<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

土砂降りって、字に書くとすごい

これぞ土砂降り!

わたくし、ヘッドフォンなどまったくつかわない人間で、
耳は3歳児並によいと自負しております。

遠くから帰ってくる弟の車のエンジン音とか
やもりの攻撃的鳴き声とか
蛍光灯の出す音とか

あらゆる音がわりと鮮明にきこえます。

いいことばかりじゃないんですよ、これが。

土砂降りのときの雨音って、そりゃーもうすごいったら。
一発で起きますね。
完全に寝不足です。

しかし、過去、実家の二階で寝ていたころ、
すんごい稲光とともに、雷が近所におちたことがあったんですが、
そのときは爆睡してました。
母が心配して2階まで起こしにきてくれたのに、
「もう、、、、おこさんでよー、、、、」
といって寝た、と母は証言しています。

なにか違うんでしょうか?

あー、、、眠い。

さっき知ったんですが、小林聡美.jp、1年間限定なんですね。ショック。
でもまあ、小林さんらしいか(笑
[PR]

by 93hossy | 2009-06-30 11:24 | 日記 | Trackback | Comments(6)

久々に外の空気をすってみれば

お!やばいやばい。気がつくと、伝統工芸館であっていた「工人往来」という展示会、最終日じゃないか!
山本幸一さんほか、日本の12人の工芸家と、韓国の工芸家、芸術家の方たちの展示。
会場がせますぎてもったいない!という印象の展示だった。
残念ながら昨日で最終日。もすこし早くいければよかったんだけど。

一番印象的だったのは、胡粉をぬりかためて、そこから人形を削りだす手法の人形作家・後藤朝子さん。
月と太陽、という高さ30センチくらいの人形が二体、対になって展示してあるほか、
小さな人形たちが異国の街角で、また自然の中で頬杖ついていたり、たっていたり、
そんな姿を写真におさめてあるものが壁いっぱいに展示してある。

これ、どっかでみたことあるなあ、、
は!そうか!

私が以前、自分の作った小さな小瓶を旅につれていき、それをいろんなところで写真にとって、
「旅する小瓶」という題でまとめたことがあったのをおもいだした。

小瓶は自身のかわりだった。

この人形も、この方のかわりなのかしら。


いろんなことを考えながら、つらつらとみてまわり、山本さんと2、3言葉を交わして会場をあとにした。

この会場で、ひさびさおあいしたのが、茶豆さん。
お母様に、私の作品を注文していただき、それをお届けする、というので、ここで待ち合わせしたのだった。
いつものようにさわやか美人。
さよならしたあとで、あ、お茶くらいすればよかったなあ、、、と気づく。
またいつでもおあいできるしな。

会場をでたのは12時半すぎ。
これまたひさびさに会う友人とランチでもするか。

友人をさそって、彼女気に入りの「ココペリ」にいってみる。
へー、、、こんな近くにあったの?と驚きつつ店内へ。

アンティークの家具に囲まれて、静かで落ち着いた雰囲気がすごく居心地いい。

たくさんのお客様でうまっていたけど、みなさんお静かで、雰囲気を大事に楽しんでいらっしゃる様子。
ケイジャンチキンはぴりっと辛くて、わたしごのみ。食後のアイスティーは口の中を涼やかにしてくれて、友人とのひとときもさわやかにすぎていく。

ふー。久々に外の空気をすってみれば、とっくに夏。
サングラスをかけているのに、しっかり目をやられてしまいました。

こんな夜はなぜか寝付けないのよね。もちろん暑すぎるし。
しかたなくおきだしてヨガ(笑
スーハーふかーく深呼吸しているうちに少し眠気が。。。
と、気がつくと朝でした。

夏ばても、もうすぐそこまできてる、、、。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-29 13:24 | 日記 | Trackback | Comments(6)

華麗なる陶芸教室vol.4

今回、以前にこの華麗なる陶芸教室に参加されたお客様から聞きました、ということでお申し込みがありました。
定員いっぱいの6人!
華麗なる陶芸教室、vol.4、6月25日(木)に開催いたしました。
ということで、事前にお知らせはいたしませんでしたー。ごめんなさい!

元気いっぱいの主婦の方々でつくる、「家庭科倶楽部」!
毎月いろんなことを体験されているそうです。
石鹸づくりとか、牛乳パックのいすづくりとか。
ともかく「つくる」ことに熱心なみなさんです。たのしそー!

f0143299_23311334.jpg

コーヒーカップ、、、だったはず、、、ですが(笑
できあがってみると、カフェオレカップあり、ボウルあり、飯碗アリ!(笑
f0143299_2332973.jpg


しかし、かなりみなさん器用。さーすが家庭科倶楽部!
それぞれに趣のある器ができあがりました。
あとは、しっかり焼き上げねば!

ふふふ。そして、そのあとのお楽しみ、、、。
わたしの趣味に付き合っていただく、ランチタイム!
今回は、原点に帰って、「夏野菜のカレー」です。
f0143299_23352964.jpg


家庭科倶楽部、といえば、みなさん腕自慢なのでは???
一抹の不安を抱えながらご案内すると、、
「おいしそー!!!」
ほっ。

3日煮込んだカレーは、いたってシンプル。
ポークの固まり肉をごろんごろんといれて、あとはたまねぎとにんじん、にんにく、しょうが、香辛料、市販のフレークタイプのルー・2種。
ズッキーニ、パプリカ、アスパラは、食べる直前にいためて酒蒸しします。
十六穀米ごはんに野菜のソテーをそえて、上からカレーをかけます。

付け合せは、おなじみにんじんのマリネとグリーンリーフ、ミニトマトのサラダ。
お手製ピクルス。
食後にコーヒー。

といった具合。

みなさん、楽しい方で、すごく元気をいただきましたー!
ほんっとに楽しかった!

いわゆるママ友、というお仲間だと思うのですが、いろんな情報交換をなさっていて、お料理から子育て、果ては心霊体験まで(笑、私も仲間にひと時入れていただいて喋りまくりました(笑

またお会いできそうなきがするなー。
楽しい仕事は、次の日への活力になりますね。ふふっ。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-25 23:45 | 陶芸教室 | Trackback | Comments(0)

たくさんいただきましたー(笑

iInternet Explorerの、最新版に慣れなくて、ちょっと苦労しているこのごろ、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、双子と暮らすようになってから、果物をよくいただきます。

果物長者

そうよばれて久しくなります。


今年は、ともかく、緑色の、しましまの、でっかくて、あまいやつ
f0143299_1283786.jpg

これです。これこれ。

ともかくたくさんいただきます。

たしか、5月中に初スイカだったようなきがします。
なんたって、植木出身の義妹がいますものー(笑
そりゃーうまいです。

夏といえばスイカ。
食べ過ぎて、夕ごはんがはいらなくなって、だんだん夏ばてするという、
身体にいいのか悪いのか、微妙な感じのおやつでしたね。
夏休み、昔はよく食べたー!

今は、あのでっかさで、どんどん悪くなってしまう、という条件の難しさから、
なかなか手をだしにくい感じがありますが、
いただくと、えい!と思い切って食べ始め、
意外にどんどん食べてしまう自分に驚きをかくせません。

先日は、別のものをいただきました。
f0143299_147918.jpg

高級感ありすぎです。
箱をあけたとたん広がるマンゴーのかおり。
スイカもいいけど、やっぱマンゴーもいいよな。ふふっ。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-24 01:40 | | Trackback | Comments(2)

風邪は万病のもと、でも、今回は、、、

気がつくと、双子の片方は肺炎で入院、もう片方ももちろん、風邪。
義妹も風邪。
母も気管支炎。
私も気管支炎。
弟も風邪気味。

風邪でないのは父だけ、という、なんともありがたくない状況。

こんなとき、みんなの会話はなかなか笑える。

「そうそう、もうおかしいったら、、、ごほっごほっごほっごほっごほごほごほごほ
ごほごほごほごほごほごほ、、、、」
ごほごほごほごほごほ、、、、」

これ、みんな、笑ってるつもり(笑

違う星にきてあらたな言語でも使ってるような、、(笑


しかし、だれかがやらねばならないことが山積みの、日常生活。

ひどい人よりちょっとだけ元気な人が、がんばってる構図(笑

今回は私の番。

風邪は万病のもと、というけれど、今回は
危機は団結のものと、といった気分(笑  うーん、わるくないねー。

いつのまにか朝起きも習慣となり、案外といいことづくめじゃん(笑

自分史上一番長かった髪も、ばあっさりと断髪。(推定500グラム)
わかめちゃんはきょうもゆく。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-21 00:40 | | Trackback | Comments(6)

鳥居・後日記

ネット検索で鳥居の色に関してはとりあえず納得し、
さらなる確信を得たくなって、神社庁(熊本では、護国神社にあります。)に問い合わせをした私。

そこで驚愕の事実が!!!(あ、少し大げさでした。汗)

「えー、お宅様のお庭に、石の祠があるんですね。それは、邸内社といいまして、過去、商売をされていたりすると、そういったものが祀られていることがございます。」

で、肝心の鳥居のことをおたずねすると、、、

「えー、石の祠といいますのは、まあ、神社の代わりでございます。ですから、扉はまずおしめになって」

え?え?扉はいつも全開でーーーす!

「あ、そうですか。はは。神社本殿でも、よほどのことがない限り、扉は閉めてございますよね。」

あ、そ、そうですよねー。

「ええ。そして、鳥居といいますのは、俗界と、聖域の境を示すものでございますから、祠の外に設置するのが本来の姿です。」

は?あの、、、うちの鳥居、祠の中においてありますけど、、、

「そうですね。石の祠の中に、もうひとつ、木の神棚様のものがある、ということですから、おそらく、ご先祖様がもっと丁寧にまつりたい、というお気持ちで設置なさったのでしょう。」

あー、、そういうことでしょうか。。。よくわからないのですが。

「まあ、お話しましたとおり、祠の外に置くのが普通ですが、邸内社の場合、あまり祠の外に大型の鳥居を設置してあることはございません。ですから、結論から申しますと、鳥居は祠の中に設置する必要はない、と存じます。」

へ?あ?そ、そう、、、いうことになりますよね。あ、そう、、、か。そうですね。そうですよね!

ということで、なんと、新しくする必要はないことが判明!!!
すごい。問い合わせ、してみるもんだ。

そして、神主様からご提案いただいて、祠の扉を閉めた後、祠に注連縄をまく、ということで、ここは聖域ですよ、ということを示すことになりました。

まあ、ほんとに丁寧に説明していただきました。
本日、お焚き上げしていただくために、壊れた鳥居を持参したところ、注連縄のしめ方等も教えていただけたのでした。
心なしか、気持ちも軽くなったりして。

一番大事なのは、ほったらかしにしないこと。
だから、面倒なことはしないように、普段から気楽におつきあい、、、というのかしら?できたほうがよいですよ、というアドバイスをいただきました。

ふー。祠のお掃除も済ませたし。扉もしめました。あとは注連縄をしめるだけ。
鳥居行脚もようやく終わりのようです。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-17 23:13 | 日記 | Trackback | Comments(2)

鳥居・追記

「あ、どうもー、こんにちはー。ちょっとベッドを見に。ふふ。」

「どうもー、ちょっと鳥居を見に。」

「へっ?」


先日の、ホームセンターでの会話。


鳥居を探しているのは私。
偶然お会いした水彩画家のお友達に、怪訝そうな顔をされながら、そそくさと中へ。

みると、神棚って結構おいてあるのね。
ごはんを上げる器とか、お神酒の入れ物とかも。
だけど、鳥居はない!

さっとあきらめて次のホームセンターへ。
こちらも、、、なし。
やっぱり神仏具店でないとおいてないのかな。
まあ、ホームセンターの神棚って、ちょっとありがたみがない気はするんだけれど、、、。
(ちなみに、通販、というものもみつけました。意外。。。しかも、これまたありがたみが薄い気がする、、、。)
 

こういう鳥居行脚をするはめになったのには事情が。

庭に小さな石の祠があります。
これ、横に刻んである文字を読むと、「天保」とあります。
ふるっ!

うちがまだ商売をしていたころ、泥棒に入られて、その泥棒よけにおかれたのが最初とか。

「お稲荷さん」と皆が呼ぶので、今の今までお稲荷さん、と思ってたのに、
よくみると、大黒様が祀ってあるでないの!?
こ、これはー、、、???

お稲荷さんなら、赤い鳥居でいいんでしょうが、もともとある鳥居は、ただの素木。
それが長年風雨にさらされて、とうとうこわれてしまいました。
私の中では大事件!

さあ、早速買いに行かねば!と思い立ったのに、
赤い鳥居でよいのか、素木の鳥居なのか?
うーんうーん、、、わからない、、、。

でも、素木の鳥居は、子授けとか、安産を祈願して、神様に奉納するためのものだとか。

ネットで調べても、形状については結構調べてあるのに、色ってまったく記述がみつからない!

ウォー!!!ピンチ!
これは神社庁とかいうところに問い合わせをしてみるべきなんだろうか?

あー、、、昨年京都で伏見稲荷にいったときは、お膝元にざくざくと鳥居が売ってあったなあ、、、。
旅の土産に、、、という大きさでもなかったので、そのときは買うのを断念したんだっけ。

貴船神社の鳥居。これはお稲荷さんじゃなかったけど、やっぱり朱塗りでした。
ということは、、、朱塗りでよいのか、、、な?
f0143299_0345057.jpg


***追記***
うーん、、、やっぱりなっとくならず、もう一度検索をかけてみる。
「鳥居の色」

お!あるじゃん!なぜ昨日はこれで検索しなかった?

みると、たくさんの記述がありますが、神社本庁HPでは、朱色について記述が。
朱色は生命の躍動をあらわし、古来災厄を防ぐ色とされてきた、、、、そうです。

稲荷神社は朱色だけど、そのほかでは、素木そのままであったり、樹皮もはがないままであったり、コンクリート、金属、陶磁器、、、などなど素材はさまざま、色もさまざまらしい。
ということは、うちのほこらに朱色の鳥居があってもよいわけだ。納得。
以前置いてあった素木の鳥居もまちがいではないと。

ともかく、聖域と俗界の境界だそうですので、これは早くとりかえねば。
いそげー!
[PR]

by 93hossy | 2009-06-16 00:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)

MT  

まえからちょっと気になっていたMT。マスキングテープ。

カラフルだといいなー。
とか
太さもいろいろあるといいのになー。
とか

人が考えることは似ているようで。

気がつくと、マスキングテープの本、なんてものも出ていた(笑

ふらっと立ち寄った本屋の片隅の文具コーナー。

おっ。まさにツボなMTがひしめいている。。。
うーんうーん、、、
濃い色もかわいいんだよなー。。。
でもなー、柄も捨てがたいよなー。
黄緑色系にするかなー。

考えあぐねて一度はあきらめる。

次の日またこりずにいってみたわたし。
YES.やっぱりほしい。
f0143299_0111667.jpg

当日の紫のブラウスに影響されたのかしら?この配色。
心の声が久しぶりにほしい、と申すもので、かなえてあげることにした次第。

なぜに文具はこうも乙女心をつかんではなさないのか。。。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-15 00:15 | モノ・もの・mono | Trackback | Comments(4)

昼下がりの食事

って、じつは真昼間に食べてきたんですが(笑

ひさしっぶりのコパン。

忙しいのもあり、なんだかでかけるのがおっくうなのもあり、ずいぶんとごぶさたなのでした。

でも、ランチの若鶏のライス詰めカレー風味をみつけて、どうにもたまらずいってきました。

ああ。。。いつもながらさあわやかなお店、おふたり。

おくの席に陣取って、味わってきましたー。
いつものように、あつあつをいただきたくて、写真は忘れました(涙

うまい。うますぎる。。。

はふはふ 
パリッ
じゅわーっ
こくこく
しゃきしゃき

シェフ渾身のジャガイモ、これまたうまし。
ノーザンルビーとインカのめざめ、だったかな?
私はインカのめざめのホクホク感がものすごくおいしかったなあ。。。

新じゃがって、どくとくの香りがあります。
口にいれたときに土の香りがぷうーんと香ってきます。
さいこーです。

かーっと体温もあがって、夜の教室もハイテンションでがんばれそう!
ありがとうコパン!
テンションあがってしまって、そのままヨガマットを買いに行ってました(笑
やっぱりでかけてよかった!
[PR]

by 93hossy | 2009-06-12 15:01 | 料理天国 | Trackback | Comments(2)

kiriko

教室の生徒さんでもあるマーチャンにいただいた薩摩切子
f0143299_042685.jpg

今の季節にぴたっとくる緑色です。

やっぱりガラスものは窓辺が似合うなー。

なんだかもったいなくて、花を飾ったことはありません。

これを、箱からだして窓辺に飾ったら、久しぶりにマーチャンからメールが。
「今日、うかがいまーす!」
わはっ。。。
こういう以心伝心的な出来事って少しうれしい。

東京でみた薩摩切子の展示作品の中には、緑色はたしか1点しかなかったな。
すごく珍しい貴重品だったようで。

私、緑色大好きですから、これをいただいたときは、ほんとにうれしかった。

そろそろうっとおしい毎日になりそうです。
ガラスモノを窓辺において、涼しい気分にひたります。
[PR]

by 93hossy | 2009-06-12 00:42 | モノ・もの・mono | Trackback | Comments(0)