<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

魂の透析

この繁忙期に、なにもかもほっぽって、
湯布院に行ってまいりました。

アン・サリーさんと畠山美由紀さんの”2人のルーツ・ショー”。
お2人がどんな音楽を聴き、影響を受けてきたのか、
紹介しながらその歌を歌い、時折エピソードを交えながらのライブ。

ところは湯布院の 空想の森アルテジオ。
初めて行きましたが、山荘無量塔の敷地内にある素敵な空間です。
ちょっと付近の庭を散策。もうすっかり紅葉している美しい庭です。
f0143299_2165059.jpg

会場にはいると、正面の2階にまず目を奪われます。
チェンバロ(だと思われます)があり、その周りをキャンドルが照らしています。
その1階部分がみなさんのステージ。
ここにもそこかしこにキャンドルが揺れていて、すごく温かく、神秘的な雰囲気です。

始まると客席側の照明は消え、ステージがふわーっと浮かび上がります。

歌声はお2人とも素敵でした。
特に、私はまだ日は浅いのですが、アン・サリーさんのファンで、
その歌声の透明さに、ただふわふわと宙に浮いたような気分でした。

前夜ほぼ徹夜で作業を終えての強行軍で、自分に吸収できるのか不安でしたけど、
まったくそんな心配はいらず、
毛穴の一つ一つからアン・サリーさんの歌声はしみていきました。

あの空間に身を委ね、同じ空気を感じ、夢をみる。
このひとときがどんなに私にとって素晴らしかったか!

出発したときから、携帯は用事が終わったら電源を切り、
情報を一切遮断してすごしたこの週末。
まさに魂の透析ができたのでした。

お2人の歌を聴きながら、人にはそれぞれに役割があって、
それをまっとうしていると、自然と惹きあう人たちがいるのだな、
というようなことを考えていました。
恐らく、私にも何らかの役割があって、もっとそれを全うできるように生活したい、
そう思えました。

ほんとに単純なんですけどね、
家に帰ってから、ずっと集中して仕事しています。
実は窯もたいています。素焼きですが。
私も、今自分の目の前にあることを全うしたくなりました。

アンコール前の演目のラストは、「蘇州夜曲」でした。
アン・サリーさんお一人の曲は聴いたことがありましたが、今回はお2人で。
頭上にパァーッと星空が見えるようでした。
真っ暗な夜、海辺に横たわりながら満天の星空をみつつ思い人を思う。
浮かんだのはそんな情景でした。

ほんとに素敵な時間。
こういう時間をすっかり忘れて過ごしていました。
もっと大事に、自分を喜ばせてあげることも忘れないようにしたいと思います。
f0143299_2173125.jpg

[PR]

by 93hossy | 2011-10-31 02:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

家族のいろいろあれども

家族と暮らす、というのは、案外といいことばかりじゃありません。

勿論、いっしょにご飯を食べ、
悲しいときはみんなの笑い声にふれて元気をもらい、
楽しいことは「いいね」「楽しいね」と分かち合える。
こんなに幸せなことはありません。

だけど、微妙なバランスの上になりたっている集団生活。
このバランスが崩れたときは、結構修復に時間がかかります。

家族の誰かが体調を崩したとき。
これは一番顕著でしょう。

両親も歳をとり、少しずつそんなことを考えるようになりました。
いつまでも元気でいてくれる
そんなはずはないのだけど、自分の親だけは特別なような気がしているものです。
そして、ある日突然そうではないことに気付かされる。
いろんなことをサポートしてもらっていることにも、こういうとき痛みを伴って気がつきます。

自分にできることを自分にできる形で補い合う。
今、私の家族はそうして生きているきがします。

ちょっとした検査に両親を連れて行き、
ふたりとも何事もないことがわかりました。
一番ほっとしたのは私、と思っていましたが、
ふとみると、ふたりともものすごく嬉しそうです。
やはりそうですよね。
家族に迷惑や心配をかけやしないかとそれぞれに心を痛めていたことでしょう。

皆が健康でいられる。
このことにすごく感謝した1日でした。
家族が増えていくと、いろいろも増えていきます。
それは自分のことばかりできなくなるということでもありますが、
そこでしか得られない経験や感情があるのだと思います。

複雑さやめんどうと引き換えに得られる幸福
そんなものもある気がしています。

20年前の家族の形と比べると、色々かわったなあ。。。
長い年月をかけて、形をかえていく家族。
でも、その中心にはいつも、お互いを思いあう気持ちがあるようです。
それを核にして、アメーバのように変化しながら
生物学的遺伝子や文化的遺伝子を伝えていく。

家族って面白くていいもんだなと思います。
[PR]

by 93hossy | 2011-10-27 22:52 | | Trackback | Comments(2)

残り物をやっつける!

鍋のお肉が結構沢山残ることってありませんか?
うちは人数が多いため、大量の肉を買ってくるのですが、
たまたまほかのおつまみや惣菜が多かったりすると、
思いのほか残ったりします。
こういうとき、豚肉、、、、どうしていますか?

豚肉とキャベツのミソ炒め
冷しゃぶ
揚げ豚サラダ
チンジャオロースー豚肉版
、、、、
比較的メニューは多いとおもうのですが、
これを一度どれも作ったことがあったとしたら、、、。

うーんうーん、、、今日も実は頭を悩ませておりました。
そしてパラパラとめくっていたら、、、ありました!古いオレンジページ!
その名も「豚肉とカボチャのホワイトシチュー」!
f0143299_2093097.jpg

豚の薄切り肉をオリーブオイルと少々のバターで炒め、
そこにくし型に切ったたまねぎ、
5-6ミリに切ったかぼちゃ、大きめにカットしたキャベツを
次々に入れていきます。
キャベツがしんなりしたら、小麦粉をふるいながらまぶしていきます。
白い粉がみえなくなったら、そこに牛乳を投入。
カボチャに火が通り、とろみがついてきたら、
塩・胡椒で味をととのえ、最後に生クリームを少しだけ。

とろっとろのホワイトシチューが、あっさり簡単にできました。
好みで粉チーズをかけてもいいかもしれません。
かぼちゃの甘みが出て、甥っ子たちもおかわり!の味でした(笑

他は、もやしとピーマン・人参・鶏のマスタード和え、
なすといんげんの焼きびたしです。
ついつい新米をおかわりしたくなりますね。
[PR]

by 93hossy | 2011-10-25 20:12 | 食と器 | Trackback | Comments(0)

小さな秋展2011 せまってきました

今年も、「小さな秋展2011」、工房の展示ギャラリーにて開催いたします。
2011.11.12-13 10:00-17:00
移動台所茶豆さんのあったかメニュー
今年はゲストに「キタカゼパンチ」さん!
どんなコラボになることでしょう。。。

アイテムは「碗」「Bowl」です。
あたたかい汁もの、スープ、ご飯、、、、
碗に入ったものを、両の掌で持つと、ほっこり温まりますよね。
心も身体もほかほかにして、楽しいご飯の時間にしてください!

ただいまへろへろになりながらがんばっております、、、、(笑
[PR]

by 93hossy | 2011-10-24 22:19 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(2)

おかえりのシチュー

今日はしとしと雨も降って、肌寒い一日となりました。
こんな夜は、「お帰り!」の一言と、あったかいシチューで迎え入れたいな。
f0143299_19264153.jpg

昨日から仕込んでおいたビーフシチュー。
三島の少し深さのある七寸皿によそってみました。

ゴロンと大きな塊のすね肉が入っています。
赤ワインとデミグラスソースと、ほんの少し隠し味にカラメルソースを。
あとは塩コショウだけのシンプルな味。
ジャガイモも人参も、大きめに。
マッシュルームとインゲンも最後に。

もし残ったら、、、明日のお昼が楽しみ、、、(笑
[PR]

by 93hossy | 2011-10-21 19:30 | 食と器 | Trackback | Comments(2)

黒い器はあれこれ活躍

今日は、縁の立ち上がったタイプでなく、
うちの定番の形の皿。
これは、黒のほか、三島もあります。そろそろ他の色も加えてみようかしら。
f0143299_20494389.jpg

鯛の包み焼き、焼き茄子、かぼちゃとにんじんのポタージュです。
包み焼きは、甥っ子達の分も、ひとりずつちゃんと包んで作ります。
紙をあけたとき、ふわーんと香る感じも憶えていて欲しいな。
ちょっとしたワクワク感をたまには食卓に。

鯛のほか、スズキやシイラでもよさそうです。
玉ねぎ、ジャガイモの順にしき、その上に塩コショウした鯛、
鯛の上に千切りの人参、インゲン、椎茸、エノキをのせます。
上からオリーブオイル、塩、白ワインをふりかけ、オーブンシートをとじ、
250℃(余熱なし)で20分焼けば出来上がり。
焼いている間に焼きナスもポタージュもできます。
案外ササッとできるメニューなのに、豪華に見えるところがみそ(笑

レシピは、「JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん」より。
[PR]

by 93hossy | 2011-10-19 20:55 | 食と器 | Trackback | Comments(0)

取材していただきました

ウルトラハウスさんから、嬉しいお届けもの!
f0143299_2135152.jpg

mocos11月号に取材していただいた記事が載っております。

年末から年始にかけて県民百貨店で開催される「クマコレ」と連動した記事になっています。
熊本県下のアーティストを特集した記事で、仲間も沢山!
読んでいてすごくわくわくします。
どうぞ、書店でお求めになって、じっくり読んでみてください。
そして、年末年始は「クマコレ」へ!
[PR]

by 93hossy | 2011-10-18 21:06 | その他 | Trackback | Comments(4)

黒縁あり6寸皿

このごろよく食卓に登場してもらうのが、この皿。
今年の春展で作ったものです。
縁のある、黒い6寸皿。
f0143299_20112591.jpg

先日のヒラタケのソテーもこれに盛ってみましたし、パスタも、なんでもあいそうです。
ちょっと縁があることで、汁気のもれない安心感がいいな、と思います。
今年の冬は、色違いでつくってみようかな。
[PR]

by 93hossy | 2011-10-17 20:13 | 食と器 | Trackback | Comments(0)

ヒラタケ2日目

ヒラタケは、ほとんどくせがなく、なんにでもあいます。
昨日は二日目、炊き込みご飯とソテーになりました。
f0143299_15354122.jpg

そして残りは母が佃煮にしてくれました。
季節の香り、満喫です!
[PR]

by 93hossy | 2011-10-15 15:36 | 料理天国 | Trackback | Comments(2)

にぎやか陶芸教室

今日もにぎやかな昼教室。
先日お客様にいただいたハロウィンのかぼちゃを見て、
「可愛い!これ作ります!」とおっしゃった生徒さん。
あれよあれよと言う間に作り上げて帰られました。

ほほー。そっくりにできあがってます(笑
f0143299_1652094.jpg


でも、「先生、もうハロウィンて終わってましたっけ?」と尋ねていらっしゃるあたりが
すごくかわいらしい(笑
いいえ、まだまだこれからです(笑
十分間にあいますので、焼き上がりお楽しみに!

大人の方なら、十分体験でも作れそうな気がします。
今月はすこーし忙しいので体験はできるかなあ、、、。
もしどうしても、と思われたら、ご連絡くださいませ!
[PR]

by 93hossy | 2011-10-14 16:54 | 陶芸教室 | Trackback | Comments(0)