<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

おかしいぞ?おかしくないのか?

昨日、朝方まで作業に追われていた私(今朝もでしたが。汗)
5時半ごろ、流していた音楽に聴きなれない音がまじっています。

カーナカナカナカナカナカナカナ・・・・・・

ん?ん?

カーナカナカナカナカナカナカナ・・・・・・

音楽を消しました。

カーナカナカナカナカナカナカナ・・・・・・

?やっぱり???
ひぐらしじゃないかっ??

おかしくないですか?
秋の季語じゃなかったですか?

ちょっと涼しくなったころ、夕方この鳴声をきくと
うらさびしくなって、ああ、もう秋ね、なんて思いをはせる。
こういう図でしょ?

そしたら!あーた!
この暑い中、夕方、6時すぎだったか、またです!

カナカナカナカナカナカナ・・・・・

うーんうーん、、、
いいのか?これで。

で、調べてみたら、意外にも、6月下旬から鳴き始め、9月くらいまで聞ける地域があるとか。

ーーーー???
なんかイメージくずれるう。

涼しい湖畔で、秋のはいり口に聞きたかった。。。
あんまり地熱があったまりすぎて、はやく孵ってしまったのかしらん、、、。

ま、ある意味、ひぐらしの鳴声聞いて、さびしくなったんですけどね。
f0143299_4293487.jpg

[PR]

by 93hossy | 2009-07-31 04:28 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(4)

しらなかったー!

このCM、センスいいなー

と、思うこと、ないですか?

最近気になっていたのは、iidaのCM。

音楽と一緒に映像が切り替わる具合とか、
白をバックに、物体だけ色がついてる具合とか、

熊本弁でいえば、「なんさまむしゃんよか」ってな具合でしょうか。

昨日に引き続きTOWA TEIの話ですが、
この iidaのCM音楽、TEIさんだったんですね。知らなかった。

でも、結局すきなんでしょうね。

選んでいる音とか
リズム感
人の声の入る具合

知らず知らずひかれている、ということに驚きました。


自分にはあまり嗜好性がない、と思い込んでいましたが、
そうでもなさそうです。
ちょっとうれしい驚きです。

ある陶芸家の作品を初めて買ったとき、
これ、いいなー、すき。
と思い、

またまったく別の場所でそうとは知らずに選んだのがその方の作品だった。

知らず知らず選んでしまう。
こういうこと、ありますよね。

ははは。オチさん、わたし、無理せず好きみたいよ。あなたのやってるジャンル。
[PR]

by 93hossy | 2009-07-30 13:16 | 好きなのよね | Trackback | Comments(4)

なぜテクノ?

こうみえても、わたくし、クラッシック音楽が一番親しみのあるジャンルです。
学生時代、オーケストラでビオラを弾いていたこともあります。
中・高とブラスバンドではフルート。

ね、どこからみてもクラッシック漬け。
音楽科なるところに所属して、ふわっふわの髪の毛で、
花柄のロングスカートで、ピンクのハイヒールなんてはいてるお嬢様方の中に、
ジーンズと刈上げ頭で若干浮きながら存在していた時代もあります。

だがしかし、この仕事を始めてきづいたことがあります。

どうにもテンションがあがらなくて、下の下ーーーのほうから
ぐぐぅーーーっとテンションをあげねばならぬとき、
どうしてもかけてしまうのが、TOWA TEI。

一番影響を受けたのは、学生時代の後輩、Oさん。
彼女は好きが高じて?コンピューターを使った音楽・音・パフォーマンス作りを生業としている稀有な方です。

たしか、TOWA TEIを最初に聴いたのは、Deee-Lite。

ドライブのときこれをかけたら、なかよしの美保ちゃんから
「へんなのーーーー!!!かわってるーーー!!こんなのすきなのぉ??」
と、えらく驚かれた記憶が。

え?そんなにへん?わたし、大好きなんだけど。
と、心から不思議に思いながら受け答えしましたとも。

今日も、Future Recall2をかけているうちに、ガンガンのってきました。

あ、でも、普通のテンションのときは、もちろん、
バッハです。フランス組曲とか、ゴールドベルグ変奏曲。
モーツァルトもいい感じです。

作品をつくるときはチャイコフスキーとか。
もっとこう、、、ドラマティックな感じが盛り上がります。
もちろん、TOWA TEIも、ある種のオブジェなど作るときには。
それか無音。

テクノ、といってしまってよいのか、よくわかりません。
そのくらい、友人に作ってる人がいるわりに、疎いジャンルです。
でも、思春期にYMOの衝撃を受けた世代だと、
わりかしすんなりくるのかもしれません。

わたしって、脈絡のない人間なのね(笑

奈良美智さんが、作品を描くときはロック!なのは有名な話です。

私はテクノ?(笑
[PR]

by 93hossy | 2009-07-29 04:47 | 音楽 | Trackback | Comments(8)

あけてみれば

激しい雨も、恵みの雨でもあったわけで。
f0143299_2275893.jpg

ちょっと宝石ちっくに輝く水滴。
雨上がりにしかみられない、美しいもの。
f0143299_2211663.jpg

干上がったごぼう畑も、みずみずしい様相。
緑の海、、、。

今年は海を見にいってみようか。
[PR]

by 93hossy | 2009-07-27 22:14 | 植物 | Trackback | Comments(2)

ブレス

ブレス。息継ぎ。

泳いでいると、
息苦しくなって、
どうして泳ぎ始めたんだろう、、と
せんないことを考えながら
泳ぎ続けることがある。

そのときのブレスは、
救いだけど、
必死のもがきの最中で、
あっというまもなく、
救いだと感じるひまもなく、
ゴールまで延々と続けられる。

歌を歌うときも、
楽器を吹くときも、
ブレスは大切なもの。

それは、泳ぐときのブレスとは違って、
もっと意識的で、行為そのものに支配される。

生死をかけたブレス。

行為を続けていく中の、アクセントでもあり、
救いでもあるブレス。

私の仕事のブレスは?

大雨が、まるでドラマティックな交響曲に聴こえる。
晴れ間はまるで長いブレス。
f0143299_123299.jpg

[PR]

by 93hossy | 2009-07-27 01:25 | 窯の周辺 | Trackback | Comments(0)

仕事のあとに

f0143299_4193646.jpg

雨が降るふる。
こういうとき、思い出すのは、飛行機に乗ったときの雲の上の空。

着陸予定地の天気は雨

なんていうアナウンスが流れても、
雲の上は快晴で。

空は水色。雲は白。
太陽光線がまぶしすぎる。

積乱雲は、近くで見ると綿飴に似ている。
地上から見るそれは、力強く青色をおしのけて昇っているけれど、
意外にも、ふわふわしている。

だけど、その中に機体がはいっていくと、
いったい何にぶつかってるのさ?!
と、わかっちゃいるけど聞きたくなるほどゆれるゆれる。

久しぶりの窯たきは、大雨の中。
無事に終わって変な空想がめぐるめぐる。

それではこれにてひとやすみひとやすみ。
[PR]

by 93hossy | 2009-07-26 04:20 | | Trackback | Comments(0)

仕事の合間に

f0143299_2445639.jpg

小さいものがすきなのです。
子どものころから。

北海道の倉庫、トラピスチヌ修道院、ポルトガルのニワトリ。
全部手のひらにのってしまうチイサイズ。
[PR]

by 93hossy | 2009-07-25 02:48 | モノ・もの・mono | Trackback | Comments(4)

エンジン

f0143299_1223584.jpg

日食が起こる前は、天気もころころかわって、
なんだかそわそわざわざわして、
目の前の仕事になかなか集中できずにいて。

日食のあった日の夜中、それは突然やってきた。

むむ、、、できる。いまだな。

モーレツにエンジンがかかり、一気に長皿を作ってしまう。
久々の貫徹。
でも、気分はすこぶるよし。

ちょっと仮眠をとって、夕方には仕上げまで終了。

夏は乾燥がひどいので、作りにくいものもあるのだけど、
一気に仕事をしたいテンションには合っている。
勢いのある仕事。

考えてみると、わたしって、ポンコツ車といっしょだな(笑

エンジンがなかなかかからない。
かかったら、走り続けないと!
とまったら、これまたエンジンかけるのに一苦労。

けして性能がいいわけでもなく。
あちこちがたもきて。

だけど、なんとなく愛着のあるポンコツ車。
しっかり整備して長くつきあわないと(笑
[PR]

by 93hossy | 2009-07-24 01:24 | | Trackback | Comments(0)

仕事前に

いっぱいのコーヒー。
f0143299_1935593.jpg

気持ちを切り替えて、ノートやスケッチブックをひっぱりだす。
f0143299_19355524.jpg

粘土も待機中。
さて、どんなものが生まれる?
[PR]

by 93hossy | 2009-07-22 19:37 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

イロナキカゼ

先日のこと。
2度も入退院をくりかえした甥っ子の快気祝い&お世話になりました会、
ということで行ってきたのが、

Asoスローフード自然派レストラン『イロナキカゼ』

俵山トンネルから車で2・3分のところ。

道から入っていくと、まだ作りかけの庭の土があらわな、ういういしいお店でした。
店内にはいり、奥に案内されると、、、

そんなに広いわけではないんですが、天井もゆったりとってあるし、すっきりとしたテーブル配置で、気持ちよくすごせます。
f0143299_19261613.jpg

今日は、初めてのお店でしたが、しっかり確認して、写真も撮ってまいりました。
あ、、、でも、ときどき一口たべちゃってるものが、、、(笑

まず、有機にんじんのジュース!甘い!
f0143299_20145654.jpg

メロントマト、というのは初めて食べました。左端の黄色いもの。
ちゃんと撮れてるかなー。。

次はそばのニョッキ!食感がかぎりなくサトイモに似てました(笑
f0143299_20175588.jpg

アスパラのチーズソースかけ。フレッシュなアスパラの甘みが味わえます。
f0143299_20194197.jpg

紫芋のヴィシソワーズ。インカのめざめ?いやー、、、よくわからんな。
色が涼しげな薄紫です。お味もこくがあり、最後にいものざらっとした食感があります。
f0143299_20214961.jpg

自家製ライ麦パン。かおりがあってぺろっと食べちゃいますね(笑
f0143299_19301781.jpg

今回1番印象に残ったのがこれ。大豆の手打ちパスタ。
煮すぎてない大豆がこりっこりっ。ぷりぷりのパスタも食感は負けていません!
やさしいミートソースは、さまざまなスパイスがきいて、ぼんやりした味にはなっていないところがさすが。
実は大豆があまり好きではない弟も、「これ、好き。うまいなー!」と喜んで食べておりました。
f0143299_20265418.jpg

今回は飲みましたー(笑 白1本、赤2本。好きだったのはコロンバイン、、、だった、、かな?(笑
f0143299_20275681.jpg

メイン。おいっこが何度もみんなを渡り歩いてお肉をかっさらってました(笑 私のも(笑

最後にデザート。話が盛り上がってる間にちょっととけました。
桃のパンナコッタとジンジャーアイスクリーム、やさしい甘さで、これだけの量の料理のあとでも、ぺろりんこ(笑
水出しコーヒーでしめです。

んんー、、、、
細部にまで感じられるシェフのこだわり。
地元の食材を使って、素材のうまみを届けたい。
そんなメッセージがひしひしと伝わってくるようでした。
メニューの内容は、まだまだ変化があるそうです。今回のものは3500円のコース。
次に行ったときは、また違うものが食べられる、、、はず!(笑

最後にお店情報。
f0143299_20572218.jpg

昼間だと、窓からみえる景色がばっちり楽しめます。
今度またお友達といってみるかなー。 
[PR]

by 93hossy | 2009-07-21 20:41 | スローライフ | Trackback | Comments(2)