<   2010年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

茶会

ji-uさんに誘われてお茶会へ。
といっても、中国茶を楽しく学ぶ会。

以前からお茶は好きだし、興味はあるし、
熊本にある中国茶のお店にはごくたまに行ったりしていた。

中国にいったときは、宜興(ぎこう)の急須も買ったっけ。

そんなこんなで、かるーい気持ちで参加。
f0143299_21501735.jpg

かわいらしいしつらえで迎えていただいた。

先生は、玉蘭さんに以前いらっしゃったなおこさん。
笑顔の素敵な女性。

ちゃんとプリントもあって、一人一人お茶のセットもあって、
きちんと教えてくださるのだ。
f0143299_21523881.jpg


私たちが普段日本でよく飲んでいる緑茶は、無醗酵。
それから醗酵の段階が少しずつ増えるに従い、
白茶→黄茶→青茶→紅茶→黒茶と分類される。

今回は、白茶と青茶をいただいた。

茶器をあたためて、まずは香りを聞くだけの、聞香杯に茶を注ぐ。
すぐ茶杯にひっくり返し、空になった聞香杯で香りを楽しむ。
ものすごく香りがいいのに驚く。
これが冷えていくと、冷香といって、だんだん変化していくのだが、それがまたよい。
最初に菊の香りがした安渓鉄観音(青茶)は、しばらくしてかぐと鼈甲飴の香りがした。

入れてすぐ飲むお茶と、少し冷めて飲むお茶は、また味が違う。
甘みがぐんと出てくる。
二煎目、三煎目と味は変化していく。

緑茶の場合とは違った楽しみ方をするようだ。

今回の茶会、これだけでは終わらない。
お茶を使った料理、お茶に合う料理、というのを一緒に出してくださるのだ!
なんだかこちらがまたすばらしく、えらく楽しい気分になった。

せわしなく動いているのは、手前がji-uさんの手。
生徒さんのはずなんだけど、ついやっちゃう、の図。
f0143299_2274254.jpg

アイスプーアルチャイ
f0143299_2285886.jpg

ファラフェル(ヒヨコマメのコロッケサンド)
f0143299_2294690.jpg

デザートはバナナアイスクリーム!

思いもよらぬおいしい料理に、つい、この会がなんの会だったのか忘れそうな私。

緑、白、黄、青、紅、黒、、、、と一応復唱してみる。
ほんとはもっと大事なことがたくさんあったんだけど。てへ。

茶器の中に、ガイワンと呼ばれる蓋付の茶碗がある。
これを作ってみたい!と一瞬思ったんだけど、
はた、と考えた。
土モノだと、この中国茶の香りを吸い取ってしまいそうだな。
中国茶の茶器に磁器が多いのは、こういうことだったのか。

とはいえ、おうちでちょちょっと楽しむのには使ってみてもいいではないか。

まずは挑戦してみるかな。

かくしてガイワンへの挑戦始まる。、、、、のか??

暑い暑い夏の午後、ほっと心の休まるひとときだった。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-29 22:17 | 好きなのよね | Trackback | Comments(0)

CAFE DE CUP 展にいってきました

菊陽町原水駅前のTG珈琲にて開催中の、CAFE DE CUP展に行ってきました。
北里かおりさんのコーヒーカップや小皿などが中心の展示会です。
7月31日(土)までです!
f0143299_2315536.jpg

久々にかおりちゃんに会ったら、やせているではないか。
私を見て「やせた?」と聞くかおりちゃん。
一回ものすごく太って、最近すこーし、ほんのすこーしやせたと話して、
お互いどんだけ会っていなかったか判明。
ちゃんとごはんの約束したからね。
何年も間をあけずに行こう!
[PR]

by 93hossy | 2010-07-28 23:17 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

暑すぎる

こういうときは清涼感のある写真でも。
f0143299_0483034.jpg

ふー。コマカ島に渡る途中。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-27 00:49 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(4)

石垣で守られたその場所はとても神秘的で

f0143299_13114083.jpg

ひそかに楽しみにしていた首里城。
f0143299_13125063.jpg

わかっちゃいるけど、なんでも赤い。
f0143299_13131827.jpg

今塗り替えの工事中であった。
怪我の治療でもしているようで少し痛々しい。
f0143299_1314384.jpg

デコラティブな玉座も、人が座ることはなく、しんとしたまま。
f0143299_13155887.jpg

赤い廊下。朱というより、もっと血のような赤。
f0143299_1317324.jpg


f0143299_1317584.jpg

城壁の外に出ると、もう日は暮れて月がでていた。
角が少しだけ波のようにつきでている。
これを遠くから眺めると、まるで海に囲まれた城のようにみえる。

城は夜をむかえ、門をとじる。
静かに眠りにつくその場所は、
中国と日本の文化が共存する神秘的な場所であった。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-25 13:22 | | Trackback | Comments(0)

私事ですが(とブログでことわるのはなんかへんだけど)

7月20日付けの読売新聞26ページに、弟の記事が載っています。
紙面右中段ほどにある「表現の幅拡大に貢献」という記事です。
ご紹介まで。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-24 09:43 | | Trackback | Comments(2)

今日もみなさんお元気で

教室のみなさん、大変お元気。
特に昼の教室の生徒さん、わははわははの大合唱。
元気をいただく金曜日。

ちょっと劇的な本日の夕日。
f0143299_23172419.jpg


夜の教室も終わってひといき。
今日もよく笑った。
あれ?作った、じゃなくて笑った?
ま、教室でのひとときは、そんなものでいいんじゃないかな。
ゆっくりのんびり、顔を合わせて談笑して、
少し作ってまた笑って。

そんなのんびりした教室があってもいいんじゃないかな。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-23 23:20 | 陶芸教室 | Trackback | Comments(4)

いただきものって、なんだかうれしい

ちょっとしたお土産のお返しに、ジウさんからシャンパン入り桃ジャム(試作品)をいただいた。
黄金色に輝いて(少し大げさ)、食べるのがもったいないくらい。でも食べちゃう。
えびで鯛をつる、という言葉が頭をよぎる。
いただきものって、なんだかうれしい。

今日の夕方、いもうとのおばあちゃま(波野で一人暮らし!おんとし90歳こえていらっしゃる!!!)
から、甥っ子宛にスウィートコーンが送られてきた。
すぐにゆでて食べた。

甘くて甘くて、普段はあまりコーンを食べないわたしも、つい3分の1カットをもうひとついただこうとしてやめた。
食べすぎはだめだめ。

そして今日の夕方もう一人、こんなものを持ってきてくださった方が。
f0143299_2115481.jpg

パンドコロさんのベーグル&パンたち。
こんなに入ってるの、みたことない。
自分も人に贈ったことない。
豪勢でいいなあ。
弟にきたお中元だけど、結局みんなでパクパク食べてしまうだろう。

ベーグルサンドのレシピを検索して、やる気満々。
近々ベーグルサンドの写真が載ることだろう。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-22 21:20 | | Trackback | Comments(0)

ナンバーワンになった日。

自分の知らない間に身体がずいぶん疲れていることを知ってから、
ほぼ強制的に定休日には完全オフをとることにしている。

沖縄にいったばかりじゃないか!

とやじがとんできそうだが、これはまたべつの、ペース作り、とでもいおうか。

キタカゼパンチのお二人が、今、阿蘇のオルモコッピアさんで個展をされている。
「オルモデパンチ」って、ものすごく元気のでそうなネーミングにひかれて出かけてみた。

本当は2人、いや3人かな、誘ってみたけど、全員にふられた。
こういうときは、腹をきめて一人でお出かけ。

おともはデジカメとビリー・ホリデー。
まず阿蘇神社に参拝。
ここ、なんだか大好き。
拍手(かしわで)を打つと、たかーく音が響くところが特に好き。
水が流れて気持ちのよいところ。

それから引き返してオルモ・コッピアさんへ。

行く道は集落の中の細い道で、ほんとにこの奥にあるの?と思いつつ車を走らせる。

まあ。。。
f0143299_12153.jpg

緑に囲まれた素敵なたたずまいではないか。

花に歓迎されるエントランスを歩くと、奥に引き戸のドアがある。
はいっていくと、静かにジャズが流れて、いいにおいがして、
とても気の休まる雰囲気。すでに3組ほどのお客様が食事中。
私は奥の窓辺に案内していただいた。

有機栽培の豆の珈琲と蒸しパン。
f0143299_153867.jpg

柑橘系のマーマレードには目のない私。なつかしい薄味の蒸しパン。
珈琲がまたおいしかった!
まちがいなく丁寧にいれてある味。
えぐみもなく、豆の甘みやほのかな酸味が味わえる。
f0143299_182990.jpg

まるで1枚の絵のような小窓の様子を楽しみながら、
むしゃむしゃごくごくと一気にいただいてしまった。
もちろん、お水もすごくおいしい。

お目当てのキタカゼパンチさんの作品は2階でたくさん見ることができる。
f0143299_110154.jpg

f0143299_1101243.jpg

ユーモアがあって、ちょっとうすら哀しい感じも漂って、かわいいのだ!どれも。
今回は、飛行機と2010という文字のはいった缶バッヂをいただいた。
今年はよく飛行機にのったもんなあ。
この先ものるかもしれない、、、予感。。。
ということで、忘れないように(忘れるわけないだろ!)記念にしようと。

帰り際、奥様と立ち話。
「も、もしかして、星乃窯さんですかっ??」
最近、こんな風に感激していただくことも少ないので、
思わず私も声が2トーンくらい上ずった(笑
「はい!」
「私、キタカゼパンチさんからお話聞いていて、お会いしたい方ナンバーワンだったんです!」
な、な、ナンバーワン!
なんとテンションのあがる言葉、、、。
しばし談笑。

いつか窯にもきてくださいね、とお話しをしてお別れした。
期待を裏切らなければいいんだけど。
しっかり仕事しよう。

f0143299_1175911.jpg

曇の多い日だった。心は晴れになっての帰り道。

そのままジウさんとこまでぴゅーっと車をとばしてしまった。
なんてお調子者なんだ。
お仕事中、私の用事でお邪魔したのに、
こころよく対応していただいて、ありがとう。ジウさん。

いい休みだったな。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-22 01:21 | | Trackback | Comments(4)

ゴーヤチャンプルー

この季節、ニガウリとか、ゴーヤとか、同じなのか違うのかもよくわかっていないけど、
たくさんいただく。
もちろん、我が家にも棚はあるのだけれど、まだできていない模様。

今日はアジのから揚げが少し小さめだったので、ゴーヤチャンプルーをつけることにした。

沖縄の料理は素朴でシンプルなものが多いと思う。
チャンプルーの味付けもしお・こしょう・かつおだしが主なもの。
あとはその家その家で工夫があるのだろうな。

本日の材料は、薄切りにしたゴーヤ、もやし、にんじん、豆腐、SPAMの細切り、卵。
玉ねぎをいれたり、車ふをいれたり、豚肉を入れてみたり。
ようは家にあるものをなんでもいためちゃえ、といった体の料理のようだ。

まずSPAMの細切りとにんにくのスライスをいれて弱火で炒め、香りをだす。
この油の中に、ゴーヤなど野菜をいれ、塩と少しのだし、鶏がらスープを足して炒め、最後に豆腐を投入。
いったん取り出して、ふわふわ卵をつくったら、全部の材料をもどして塩コショウで味を調える。

これだけ。
野菜はしゃきっと、卵はふわふわに。
材料にSPAMがはいると、沖縄料理っぽくなるのが不思議(笑
見た目はかなり悪かったので写真はなし。

ようやく料理をする気持ちが戻ってきた。
やっぱり料理は楽しい!
これにきゅうりと紫玉ねぎ、昆布の酢の物で夏バテ防止メニューの出来上がり!
アジのから揚げにはもちろん、島とうがらし!
[PR]

by 93hossy | 2010-07-20 21:11 | 料理天国 | Trackback | Comments(0)

水族館

f0143299_0513671.jpg

水族館は、いつどこで行っても心が躍る。
自分がまるで海の底にいるような錯覚を味わうことができる。
f0143299_053740.jpg
f0143299_0541550.jpg
f0143299_0543017.jpg

気がつくと、こどもと同じレベルで水槽にはりついていた。

ダイビングがなつかしい。
海の底の、青い世界。
聞える音は自分の呼吸音。
シュー ゴボゴボゴボゴボオ
シュー ゴボゴボゴボゴボゴボゴボオ

海の中で恐怖を感じたことはない。
入ってみると、懐かしいような、温かいような不思議な感覚に包まれる。
上から差し込む光もやさしい。
もっと深みにもぐってみたら、少しは恐ろしく感じるのだろうか。
海にはいることはない、と思っていた私が20年ぶりに海に入った。
もしかしたら、この先ダイビングのライセンス、とってみたりして。

楽しみがひとつ増えてしまった。
[PR]

by 93hossy | 2010-07-20 01:02 | | Trackback | Comments(0)