<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

うしろ姿

うしろ姿って、案外人をものがたるものだ。

はりつめている

力がぬけている

不安定

だらけている

ぎらぎらである

ほっとする

自信があふれている

あたたかい

超越している


「では、また」とお別れして、振り返った瞬間に、その人が見えることがある。

上から目線でがんがんにものを言い、口角泡飛ばしながら熱弁をふるっていたひとが、くるっと振り返って帰る瞬間、なぜか「寂しさ」を漂わせながら帰っていく。

そんなことが最近あった。

あー、誰かとはなしたかったのか。きちんと聞いてもらいたかったのか。
瞬間にそれが見える。

自分のうしろ姿は見えないけど、いったいどのような瞬間を見せているんだろう。

悩んでいるかしら。

はりきってるかしら。


まてよ、誰にだってその瞬間が見えるわけじゃないかもしれないな。

昔から、人をじーっとみて観察してしまう癖があった。
街を通る人たちも、私に会いに来てくれる人たちも、家族さえもその対象。

子どものころはよくあったことなのだが、家族で食事をしていると、私の意識だけがふーっと遠のいて、自分はそこにいるんだけれど、ずーーーーっと遠くから家族全体を見渡している気がする状態。
音も遠くで鳴っていて、話し声もぼわーーーんと聞こえてくる。

私はなぜここにいるんだろう、なんて、小学生が考えることじゃないよね。
でも、当時の私は、しょっちゅうそんなことを考えていた。

話がそれたな。

ひとつのことを考えていると、次々と派生していく私の思考。

たったいま、1時間ほどの思考時間が終わったところ。

さ、今度は作業のお時間だ。
[PR]

by 93hossy | 2008-10-31 14:48 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ああ、あわただしき日常よ

ぐたってる暇もなく、気がつけば、次の搬入まであと2週間をきっております!!!

汗 汗 汗

あー、、、いっときの休憩もままならなかった、、、

というのが切ない感想(笑

いや、きっと、今回のアート展に作品を出してくださった荒木さんなんか、もう寝る間もないくらい忙しくて、ぐたってる暇?なーいないない、ないっすよ!と、軽く笑われそうだ。

そう、ここは気を取り直してがんばらねば。

搬入のあとも、まだまだ仕事は山積み。
忙しいのはいいこと。うれしいことです!

あー、今日はいい天気!お日様はいいですね。日焼けはともかく、元気をもらえるし!

f0143299_12214160.jpg

画像は、ちょっと前に伊東でとった朝日。海ってほんとに素敵。山も大好きですけど、こうやってひろびろとした水平線を眺めると、気持ちまで開けていく気がします。
[PR]

by 93hossy | 2008-10-28 12:31 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

おわった。。。

今日、なんとか、最後の最後まで搬出手伝って、見届けて、運送屋のおじちゃんやお手伝いのおにいちゃんともうちとけて、無事終了いたしました。

菊池高校100周年記念アート展。

かなり無理無理にお願いした出品依頼も、みなさん快く引き受けてくださって、なんかうれしかったなー。
母校のため!とか、在校生のため!なんて、普段から熱々と気持ちを温めているわけじゃないけど、こういうときに、ぱぱっと対処してくださるところがうれしい。

パネルを運んだり、組み立てたり、そういうなんでもないようで、実はかなりの重労働も、ささっと集まって仕事してくださる方が存在するのがすごい。
f0143299_23165388.jpg

世の中すてたもんじゃないなー、なんて思えた1週間でした。
!1週間なんだ!
短いのに濃かった、、、(笑

みょうにぐったりしているわたくしです(笑


当番の本日は、廊下をうろうろしている高校生に、「この人ね、有名な建築家さん。これ、まるごとこの方のお仕事!みてってー!あ、こっちは私のね(笑」と声をかけまくっておりました。
半分はしらーとしてくんだけど、半分は、「え?まじすか?」とか「すげ!」という反応で、中にはじっくりと椅子にすわってページをめくってくれる子もいましたよ。
f0143299_23162757.jpg

素直なええこや。

まっすぐに、目を見て、
「普通高校から、こんなふうになれるんすか?」と、聞いてくる子も。
「そ。自分しだい!」
なーんてね、先輩風吹かせたりして(笑

こういう気持ちになってくれる子が、1人でもいれば、今回のこの企画、大成功。
うれしい瞬間でした。

絵画の大作も、たくさん出品してあったし、写真も、申し訳ないけど、あんまり期待していなかったのに、驚くほど「あっ!」という瞬間をきりとってあって、あれは、見に来た人が結構立ち止まっていました。
f0143299_23174094.jpg

書道部の子達は、書の前でたちどまり、「上にみにいったよ。大作がたくさんあったね」なんてはなしかけると、「あ、見に来てくださったんですね」と笑顔で答えてくれる。
f0143299_23184211.jpg

なーんだ、高校生って、案外かわいいなあ。。。

いろーんなことを考えることができたお当番の日。
ぐったりしたけど、結構楽しかったですね。へへ。

明日から、また日常にもどらねば!
つくるぞー!(笑
[PR]

by 93hossy | 2008-10-26 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(2)

展示会のお知らせ2つ

すでに始まっておりますが、お知らせが遅れております(汗

                   原健太郎 星乃久美 二人展

とき        2008年10月16日(木)~11月30日(日)  12:00-25:00
           定休日 第3週の水曜日
ところ       黄檗屋SmileSmile
           菊池郡菊陽町原水1156-17    ℡ 096-233-3799

ひょんなことからお声をかけていただいて、原さんとの二人展が実現しました。
SmileSmileの美佐子さんは、私の中学校時代の同級生。
暖かくお客様を迎え入れてくれるおみせです。ぜひ足を運んでみてください。
夜のBarはご主人がやっていらっしゃいます。こちらもこだわりのお酒がそろっているみたいですよ。ぜひ!

11月上旬には品物を入れ替える予定があります。そちらも楽しみにしていてください!

さて、もうひとつは、菊池高校100周年記念アート展のおしらせ。

こちら、教室での展示になりますので、一般への開放時間が限られています。
時間をご確認の上、お運びください。

                菊池高校創立100周年記念アート展

とき        2008年10月25日(土)、26日(日)の両日。
           25日(土) 11:20から15:00
           26日(日) 11:25から13:30

ところ       菊池高校新校舎1-4,1-5,1-6
           菊池市隈府1332-1   ℡ 0968-25-3175

先日の記事の通り、荒木さんの作品をまるごと1冊特集してある、「球体 3 建築のはなし 荒木信雄のしごと」も展示してあります。
ぜひ、たくさんのかたにお越しいただけますように!
[PR]

by 93hossy | 2008-10-23 19:38 | 展示会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

菊池高校創立100周年記念アート展まであと少し!

熊本に帰ってきてからこの方、なぜか東京時間の早めエンジンが止まらず、ばたばたばたばた、、、、と走り回っております。

まず帰ったその日は、夜に次会場の菊陽町、黄檗屋Smile*Smileへ搬入、現在、原健太郎さんとの二人展が開催中です。

それからは、少し前に記事にもした「菊池高校創立100周年記念アート展」のこまごましたところをお手伝いさせていただいて、ともかく毎日外出、会議、でんわでんわでんわ、、、、の毎日です。

間で懐かしい友人が訪ねてきてくれたり、無理やり休みをとりたくなり、映画をみにいってみたり、「はーはー、、、、これはいったい休憩になっているのか??」などと肩で息をしながら次へ!とまた走っております(笑

そんなアート展、もうすぐそこまできています!
24日の午前中が搬入、25,26日の両日が展示期間。高校の教室(木を多用した、非常に気持ちのよい教室です。)を使っためずらしい展示です。

同日、高校の文化祭も同時開催しています。

菊池高校には、たっくさんの同窓生がいるはずなんですが、まあ卒業後の消息がわからない方もこれまた大勢いらっしゃいます。
その中でも、ピカーンと光る星が!

たまたま私がよく購読している雑誌でみかけたその方、今をときめく建築家・荒木信雄さん(アーキタイプ代表)は、なんと菊池高校の同窓生なんです!

これはアート展委員会でお話してみなくては!と、話題にしたところ、あれよあれよというまに連絡がとれ、なんと、出品を快諾してくださったんです!!!

いやー、、、だめもとでアタックした甲斐ありました。(遠い目)
緊張のあまり、震える声でお電話しちゃいましたもんね(笑

現在、東京を中心に活躍中の荒木さん、最新のお仕事は、吉本興業東京本部の新社屋改修。古い校舎をつかった斬新な企画は、そのお仕事がまるごと1冊特集になりました。(「球体 3 建築のはなし 荒木信雄のしごと」)
写真集も出されているそうですよ。

今回は、その雑誌を出品していただき、みなさんにページをめくってもらってよい、とのこと。
あー、、、ご厚意に感謝!

できる限り、いろんな方に見ていただきたいと思います!
菊池高校の誇りですからね。

そのほかには、陶芸作品(拙作も並びます)、書、刻字、絵画、写真、建築のお仕事をまとめたパネルなどが展示されます。同窓生の活躍ぶりをみていただいて、在校生やOBの誇りにも思っていただきたいし、菊池高校のことももっとしっていただければ、と思います。
ぜひぜひたくさんのご来場をお待ちしています!
[PR]

by 93hossy | 2008-10-21 13:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トーキョーレポートもそろそろおわり

ギャラリーが開くまでの午前中、自由になる時間がたっぷりありました。

フェルメール、ピカソ2箇所、三沢厚彦、と美術館を制覇した日々。

と、その日は樹さんが仕事ででかけられたので、一人でぶらぶらしてみることにしました。

行く先も決めず、とりあえず渋谷方面へ。
表参道がきになって、そこで降りることに。

若いころ、いとことうろうろしたなあ、、などと思いをはせながら、現在の表参道をぷらぷらと歩きます。

「Excuse me,do you know Mori Hanae building?」
ありゃ、私、道を聞かれました。
「Sorry,I don't know.」
アー、もっと道調べてくればよかった。教えてあげられたのになー。。。
まさか熊本の田舎から出てきた人間が表参道を歩いてるなんて、諸外国の方々にはわからんよね。

あとで聞いてみると、道を挟んですぐ斜め前にあり、道を尋ねた方に申し訳なかったなあ、、、などと考えつつ、またぷらぷらと歩きます。

表参道ヒルズかあ、、、。
お、同潤会アパートはギャラリーになってるのか。

11時のオープンを待って、入ってみました。
いくつか入ってるようでしたけど、私が入ってみたのは、奈良美智さんの画集やカードなどが置いてあるギャラリー。
別にここで買わずともよいのですが、なんとなく奈良さんのカード集を買ってみました。
お店の方は、奈良さんの描く女の子の頭がグミキャンディー入れになっているオブジェをすすめてくれましたけど、あれはーちょっと、、、(笑
かつらのごとく女の子の髪がパカっとあくと、その中にはおんなじ顔をしたグミがたくさん入っている、という図。
うううう、、、
「かわいくて食べられないね」と言っておきました。(笑

そこを出ると、ぎりぎりの時間となり、表参道ぷらぷらは終了。

とある日は、銀ブラを決行。
ギャラリーもたくさんあり、興味のあるところもたくさん。
f0143299_434342.jpg

f0143299_4344773.jpg

銀座のど真ん中にこんな古い家屋が残っていました。おどろき。

とにかく人が多い!それにびっくり(笑
ぶらぶらと歩く金髪の内田裕也氏を発見。横断歩道ですぐとなりにたってみました。
やっぱりロケンローラーでした。全身から出る迫力が違う。

あー、やっぱり東京って人がたくさんいるなあ。

物もひしめいているし。

時間は流れるのが速いし。

たまに出てきて頭をしゃきっとさせるにはよいところです。
住めはしないな。空気が汚すぎる。

田舎仕様のわたくしは、ついついそんなことを考えながら東京をあとにしました。
またお仕事できっといくでしょう。
そのときはどんな風にかわっているのかな。
[PR]

by 93hossy | 2008-10-21 04:40 | 日記 | Trackback | Comments(2)

私はなぜこんなにもこの動物たちに惹かれるのか

夏ごろに、その動物たちには出会いました。
木彫の、塊といっていいほどのでっかい動物。
雑誌の中でちらっと写真を見ただけなのに、もう脳みそに書き込まれてしまって、忘れられない!

これ、なんだろう???

それは、三沢厚彦さんの木彫、ANIMALSでした。
中のほうからぐぐーーーーっと力が沸いて出てくるような塊。
木のはずなんですが、もっとどおーーーんとしている。

ぜったいにみたい!

でも、仕事がつまりにつまっていた当初、結局福山での展示をみにいけず、かなりがっくりと肩を落としたものです。

ところが!天はみはなさなかった!

東京で、今あっている展示会をさがしていると、あーるじゃありませんか!横浜で!!!

うっ、、、しかし、、、12時にはギャラリーをあけねばならないのに、横浜って、、、、。

ところがどっこい、イメージとはうらはらに、都心から横浜って、近いんです!
なんと、1時間もかからずに到着できることがわかりました。

いきますいきます!ぜったいに!
樹さんも誘って、早起きしていってまいりました!

横浜そごう美術館は、横浜そごうの6階にあります。
はやる心をおさえながらチケットをきってもらい、はいっていくと、、、

いましたーーー!!!白熊!

たってます!寝てます!ころがってます!!!

専用の小屋までたっていて、よーーーくみるとヤモリがはっていたりします。

この白熊、油彩なんですね。これには、わたしより樹さんが反応していました。
刻字に彩色する彼女は、木に油絵の具、という彩色のイメージがつかめなかったらしく、
「これなのねーーー!!」と感激しきり。

私はなぜこんなにこの動物たちに惹かれるのかわからないんですが、ともかく楽しくなって、わくわくして、年甲斐もなく、心は小躍りしながらみてまわりました。

空飛ぶこうもり、三沢さんのアトリエの再現(作りかけの木彫やドローイングがそこらじゅうに!)、そしてコーナーをまわると犬と猫が群れでこちらをじーーーーっとみています!
三沢作品の原点とも言えるブルテリアが先頭きってこちらをみています!

か、かわいい、、、かわいすぎる、、、

我が家のさくらも彫っていただきたい。
よし、わたし、いつか三沢さんの犬を買う!きめた!

なぜか無謀な自分への約束(笑

1トンあるライオンとか、天井につきそうなキリンとか、どれもどぎもをぬかれますけど、とにかくお許しが出るならさわりたかった、、、(もちろん、手を触れてはいけません)

どれもぷりっとしてるんです。ぷりっと。

チーターのながーい尻尾はみごとだったしなあ。。。

とぼんやり歩いていくと、がおーーーー!と4メートルくらいあるワニがでてきました。
(その数日あとに、外国で4メートルあるワニの体内から人体が発見された、なんてニュースもありましたよね。いるんだ、このサイズ、、、。)

その、顔とむかいあわせに、係りの方がすわっていらっしゃる(笑
思わず、「ずーっとにらめっこ、大変ですねえ」と話しかけると、「ええ、結構怖いですよ」と笑っていらっしゃいました(笑
実際、写実的じゃないけど、塊の迫力があるので、迫ってくるんです。ありゃ結構怖いはず。

さ、そろそろ時間も時間だし、かえらなくちゃ、と最後のコーナーにいくと、
「写真撮影をどうぞ」

ぬぬぬ???なんですと???写真とってもいいって???

ぎゃーーー!!!狂喜乱舞の私は、バシャバシャととりまくりました。
鼻のアップ、足のつめのアップ、ちょっと離れて、網目のアップ、、、。
                                                           ここには著作権の問題があるので、その写真は載せられませんが、かなりかわゆいきりんだったことはご報告申し上げます(笑

あー、、、まだもっとじかんがあるならゆっくりみたかったー、、、。

あのぷりっとした生命力に惹かれるのか。
塊の存在感に惹かれるのか。
またどこかで会いにいきたい動物たちです。
[PR]

by 93hossy | 2008-10-20 00:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

食べ歩き麻布十番

結局、誘惑に負けちゃうんですよね(笑

もうねー、周りにはいかにもおいしそうなお店がたーーーーっくさん!!!

まず制覇したのは、言うまでもなく浪花屋総本店のたい焼き!
f0143299_281173.jpg

これね、たった2つ注文したんです。そしたら、「20分待ちです」ですと!
f0143299_2113868.jpg

(これ、社長さんがたまたまいらしたので、めちゃ笑顔をとらせていただきました(笑)
へっ?と思いましたけど、引き下がるわけにはいきません(笑
他の用事を済ませて、2つ買い込み、とりあえず会場へもって帰りました。

もう、、、、その皮の薄さ!パリッとした加減!餡のおいしさ!甘くないし、べたっとしてないし、豆が感じられるし、、、、。
コパンのシェフが、「食べると幸せになります」とおっしゃったのは、名言。
ほんとに、しあわせになりました。。。
もう一回食べて帰りたかった(笑

あ、ちなみに、20分待ちは最短だそうで、2~3時間待ちは、ざらだそうですよ。

それからそれから、、、えーとえーと、、、、

更科堀井のかき揚げそば!
これ、会期中に、何人にも堀井の話を聞きました。
堀井はどこ?堀井、どうだった?堀井にいくのよ。

すっかり腹をくくって(そんなに大変なことか?笑)、おいしいものを食べることにした私たち、よし、今夜ははりこもう!と、堀井に駆け込みました。

まよわず小エビのかき揚げもりそばを注文し、少し落ち着いて周りをみると、、、。
昔ながらのお蕎麦屋さん、という雰囲気をかもしだして、へんなしゃれっけなどなくて、いい感じです。
お客様はさまざま。
私たちのように、さがしてきたのよ、という方たち、常連さん、お一人でこだわって食べていらっしゃる通のかた、などなど、いろんな方が座って食べていらっしゃいました。

きたきたーーーっ!
写真はさすがにぶすいかと思い、最初っからもって行かなかったので撮れませんでしたが、そのかき揚げの厚みといったら!8センチくらいありそうです!そして、最初から最後までパリッパリ!小エビもプリップリ!そばもおもったよりたくさんで、しかもつるつるとのどごしよく、香りもあり、ほんの数分で平らげておりました(笑 ←待ち時間のほうが断然長い!(笑
特筆すべきは、つゆのおいしさ。濃すぎず、ほどよいお味で、それがまたおいしさを引き立たせておりました。


満足です。ほんとに。日本人でよかった。

といいつつ、疲れた日は韓国焼肉屋さんにはいって、ビビンパをほおばり、焼肉をつつき(実は、焼肉屋さん初体験。笑)、別の日にはインドカレーの店を見つけ、ナンとサフランライスにたっぷりのマトンカレーを味わい、またさらに別の日はイタリアン、別の日はハンバーグ、、、、。

何しに行ったんだ!としかられそうなほどの食べっぷりでした(笑

そうそう、いとこのお嫁さん、まきちゃんに、東京ミッドタウンの上の階にあるフレンチ、cuisine francaise JJに連れて行ってもらったんですが、これまたおいしかった!
もちろん、わたしにとってはコパンが最高ですが、このJJでのワゴンデザート初体験がかなり印象に残ってしまいました(笑
ここでもいちじくタルト、プリン、フロマージュブラン、と3種類も食べておりました。

こんなに食べて、さぞかし太ったと思うでしょう?
ふふふふ
ノン!
午前中、ギャラリーをあけるまではともかく歩き回っていたので、それはセーフ!

あ、豆源さんの塩あられもおいしかったしなー。。。
超高級ショコラのお店にも、冒険して入ってみたけど、あんまり高価で1つずつしか買えなくて、でも、食べたらやっぱりおいしかったなー。。。(そのごお土産に何度かいただきました)
人形焼のお店で売ってあるワッフルが、もっちもちの皮で、かなりおいしかったしなあ、、、。
シュークリームをギャラリーのオーナーに差し入れていただいて、これがまた皮がぱりぱりでおいしかったんだよなあ。。。。

ごめんなさい。もうほんとに食べ続けの毎日でした(笑
書かずにはいられない。
ほんとは写真撮りたかったんですが、どうか想像してみてください。
画像があるより、よだれが出ると思います(笑
f0143299_241813.jpg

これ、最後のダメ押し。お客様には、たーくさんお土産をいただいたんですが、その中のひとつ、葛飾柴又のおかき!小袋にはいっていて、どれもおいしかった!(笑

もうええっちゅうの!(笑
[PR]

by 93hossy | 2008-10-19 02:46 | 食と器 | Trackback | Comments(4)

トーキョー覚書・2

二日目の夕方、ふらりと入ってきたその老人は、やけに目ばかりぎょろりとした、ちょっと怖そうな方でした。

ゆっくりとギャラリー内をみてまわり、一言目は、樹さんの字をみて、「この字はいいですね」。

しばらく樹さんと話した後、私のほうにきて、今度はこの一言です。
「あなた、本当に焼き物、好きなんですか?」

「・・・・・好きです」

それから、しばらくの間、焼き物についてあれやこれやのご指摘。
途中経過はあまりに壮絶なので、ここではとてもかけそうにありません(笑

話の終盤、もう我慢ができずにわたくし、涙を流しておりました(笑

そしてもう一押し、「もう、たたんでお帰りなさい」

心の中では、「あなたいったい何者ですか!?どんな権利があって、私にそこまで言いますか???!!!」と毒づいていたものの、口を開けば涙があふれそうで、もう何もいえません。

しかし、この方にも一握りの良心があったのか、帰り際、「また来ますよ」といい、お帰りになって行きました。

その日から、夜はずうーーーんとおちこみ、あーでもない、こーでもない、と反省の日々。
樹さんに叱咤激励されながらすごしておりました。

と、2日後、またその方が紙袋をもってふらりとお立ち寄りになったのです。

そこから取り出されたのは、いかにも古めかしい桐の箱たち。
紐をといて、中から出てきたのは、、、、

李朝の酒瓶、秋草紋の香合、高麗青磁の油壺、おりべの水滴、魯山人の小碗、、、。

こ、これ、さわってもいいんですか?

どうぞ。

しっとりした肌、ふんわりした曲線、シャープな稜線、深いグリーンの青磁、どれも美術館のガラス越しにしか見たことのないものたち。

これは、、ほんものなのか?まさか、、、。いや、でも、こんなに美しい色合い、肌合い、今までに見たことはあっても、触ったことがないので、正直言えば定かでないのです。

なぜか、この老人は信じることが最後までできなかったけど、この焼き物たちは信じよう、という気になりました。
なぜって、あまりに美しかったから。

「ほんとうに勉強したいなら、もっと本物をさわりなさい、持ちなさい」

「そうしたい気持ちはあっても、財も機会もございません。笑」

そうだよね、わかっちゃいるんです。
歴代の名工が、本物を所有して愛でていたことも、知っちゃいるんです。

できないから、美術館に通うんですけどね。


そのつかみどころのない、(たぶん)親切な老人とすごした時間は、まるで幻のようでした。
でも、熊本で安穏と暮らしていたら、けしてお会いできなかったことと思います。
あの油壺や酒瓶を触るために今回東京に出て行ったのかもしれません。

お元気でいらっしゃるといいなあ。またいつかお会いできますように。できれば次回はもう少しソフトな会話を楽しみたいです(笑
f0143299_2572382.jpg

(C)Copyright 2008 Miki Haruka,All right reserved.
[PR]

by 93hossy | 2008-10-18 03:01 | 日記 | Trackback | Comments(5)

二人展・おおざっぱレポート

4年ぶりの東京での展示会。
麻布十番は、なにやらおいしそうなお店がたくさん並んでいる街。
付近には各国の大使館があり、国際色も豊かです。

1週間すごすことになり、ギャラリーの上の部屋をお借りして、女二人の共同生活が始まりました。

初日前夜、ギャラリーにはいって飾りつけをはじめましたが、慣れ親しんだ場所ではないところでの飾りつけは、なかなか大変です。

場所のわりふりもあるし、二人の作品が融合したり、主張しあったり、どういう感じでお迎えするのか、ああでもない、こうでもない、と話し合いながら、刻々と時間は過ぎていきます。
f0143299_12415132.jpg

f0143299_12424995.jpg

ようやくできあがったのは、もう朝4時でした(笑
このディスプレイも、2日目から、徐々に変化していき、最終的にはぜんぜん違ったものになって行きました。
f0143299_13807.jpg

f0143299_1383910.jpg


しっかし、眠らない街ですね!夜中の3時というのに普通に人が歩いていて、お向かいのお店もしっかり盛り上がっていて、展示中の私たちを覗き込んだり(正直ちょっと気持ち悪かった)、大声上げたりしながら行き来しています。

初日は緊張しすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
でも、なかなかお会いできない方に久しぶりにお会いできましたよ!
一番乗りは、陶芸教室の生徒さんがわざわざDMをだしてくれた東京のご友人。
こういうのがうれしいんです^^ 共通の知人を通して、またまた知人になってしまう不思議さ。
そのほかにも、仲良しのいとこのおよめさんまきちゃんがお友達ときてくれたり、ご近所で、いつもここの展示が変わるたびみせていただくんですよ、という住人の方がきてくださったり、Web上のお友達と実際にお会いできたりとか。
いろんな方とお話しながら見ていただいて、ひゅーーーーっと1日が終わってしまいました。

仕事が終わると、夕食をとって、近くの銭湯で汗を流します。江戸の銭湯は熱い!湯船にほとんどつかれずにシャワーとカランですごした毎日(笑
すっかり疲れて、その日は爆睡でしたね(笑

次の日からは、午前中は美術館まわり、午後はお仕事、というパターンで、今回はフェルメール、ピカソ2箇所、三沢厚彦の動物の彫刻、と、なんと4箇所も制覇!三沢さんの作品展については、また別レポートで。

ともかく濃い1週間で、なにからはなしてよいかわからなーい!(笑

行く前に、陶芸教室の生徒さん、シゲさんから、「おいしいもの食べまくってきてください」といわれ、「そーんなよゆうないですよお」と言っていたにもかかわらず、結局誘惑に逆らえずに、つぎつぎとおいしいものを食べてしまったのはいうまでもありません(笑

コパマネさんご推薦の浪花屋総本店のたい焼き、更科堀井のかきあげそば、これは必須でしたね(笑

あー、ぐるめレポートも別で書きますか(笑 そうしましょう。

忘れないうちにまとめきれるかっ??! しんぱーい(笑

Copyright(c)2008 Hoshino Kumi,All right reserved.
[PR]

by 93hossy | 2008-10-16 13:13 | 作品の紹介 | Trackback | Comments(0)