<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

目を閉じて土を感じる

今制作中の大壺。
窯に入らないかもしれない、、、という直径だったが、
乾燥の過程で程よく収縮し、
ぎりぎり入りそうになった。

今日もまだつんでいる。

ろくろでびゃーーーーっとひける大きさではなく、
たたいてしめながら、少しずつ紐を積んでいく方法を選んだ。
工程は短くてもよいのだが、
今回は少し時間をかけている。

たたきの壺。
私の大好きな制作方法。

今回は化粧土を何種か混ぜながら、
グラデーションを作る気でいる。

もう座っては作れなくなり、
一日立ったまま作った。

BGMを流し、目を閉じたまま積んだ粘土の紐をのばしていく。
スチャッスチャッスチャッスチャッ、、、、、、
リズミカルに粘土に触る音
直径が大きい分、普段の仕事より一周に時間がかかる。

スチャッスチャッスチャッスチャッ、、、、、、

グレゴリアンチャントの響きに、
イルカの声のようなサキソフォンの響きが絡む。
まるで海の底にいるような感覚。

一周終わって目をあけると、
目をあけて作ったときより美しい稜線ができていた。
手の感覚は意外と正確だ。

目から入ってくるいろんな情報を排して、
手先だけに集中する。

こうやって私の仕事はすすんでいく。
f0143299_18595419.jpg

[PR]

by 93hossy | 2010-09-30 19:00 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

今年は激辛ゆずごしょう

青いゆずと青い鷹の爪とおいしい塩
これだけでできる柚子ごしょう
柚子の皮を薄くむいたもの:鷹の爪=1:1
塩(沖縄の塩)25パーセント・・・甘めの塩なので。もし普通の塩なら20パーセントほどでいいと思います。

昨年から作り始めましたが、
今年はなにやら鷹の爪のはずが、まったく違う形状の唐辛子。
ちょっとかじってみると・・・

これが・・・

激辛!!!

しかも、香りがなんだかちがうのよね。

しかし、とりあえずトライ。
できました。
f0143299_13272037.jpg

材料をいれておいたボウルなど、
洗うときの咳き込みようは昨年の比じゃなく(笑
これを激辛柚子ごしょうと言わずにおられようか(笑

いつものやつ、と勘違いして使うとエライ目にあいそうです(笑

罰ゲームに御所望の場合は御連絡ください(笑
[PR]

by 93hossy | 2010-09-26 13:37 | | Trackback | Comments(4)

嵐がすぎさり、そこには秋がきていた

昨日の嵐がうそのような秋晴れ。
ときどき雲アリ。

部屋の中はすっかり肌寒く、もう半袖では腕をさすってしまいそうな一日。

f0143299_16272378.jpg

好きな本を眺め、コーヒーを飲む時間もたのし。
BGMにバッハのフランス組曲。
あやうくうとうとしそうになって、身体を動かしてみる。
すっかり涼しくなったのだなあ。

f0143299_16283643.jpg

ややうっそうとした小さい庭の秋草。
雑草もまじっているけれど、これもまたいとをかし、なのよね。
冬枯れになる前にどうにかしなくちゃね。

秋展、今年もやります。
11月13、14日。詳しい告知はまたのちほど。
コーヒーをおいしくいただきたいこのごろ。
そんな器を集めてみたいと思います。
[PR]

by 93hossy | 2010-09-23 16:30 | | Trackback | Comments(2)

いただきもの

母のお友達がフランスに行ってこられたとのこと。
テーブルの上の箱はいただいたお土産。
f0143299_18554149.jpg

フランス語は読めないんだけど、
モンサンミッシェル
というぶぶんだけはなんとなく、、、。

なぜにおフランスのパッケージはこうかわいいのだろうか。
そういえばずっと前、
健軍のパン屋さん、ニュイテジュールの奥様に、
パンを入れておく大きな鉢とか、皿がほしいんですよね。
といわれたことを思い出した。
どのくらいの大きさなのか、店先でいまひとつわからなかったんだ。
パリのお店が載っている雑誌なんかはチェックしておかなくちゃ。

私がパンをのっける鉢といって思い出すのは、
かもめ食堂のシナモンロールがはいっていた鉢。
大きな鉢なのに、粉引きで、ざぶんといさぎよく白化粧がのっていた。

あー、食欲の秋!
にあわせて、またお皿を考えたくなってきた。。。
[PR]

by 93hossy | 2010-09-21 19:00 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(2)

霧島は今日も、、、晴れだった!

念願の、三沢厚彦展in霧島アートの森へいってまいりました。
ここのところ、観たい!とおもった展示には、こまめに出かけるようにしています。
機会を逃すと、二度と会えない!ってこともありますから。

駐車場から入ってすぐの小屋、以前あったっけ???
f0143299_2351315.jpg

と思いながら近づくと、中にはギーっと爪をたてたクマが!(笑
あーもうテンションあがるー!!!

8畳ほどの部屋一杯に伸びたワニ!!!しっぽが浮いてます!
高い天井まで届きそうなユニコーン2体をみて、友人は「アッシリアの像みたいね」と感慨深げ。
こうもりが飛んでいたり、
にっくきヤモリが壁をはっていたり(笑、
鎧を着た犀がドォオオオオオンとたちふさがったり。

まるで子ども並にテンションあがりました!!!

2階展示室では、たーっくさんの犬と猫がこっちをギーーーーとにらんでるし(笑
一斉に走りよってきそうな勢い!
よーくみると、目がちっこくて、あんまりかわいくないんだけど(笑
またそこがよいのです。

あー、、、これは観ていただかないと、伝わらないんです!
あの塊感!
迫力とは、この木彫のためにあるような言葉!

展示会場内は写真NGなのですが、会場の外に、何体か撮影してよい動物が待っています。
えへ。
f0143299_2353745.jpg

うふ。
f0143299_2355618.jpg

こんなところにも!
f0143299_236218.jpg


ほんっとに楽しい展示です。木の香りもします。
結構近いので、ぜひ足を運んでくださいね!霧島アートの森!!!
三沢厚彦展は、23日までです。

そして、野外展示場には、たくさんのアート作品が惜しみなく展示されています。
森の中を散歩しながらそれらと出会うのも楽しみの一つ。
f0143299_2381965.jpg

虫だって負けてませんよ
f0143299_2384071.jpg

木陰も美しい木漏れ日模様
f0143299_2391183.jpg

あの光の先には天国が???
f0143299_2393499.jpg

そして芝生の上にはたくさんの人たちとのんびり回るモビール作品。
f0143299_23103567.jpg


ゆっくり観てまわったあとは、一路霧島神宮へ。
龍馬伝効果か?たくさんの人出。
帰りに見た神秘的な光。
f0143299_23115288.jpg

しめは霧島温泉。
たっぷりと大地のパワーを味わって帰りました。
今でもぽっかぽかで汗だらだらです(笑

ほんの12時間の小旅行。
わくわくするものが作りたい!と強く感じて帰ってきました。
こういう刺激は常に感じていたいものです。
[PR]

by 93hossy | 2010-09-19 23:14 | | Trackback | Comments(6)

山鹿ぶらぶら

電話しようかな、と思った瞬間かかってくる、などということは、
最近あまりないのだけれど、
今日は、最近どうしてるかな、と電話をかけてみたら、
相手は携帯を手に取った瞬間だった、というタイミングだったらしい。
波長が合う人ってたまにいるのよね。

マカロンさんとは、結構こういうことが多い。
余談だが、会うときは、いつも同じ色を着ていることが多い。
昨日はちなみにモスグリーンだった。
いつも「気持ち悪いのよー」とお互い思っている。

久しぶりにコパンにでも行こうよ、と誘うと、いいですね、という。
なにか話したいこともあったらしい。

聞けば同級生がつい最近他界されたという。
以前うちの生徒だった女性も、かなり気落ちしていて、
前夜はその子に会い、今自分もなんとも言えない気分だ、と。

きっとコパンのおいしいランチを食べれば元気が出るに違いない。

f0143299_131773.jpg

メインは二人とも若鶏のソテーディアブルソース。
あったかいうちに、表面カリッカリ、中はジューシーなソテーをほおばる。
付け合せの野菜もそれぞれ甘みがあり、歯ごたえもよく、あっという間になくなる。

その間もずっとおしゃべりはつづいた。
家族のこと、仕事のこと、マカロンさんの勉強のこと。
彼女もよくがんばっている。仕事が終わってそれから夜間コースの勉強だ。
自分のためとはいえ、なかなか実行に移すのは大変だと思う。
がんばれマカロン!

さてAコースだった私も、おいしそうなデザートを我慢できず、つい頼んでしまった!
f0143299_137235.jpg

最高!タルト生地はパリッパリ、和栗はほっこり!ありつけて幸せ!
洋ナシと和栗のタルト。

さあ帰ろうかと考えていると、なんだかまだ帰りたくない様子。

んー、、、じゃあ、今ニシダくんが百花堂さんで
ナガコグラスさんと二人展「夕涼み展」をやってるから、いってみる?
はい!初めてです!行きたい!

ということで急遽百花堂さんへ。
行くと、そこには先日お会いしたばかりの許斐さんが!
うわー!!!
居合わせたお客様も巻き込んでどんどん輪が広がる。

そこで最近許斐さんがはまっていらっしゃる気功の話でもりあがった。
マカロン君もニシダ君も、私も、気をおくってもらい、ぽかぽかの汗だらだら。
もわもわピリピリ体験をしたのだった。

ニシダくん、ちょっと盛り上がりすぎて邪魔じゃなかったかな、、、ごめん。

しかし、ふとここでマカロンさんの顔をみると、すっかり元気にニコニコ笑っている。
おお、今日は許斐さんに会いに山鹿にきたのかもね。
コパンの料理で癒されて、
ニシダくんとナガコグラスさんの展示でふわっとなって、
許斐さんに元気をいれてもらう。
きっとこれでマカロン君、1週間がんばれるだろ!
私も楽しかったし!
「夕涼み」展は、9月30日まで、ぜひぜひきもちのよい空間へお運びを。

山鹿ぶらぶらいい気分
食べて話してすっかり元気
いろんな魅力のある町よ
行かなきゃソンソンふらり旅
山鹿ぶらぶらいい気分
[PR]

by 93hossy | 2010-09-13 01:48 | 展示会レポート | Trackback | Comments(8)

昨日、早朝に、軒下で鳴く鳩の「クルックー」という声で起こされた。

鳩は、平和の使者などといわれるが、案外嫌っている人が私の周りにはいる。
なぜだろう?
あの首の動きがいや
あの目がいや
糞がいや
こんな理由かもしれない。
が、私にはひとつ、彼らを可愛く思えない理由がある。

あの、図々しさ。図太さ、といってもいい。

人間になれるのが早い。
だってみんななんにもしないんだもの。
あ、大丈夫ね?という感じで、どんどん図々しさは増していく。

うちの庭につがいで居座っている鳩がいる。
かれらもまた図々しい。
私が2メートルくらいまで近づいても、逃げる気配すらない。
先日など、テラスの手すりにとまっていたので、
追い立ててみたけれど、1メートルまで近づいてやっとパタパタと飛んでいった。

追い払おうにも手段がない。
が、カラスのテリトリーではあるので、あまり増える様子はない。
こいうときはカラスにも感謝したい。

軒下に巣があるのだろうか?
よく早朝に起こされる。
ただの止まり木ならよいのだが。

ちなみに、我が家の周りは田んぼに囲まれているからかよくいろんな鳥がくる。
目白、鶯、ヒヨドリ、すずめ、鳩、カラス、ふくろう、カチガラス、むくどり、もず、
名前も知らないきれいな小鳥たち、シラサギ、青サギ、鷹、こうもり(あ、これは鳥じゃないですね)
まだまだ自然も残っている、ということだろうか。
鳩はあんまり可愛くないが、当面仲良くしていきたいと思う。
[PR]

by 93hossy | 2010-09-12 01:36 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(2)

祈り

谷啓さんがお亡くなりになった。
俳優でコメディアンでもあり、素晴らしいトロンボーンの奏者でもあった。
存在感。
ハナ肇さんしかり。植木等さんしかり。
その方がでているだけでなんとなく安心感のあるものをもっていらっしゃった。
さびしいなあ。
でもきっと、天国でまたジャズやって楽しくしていらっしゃるかもしれない。
そう思おう。心からご冥福をお祈り申し上げます。

今日は9月11日。
あれは、まだ私が修行中だったときのこと。
午前の仕事を終えて、お昼をいただきに師匠宅へあがったときだった。
テレビでは、映画のシーンのように、ビルに突っ込む飛行機がみえた。
何が起こっているのかもわからなかった。
師匠も奥さんも、もう一人の弟子もわたしも、
無言のままテレビを凝視していた。

この時期になると、あの、他人事のようにテレビを凝視していた自分を思い出して、
胸がきゅっとなる。
あのテロ事件で、大切な人をなくされた方は大勢いらっしゃる。
犠牲になった方々の魂が平和のうちに安らかに眠れますように。
そして二度と、あんな惨事がおきませんように。
みなの心がわかりあえますように。
f0143299_1911312.jpg

[PR]

by 93hossy | 2010-09-11 19:11 | | Trackback | Comments(0)

言葉と緯度の不思議な関係

先日、友人のブログにコメントしたときのこと。
結婚式の写真で、見たい花嫁さんがあまりに小さかったため、
「みえん!みえんて!」と書いてしまった。

あれ?これ、なんだかイタリア語っぽい。

ミエーーン ミエーンテーーーーーー

ほんとに、歌詞ででてきそうだ。ぷっ。

アリエンテーーーーー
ホンナコッテーーーーーー(これなんか、パンナコッタに似てるじゃないか)←く、くるしい??

この話を音楽科の先輩で最近教室にかよっていらっしゃるH先輩に話すと、
「緯度が同じくらいの地域は、言葉が似てくるらしいよ」とおっしゃる。

へええ。。。ほんとか?
と、ツイッターでつぶやくと、
ライターとしての顔もお持ちのコパマネさんから返信が。
「須賀敦子さんも、ベルージャ弁と日本語は似ている、とおっしゃってましたよ。」

ほおお。。。ますます信憑性の高くなってきた緯度と言葉の関係。

そういえば、韓国語にも、すごく日本語と似ている言葉があるのを思い出した。
映画「猟奇的な彼女」のなかで、強気な彼女が弱気な彼氏にむかって言い放つひとこと。
「アラッソー」
これね、まさに、シーンとしては、「あらそう!わかったわよっ!」ってな雰囲気なのだ。

これまた教室で話すと、chaiさんが教えてくれた。
「ほんとは、語尾にアラッソヨーとかつけるんですよ。アラッソーはぞんざいに言い放つ感じです。」とな。
そして更にツイッターでも返信がきた。
「男性版では、アラッタっていいます。男気あふれる感じ。」だと。

ほおおお。。。。。「わかった」=「アラッタ」  そっくりじゃないか!

これから先、どんどん図書館とかに通い出したら私もいっぱしの分化人類学者みたいに、、、なるわけないけど、
ことあるごとに、緯度の同じくらいのところから来た方には、聞いてみたいことができたわけだ。
自分が行ったときにも興味をもてるものが増えた。

どうでもいいことがやたら気になる秋のゆうべ。なんつって。

 
[PR]

by 93hossy | 2010-09-07 18:17 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(6)

涼しくなってきたら煮込みもおいしいのだ

日中はまだまだ結構な暑さですが、
夕方になると途端に涼しくなって、
昼間考えたメニューがちょっと的外れだったりします。
そんな毎日ですが、先日はそれがぴったりとあったので、
ロールキャベツをパシャリ。
f0143299_18213915.jpg

シンプルイズベスト。

我が家の定番、トマトケチャップ味のスープ。
イタリアンに使うトマトソースを使えば、もっと大人の味に。
うちはなんといっても3人の甥っ子がいるため、
ときどきこういう子ども味になります。
コンソメ、和風だし、ホワイトソース、と色々試しますが、
結局これに落ち着くなあ。

ハンバーグのたねをゆでたキャベツで巻いて、
お鍋に並べてぐつぐつ。
スープは、コンソメ、トマトケチャップ、砂糖。
きゃべつや玉ねぎの甘みがじっくりとしみでて、
なんともいい味にしあがりました。

付け合せはキャベツときゅうりのさっぱりサラダ。
実は、これ、前日の残りをお昼に一人で食べたときのもの。
ふふふ。ちょっと得しました。

こういう煮込みメニューがふえてくると、
秋だねえ、秋だよ、という気分が増してきます。
[PR]

by 93hossy | 2010-09-06 18:28 | 料理天国 | Trackback | Comments(4)