいぶショックを受けていらっしゃることもあり、
今回の開催は延期しよう、ということになりました。

ですが、急遽、7月29日(日) 風の里マルシェ 
         8月19日(日) 城華まつり
に参加させていただけることになりました。

風の里マルシェは、今週末になりました。
いろんなお店が集って、楽しくすごせるほんわかマルシェになっています。
皆様どうぞお誘い併せの上おでかけください。

風の里マルシェ
Day 2012.7.29 sunday

open11:00~16:00

Place 阿蘇郡西原村宮山1748
    クリエイティブトリガーハウス

~出店~
・cafe viale bagel store(ベーグル)
・mojoca(レザークラフト)
・Mori Yumi(子供服、洋服、雑貨)
・COCHOLEA@(洋服、小物)
・le bonheur(アロマクラフト)
・cafe soleil(カフェ)
・クリスタルハウス(サンキャッチャー)
・SATOS(ハーブソルト)
・ミドリネコ舎(雑貨)
・星乃窯(陶器)

and more......


☆Edison's mommy によるお子様預かりお買いもの同行サービスもあります(未就学時、要予約)
ご予約先 ℡080-5218-0793(Edison's mommy 鬼塚
[PR]

by 93hossy | 2012-07-27 09:30 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

復旧作業、終了しました!

お手伝いに来てくださった皆様、遠くから応援してくださった皆様の温かい気持ち、
すごい偶然がかさなっていただけたアドバイス、
何もかもが重なって、本日、無事、復旧作業終了いたしました!
f0143299_1753878.jpg

この展示場は泥水がはいりこんで、うっすらですが泥だらけでした。
荷物を全部運び出していただいて、モップかけてケルヒャーかけていただいて、
こんなにピカピカになりました。
窯もこのとおりです。
f0143299_17787.jpg

なんて短期間でおわれたのでしょう!
水害にあう以前より、ずっとずっと片付いて、すっきりした仕事場。
また心機一転頑張りたいと思います。
沢山の応援、ご心配、お力添え、ありがとうございました。
言葉に言い尽くせないほど、心から感謝しております。
f0143299_17151988.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-07-24 17:15 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(2)

夢追い人、夢のしっぽをつかむ

夢追い人・・・村上茂

どうせ一度の人生だから、自分のやりたいことをやって生きたい!

少し前までわが陶芸教室に通っていらっしゃったしげさん。
ご自分の食堂をとうとう開店されました!
その名も「ワイン食堂 recette」(ルセット)

合志市畿久富の、ラ・セッセあと、といった方がわかりやすいかな。
f0143299_0103417.jpg

今日は、ほぼ身内と言って過言ではないマカロンさんがお手伝いに来てくださったので、
帰りにご一緒することになったルセット。
しげさん、どうしてらっしゃるかな?昨日は少し緊張気味だったみたいだけど、、、
と、ドアを開けると、驚きもせずにこやかに「いらっしゃいませー」と声をかけていただきました。
シンプルでシック。大人の楽しめる落ち着いた雰囲気を持ったお店です。
f0143299_0142871.jpg

日替わりメニューの、チキンソテージェノベーゼソース。
少し小さめのお皿にこんもりと「食堂風」の盛り付け。
どれも優しい味でおいしかったなー。。。
付け合せ野菜がまた味が濃くておいしい!
昨日プレゼントされたというてぬぐいをキリリとまいて腕をふるっていらっしゃいました。
f0143299_0172328.jpg

近くに美味しいお店が増えて、とても幸せ。
しかし、ワイン食堂なのに、ワインを呑める日はいつくるのか、、、(笑
**********************************
おかげさまで連日沢山の方からお声がけいただいて、
着実に窯の復旧作業は進んでおります。

昨夜は被災後初の陶芸教室!
すっかり隅々まで美しくなって、風通しよくなった教室を見て、
生徒さん口をそろえて「深呼吸できるー!」ですと(笑     はいはい(笑

秘密の粘土室の奥の方まで泥水はいきわたり、
釉薬バケツの山の奥までしっかりと汚れ、
包装などしている小部屋の奥まで臭いはこびりついていました。
荷物を全部全部ぜーーーんぶ出して、ケルヒャーをかけていただき、
特大扇風機で乾燥させ、
ついでにいらないものはすべて捨て、
整理整頓された仕事部屋は前よりずっとずっと仕事しやすくなりそうです。
[PR]

by 93hossy | 2012-07-23 00:23 | | Trackback | Comments(2)

復旧作業はかどっております

f0143299_11315022.jpg

水害にあった翌日から、ひとり、またひとりと「お手伝いにくるよ!」というお声がけをいただき
連日心強い毎日を過ごしております。
最近お知り合いになった方、旧知の友人など沢山の方がいらしていただいています。
こうしてお手伝いにきていただいてはじめて、独りで夜やっていた作業は
ほとんどはかどっておらず、ぼんやりしてすごしてしまったのだ、とわかりました。

粘土、長石、袋、紙類、布類、、、床から40センチくらいの間にあったものは、
全て灯油の浮いた水がしみこみ、つかえなくなっていました。
そして、その水がひいたあとの灯油の臭い。。。
夜どんなにがんばろうとしても、目がヒリヒリしますし、のどもいがいが。
頭はぼーっとしてしまったのは、このせいだったようです。

デッキブラシで泥をこすり、水切りで水をおしやり、雑巾でふきとり、、、
手作業でなんとかまず水をかきだしていただき、
水浸しのものを運び出していただきました。
一番多く人にきていただけたときは、人海戦術で、さらに奥の方につまっていた
粘土の山を運び出し、釉薬のバケツ・タッパーを運び出し、
事務の部屋のこまごましたものを運び出していただきました。

おお、、、、こんなに広かったっけ、、、

そう思えるくらい、なにもかもすっきりと運び出され、
ケルヒャーをかけていただいた部屋は以前の何倍も美しくなっていました。

そしてまたタイミングよく、ごみを次々と運び出してくださる方がいらっしゃって、
もうあとは収納計画、仕分けを一人でやって、元のところへ運び込む、
という段階までこぎつけました。
途方にくれていた13日から、たった5日でここまで。。。

こういう目にあって、改めて人の心の温かさというものを実感しました。

お手伝いにいけなくてごめんね、といいながら励ましのメッセージをくださったり、
時間のない中立ち寄って差し入れてくださったり、
休みをとってお手伝いにきてくださったり、、、
他にも色んなやり方で、その方それぞれのお心遣いをしていただき、
それをひしひしと感じ取れました。

私はもうあと一歩、というところまでこれましたが、
まだまだ阿蘇や龍田など土砂がまったく取り除かれておらず、
重機さえ通れない状況の箇所もあると聞きます。
一日も早く、日常を取り戻せるように、
多くの方のご協力があったら、、、と思います。

熊本広域大水害義援金の募集について・・・日本赤十字社熊本県支部
[PR]

by 93hossy | 2012-07-18 11:31 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(4)

すごい雨でした

昨夜からの大雨で、家の前の井出が氾濫しました。
いつもはおだやかな「津和野」みたいな顔をしているのに、
ごうごうと流れるその顔は獰猛で、何もかもを濁流で飲み込みながら
下流へ下流へ押し流して進むのでした。

いつまでもやまない豪雨と雷におののき、
夜中電気を消してしばらくすごしましたが、
まったくやむ気配がありません。
そこで意をけっして母屋に渡りました。(まるで庭は池!)
すると見る間に水は増え、
あっという間に仕事場へいけなくなりました。

と、みると、仕事場も窯も車もどっぷり水につかっています。

なにもなすすべがなく、とうとう停電し、水もでなくなりました。
こんなときに限って懐中電灯も切れてしまいました。
携帯電話の小さい灯りをたよりにいろんなものをかき集め、
両親を起こし、できることをやるしかありませんでした。

見る間に玄関のすぐそこまで水は増えました。
そして迎えた夜明け.
しばらくすると水が引き始め、
仕事場に向かうと、おお、、、、、(涙)
いろんなものが水に浮いています。。。
そして泥だらけ。。。
ロクロもつかっているし、冷蔵庫も、、、。

ともかく水をかきだしかきだし作戦です。
だいぶかきだせたな、、、と思ったとき、
なにか入り口の方から水流ができてきました。
ん?
振り返るとどうどうと水が流れ込んできます。

あっというまに再び水が増え始め、
慌ててサッシをしめましたがもうおそい。
膝近くまできたところで観念して2階へ避難しました。
それからしばらくうとうとしたようです。

両親が片付けている声で目が覚めて、
重い身体をひきずりながらまた片付けにむかいました。

車をディーラーにもっていくと、
こんな修理にもってこられたのは、何十年かぶりです、
とおっしゃっていました。
近隣の地域でも電気系統までつかってしまった車が多発して、
ディーラーは大忙しのようでした。
帰って今度は窯をおそるおそるあけると、、、

おお、、、、(涙)

バーナーまでどっぷりつかっています。。。

これ、掃除がおそろしい、、、。

窯をかった会社に確認して点火してみました。
・・・つ、ついた!!!

ほっと一安心です。
これで半日くらい乾かした後、掃除機でごみを吸いだすとOK。。だそうです。

小さき人々は、保育園から帰ると、一目散に近寄ってきて、
「てつだうー」と言ってくれ、
窯にたまった水、仕事場にたまった水をかきだしてくれました。
この、ちょっとのお手伝いがなんとうれしかったことか、、、。

そして、Facebook や twitter、携帯のメール でよせられた励ましや心配のメッセージ。
こういうひとことがなんと心強かったことか!

心から感謝しています。
身体はへとへとですが、気持ちが上むいています。

まだまだ引き続き警戒が必要なようですが、
身体も十分休めて備えようと思います。
[PR]

by 93hossy | 2012-07-13 09:30 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(6)

NTT西日本熊本支店 スマートひかりスクウェア

今回の展示は、タイトルの 
NTT西日本熊本支店 スマートひかりスクウェア
にて展示させていただいています。

9月まで3ヶ月の長丁場ですので、
ほぼ一ヶ月ごとに展示の入れ替えをしていきます。
まず最初の展示は、「流転」です。
f0143299_20525537.jpg

崩 と 誕 の間に小さな卵様のものがあり、波紋があります。
スクウェア入って右手の柱と柱の間に展示してありますので、
ゆっくりとソファに腰掛けながら眺めてみてください。
[PR]

by 93hossy | 2012-07-09 20:55 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(2)

今年もはじまりました。「熊本街なか美術館」

昨夜の七夕は素敵なデートができたでしょうね。
晴れて星が見えたのはいつぶりだったか。
月も綺麗でとても贅沢な夜でした。

さて、今年も始まりました。
熊本街なか美術館
f0143299_15402342.jpg

このパンフレットで、
どこに展示してあるのか、その場所を確かめたり、
f0143299_15473810.jpg

スタンプラリーのキーワードを記入したり、
インスタレーションやフォトコンテストの日程を確かめたり
f0143299_15474751.jpg

色々活用しつつ街なかをブラブラアート散歩してみませんか?

今年の私の展示場所は、NTT西日本熊本支店の「スマートひかりスクウェア」です。
リニューアルされた美しい部屋に陶立体を展示させていただいています。
ほぼ1ヶ月ごとに展示を入れ替えする予定です。
[PR]

by 93hossy | 2012-07-09 09:30 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

雨の姿

降り続く雨

しとしとと
ざあざあと
ぽちょぽちょと
ごおごおと

光を閃かせ
バキバキと空間を折って割る
怒りの神の通り道
過ぎ去った跡に
薄紫のゆらぎを残して
世界の果てまで
のしのしと歩く

再び静かに降り続く雨

さらさらと
ぴちぴちと
しょぼしょぼと
ぽとりぽとりと

辺りはにわかに明るさを取り戻し
雨はあがりかけの姿を
線香花火の最後の姿に似せた

ちりちりと
日を浴びて小さく輝く雨粒

私の心に降る雨は
いつもこれくらいの大きさだ
[PR]

by 93hossy | 2012-07-03 23:38 | 言葉つづり | Trackback | Comments(0)

梅干達人への道は遠い・・・

今年から母の手伝いをしながら梅干を作ってみよう、
と思い立ち、立派な梅を粟国の塩に漬けたのもつい先日。

この梅雨のさなか、ちょっと晴れ間がでたからと、
目を離した隙に天日干しを母が始めていました。

ん?こんなに早くていいのかな、、、?

若干の疑問が残りながらもいたしかたなく、
晴れも2日ばかり続いたのでなんとかなるかな、
などと思っていました。

・・・が、この数日の土砂降り続きはいかがなものでしょう。

梅を見に行くと、
?????あれ?し、白いものが、、、
カビじゃーん!!!!

ショックです。
しかも、もう粟国の塩でつけたものがどれなのか、
わかりはしません(涙

ネットで調べて、とりあえずまだカビが少ししか生えていないものはホワイトリカーで洗い、
梅酢はホーロー鍋でコトコト煮てアクをとり冷まし、
かびの生えていないもの15パーセント
かびの生えてしまったものをホワイトリカーで洗ったもの20パーセント
で漬けなおし、梅酢を入れておきました。

塩漬けの期間は1ヶ月以上でもよい、という記事をみつけ、
ああ、まだ2週間くらいしかたっていなかった、というのがひとつの敗因だな、とわかりました。
しかもこの雨続きの中で始めた天日干し。
何もかもよくなかったようです。

梅干達人への道は遠い。
しかも、チャレンジは1年に一回だけ。
いや、オリンピックに比べればいいじゃないか。
彼らは4年越しに数分、いや数秒の挑戦のために命がけ。
私はさすがに梅干に命はかけてない。
けれどもおいしい梅干漬けたいです。

大飯原原発は再稼動してしまいました。
私は絶対に反対です。
もう人の住めない不毛の地になってしまった
福島の事故から何も学んでいないこの行動が、
悲惨な災害をまた引き起こさないように願いつつ、
再び再稼動には反対していきたいと思います。

世の中は気になることばかりです。

テレビや新聞はスポンサーの影響で事実を部分的にしか伝えないように
操作しやすいメディアだということは事実でしょう。
インターネットを敬遠せずに、もっと世界中から情報を集め、
そこでおこった事実を伝えようとしている人たちを見極め、
自分の生き方は決めて生きたいと思っています。

梅干からえらく思考が飛んでしまいました。
大変なことが次々と起きている今、こうして梅干漬けていられるのが
なんと幸せなんだろうとちょっとだけしみたのです。
大事な人を大事にし、自分のやれることはもっともっとやっていきたい。
そんな風に思ったのです。
f0143299_14113051.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-07-02 14:11 | | Trackback | Comments(0)