<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

たまには人のセレクトにゆだねてみる

私は音楽教師だったわりに、
普段あまり音楽を聴きません。
、、、、いや、音楽教師だったから、というのが正しいかな。
大学時代の恩師でも、お家にお邪魔すると無音なのです。
音楽科時代の友人も、意外にも無音。

制作中、最初は何かかけていても、
いつのまにか聴こえなくなっていて、
音楽に影響されて制作をするわけではなさそうです。
ロクロで器を作るときとオブジェ制作は違うものをかけるかな。
それでも結局最後らへん聴こえなくなっています(笑 

そんな私も音楽を愛する人たちの影響を受けて、
少しずつ普段も聴くようになりました。
聴いたこともないような音楽を紹介してもらえるのって
ものすごく興味を掻き立てられます。
そして、昨日、久々にコパンに食事に行くと、
帰り際、コパマネさんがお声をかけてくださいました。
「これ、お荷物になりますが、もしよかったら、、、」
f0143299_2312817.jpg

おお!いつもコパンでかかっているBGMじゃないですか!
沢山貸していただいて、コーフン(笑
早速夜のべっぴんさん教室ではかけさせていただきました。
いい。いいなあ。
フランス語のふわんとした響きがなんともいえないシルビー・バルタン。
恭子ちゃんもかなりご機嫌さんでした(笑
ジェーン・バーキンもキューティーズも可愛い!
これからしばらく楽しみが続きます♪
音楽っていいな。

コパンのお料理、おいしゅうございました。
f0143299_2353676.jpg

f0143299_2351557.jpg

直美ちゃん、ぶんちゃんもご満悦。
またいきましょう!
[PR]

by 93hossy | 2012-03-31 02:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ナガサキリンネで得たもの

先日の日曜日、お友達のみちぃさんとナガサキリンネという催しにいってまいりました。
長崎美術館と出島であっていましたよ。
友人のキタカゼパンチ夫妻、吉田健宗君にも会いたくて。

f0143299_20174319.jpg

駐車場から歩いていくと、テントが見えてきました。わくわく。
美術館に入ると、まず二階へ。
入り口には会場案内図を持った方がいらして、
テントに番号の書いてある簡単な図が配られました。(これ、なかなかにいいアイディア!)
それをみながら早速会場をまわり、
キタカゼパンチさん、吉田君にも会えました。

久しぶりのケンゾーちゃんは、なんだか貫禄がついたように見えます。
太った、という意味ではなくて、「陶芸家」になったんだなー、という貫禄。
これで食べていってます、という貫禄。
たのもしいな、と思いました。
私、まだまだがんばらなくっちゃ!
話足りない気もしましたが、まだまだ他のブースもまわりたい!
ということで話もそこそこにお別れ。

他のブースを巡って、久々にほしい!と思うものに出会いました。
f0143299_20241232.jpg

手前から、Savon de Rin さんのローズと紅茶の石鹸。いい香りに乙女心がアップ(笑)

左藤吹きガラス工房さんの焼酎瓶リサイクルガラスのカップ。深いオリーブグリーンに一目惚れ。

西村洋一さんの木彫りの花器。小さな試験管が入っています。この肌合い、大好き!湯気がふわんと出ている様子を彫ったオブジェがほしかったー( ̄▽ ̄)
... お金、あんまり持っていかなくて正解・・・だったかな(笑)

どれもこれも、手にとったとき、瞬時に幸せを感じるものたち。ここにあって嬉しいな、と感じるものたち。
ああ、私も、こんな風に感じてもらえるものが作れたら。

オブジェに関しては、凄みとか殺気みたいなものが欲しいので、またこの心持とは違うのですが。遠すぎる理想は心に持って、いつか必ず。

人の作品に触れると、自分の中の「つくる」ことに対する気持ちが刺激を受けます。
真似など恥ずかしくて絶対しませんが、その作り手の気持ちとか、志みたいなものは、
共感できることが多いし、いや、私はこうだ、と再確認することもあります。
体調いまひとつで一箇所しかいけませんでしたが、とても素晴らしい催しでした。
またいけたらいいなあ、、、。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-27 20:35 | 展示会レポート | Trackback | Comments(0)

遠すぎていけなさそうですが

京都にある、素夢子古茶家というカフェ。
※ホームページでは、それぞれの写真をクリックすると、メッセージやご案内が出てきます。
ここは、数年前、友人とフラフラよくしらない京都の街なかを
歩き回って疲れて入り込んだカフェでした。
店のつくりがすごく凝っています。
韓国の古い家具や調度品などを使ってあり、
しっくり落ち着く雰囲気のある店。
柚子茶とかコーン茶とか。
今では知っている方も沢山いらっしゃる、
韓国のお茶類、珈琲、などがメニューにはありました。
窯業大学校時代の友人と行ったその店で、
たまたま窯業大学校の後輩とばったりあった(バイトしてました)のも
嬉しい驚きのある思い出です。

そしてまたその数年後、祇園祭の頃、
街なかを人の波に飲まれて押されて流されて
弾き飛ばされて入ったのが、またこの店だったのでした。

場所もうろ覚えで、もう行けないかな、と思っていたので、
偶然引き込まれるようにめぐり合ったことが、
ものすごく嬉しかったことを憶えています。

そこからは、年賀状や催し物のご案内が時折届きます。
今回はこれ。田中泯が目の前で踊る!
f0143299_16335951.jpg

悶絶です。忙しいです。遠いです(笑
いけそうにないのですが、ご紹介したいです。
ああ、、、行けたらいいのに。。。(笑
お近くの方はぜひ!
カフェも素敵ですから、普段の営業日にも是非。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-23 16:39 | 好きなのよね | Trackback | Comments(0)

何がどうちがうのって

今年から、生け花の先生に、
「ちょいと忙しくなったから、もう自分で生けてみなさい」
といわれてしまい、花器には自分で生けることになりました(泣)
f0143299_1603189.jpg

雲のテクスチュアーの花器。
これは意外にもオッケーいただけました(笑

黒×白、白×黒、白×グレー、グレー×白と四種あります。
以前、生け花展に出品する、という方にご注文いただいたものより
一回り小さいものなのですが、この時期にいただく花束などには
ぴったりの大きさかと思われます。
(案外、急に大きな花束をいただくと、入れる器がなくて大変ですよね)
 
もうひとつ生けてみたのはこちら
f0143299_167231.jpg

根元にいけたクリスマスローズを、先生が侘びすけではない白椿に変えられました。
すると、、、、!
格もあがり、ぎゅっとひきしまった作品となりました。
お花の格と、作品の力強さのバランスがうまく取れた状態。
うーむ。やはり先生、こうやってちょちょっと手直ししていただくと、
随分違います!

生きた勉強を毎日しながらの生活です。
ぜいたくだー。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-21 16:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)

たくさんのご来場ありがとうございました。

三日間、長いようで短いようで。
毎年バタバタとすぎてしまいますが、
今年は感激もひとしお。
事前の事故をご存知にも関わらず、沢山の方にご来場いただきました。
「少ないね」なんてひとこともおっしゃらず、
「大変でしたね」
「御身体大丈夫ですか?」と
心配してくださる方ばかり。
ああー、、、やっててよかったー!と、今年もひとり感動しておりました。

おかげさまで展示場はガラーンとしてしまいました。
またこれから間をおかずもりもり仕事したいと思います。
最初はずらりと並んでいたマグカップ。すわりのよいタイプ。
f0143299_15142494.jpg

叩きのマグカップ。取っ手はぎゅっと握って作るので、毎朝私と握手できます(笑
少し釉薬のバリエーションを増やしました。やっていて面白いことばかりです。
f0143299_15153243.jpg

線彫りの鉢。いい具合の深さで、煮物など入れていただくのにちょうどよいかな。
f0143299_1517152.jpg

実はこんなアイテムもありました。(少なくてすぐになくなりました)
f0143299_15174529.jpg

初挑戦のドット小鉢。ドットは甘いイメージ。私にできるギリギリの線で挑戦です。
馴染みのお客様には「ギリギリおっけーですよ」と言っていただけましたが、、、(笑
f0143299_1519758.jpg

定番の角皿。線のあるもの、ないもの、一回りおおきいものなどがございました。
f0143299_15202138.jpg

にしだくんのお人形は日々変化。さすがです。表情の豊かさ、細かいところまでの表現、
見ていてあきません。
f0143299_15212410.jpg

こんなところにもこっそり。
f0143299_1521497.jpg

また次回が楽しみです。体力つけてがんばるぞー!

※ 昨日3月20日、1階の作品のうち、PFKの印のあるものの売り上げの半分と、その他の売り上げのうちの一部をあわせまして、1万円、PFKの活動資金として寄付させていただきました。また、義援金バッヂの売り上げは、5個分、計2500円でした。ご協力ありがとうございました。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-19 15:22 | 展示会レポート | Trackback | Comments(0)

無事2日目終了いたしました。

初日、雨にも関わらずお越しいただいたお客様方に感謝です。
すごく嬉しかったなあ。。。
そして、本日もまた、多くのお客様にきていただけて、沢山お話でき、
元気をいただきましたー!
ありがとうございます!
写真はおいおいアップいたします。
今日は温泉に行って、速攻寝たいと思います(笑 

いよいよ明日1日となりました。
また沢山の方においでいただけたら、と願いつつ
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-17 23:06 | 展示会レポート | Trackback | Comments(2)

いよいよ春展2012スタートです

皆様、ご心配をおかけしました。
窯は、奇跡がおきそうです。
何か大いなるものに守っていただいている気がします。
ぎりぎりに出せそうなので、汗だくでお客様に対応、だと思われます(笑 

すわりのよいマグカップ、菓子皿、新作の鉢などそろえてお待ちしております。
数は多くございませんが、ぜひ手にとって使い勝手など確かめていただきたいと思います。

茶豆さんは、本日おひとり営業。蒸しパンとお飲み物の提供です。明日以降はお2人で。
イケメンギャルソンのこうじくんもいらっしゃいます。
なんせうちの甥っ子たち、お2人の大ファン。
今朝も寝ぼけ眼でおきてきたのに一言目は「ねえ、茶豆さんはきなはった?」
はいはい、ねえねにおはよう、より茶豆さんですね(笑

ニシダミキさんの人形たちも楽しみです。どんな子達がくるのかな。

それではみなさま、朝10時よりお待ちしております。
f0143299_7375931.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-03-16 07:38 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

春展についてのお知らせ

いよいよ、今週の16・17・18日、春展開催いたします。

ひとつ、お知らせがございます。
実は、先日、菊池が震源地だった朝方の地震で、
作品の大部分が割れてしまいました。

いつもなら、こんなことは絶対ないのですが、
積み方、重ね方、置いた場所など
様々な条件が悪く働いて起きてしまった事故です。

しばらく呆然としておりましたが、気を取り直し、
もう一窯たこう、と決心して連日無理なスケジュールで仕事しております。
きていただくお客様に、「え?これだけ?」といわれてしまいそうで、
一時は開催をやめようか、と迷いもしました。
ですが、折角お休みをあわせてとっていただいている方もいらっしゃいますし、
きっと楽しみにしていてくださる方もいらっしゃると思います。
最後までなんとかあきらめずに頑張りたいと思います。

ゲストの茶豆さんのカフェも楽しんでいただけますし、
ニシダさんの作品も、沢山持ってきていただけるようです。
おそらく窯から出したてホカホカの作品も手にとっていただけます。
点数が少ないのは本当に申し訳ないのですが、
ぜひ、足を運んでいただいて、楽しんでいただけたらと思います。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-14 19:23 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(8)

今のわたしにできること

自分にできることをできるしこ、という言葉にひかれて、
私にもお手伝いができるかもしれない、と
少しずつお手伝いさせていただいているPFKのイベントが
3月11日、長崎書店、リトルスターホールであります。

「東日本大震災 復興支援チャリティーイベント Pray from KUMAMOTO
      ~祈り・そして、未来の生活へ」

3月11日 11:00-19:00 長崎書店3階リトルスターホール

こちらに、私も、ほんの少しだけ参加させていただくことになりました。
あの日を忘れず、自分にできることを少しずつやっていくために
少しでも多くの方にさんかしていただけることを祈っております。
※ 詳しくは、上のPFKのページをご参照ください。
[PR]

by 93hossy | 2012-03-07 20:01 | | Trackback | Comments(0)

繰り返しているようで同じことは二度とない

ギャッ ギャッ と朝の空気を裂く鳥の鳴き声
たちこめる冷えた空気
朝が来る毎に昇る太陽
朝露に濡れる緑

毎朝の静かな儀式

それは繰り返しているようで
同じことは二度とない

生きている私たちが毎日同じようなことをしているとしても
けして同じことは二度とない

常に前に進む

この瞬間は過去となり
さっきまで未来だったものは
今このときとなる

時間軸を綱渡りしながら
点だったものは繋がり線となる

点と点の間にできるもの
それはリズムとなり
それぞれが固有のリズムをもって生きていく

あらゆるリズムは交差し
複雑に絡み合うこともあれば
気持ちよくユニゾンを奏でることもある

単調に見えてその実複雑な毎日
バタフライエフェクトは
思いもよらぬ効果を生み
曲に変化をつけていく

ユニゾンばかりでは壮大な曲は生まれないのだ

自分にとって光るリズムを見つけたら
それは永遠に影響を与え続けてくれるだろう

繰り返しているようで同じことは二度とない毎日に
光る変化を与えてくれるリズム

そんなリズムを見つけたら
私はそっと見守りながら私固有のリズムを磨くとしよう
それはいつか出会い
誰も聴いたことのない曲となる
[PR]

by 93hossy | 2012-03-06 07:13 | 言葉つづり | Trackback | Comments(0)