カテゴリ:どうでもいい話( 49 )

へんなくせ

私には、変な癖があります。
どこかへ出かけたときや人に会ったとき、
その日の終わりに、その日の出来事を
映画のように一から十まで思い出すのです。

会った人が何を着ていたとか、
どんなお話をしたとか、
その時どんな音楽がかかっていたとか、
なるべく細かく、できればにおいや味も。

こうしておくと、初めてお会いした人のことも、
ちゃんとお話できれば憶えておくことができます。

昨年、プチブランシュさんでノックさんの帽子のオーダー会に出かけたときのことです。

すでに沢山のお客様がいらして賑わう店内を見渡すと、
お会いしたことのある方が。
「坂本さーん!お久しぶりです♪もうオーダーしたの?」
と、私はいきなり話しかけていきました。
彼女は目をパチパチっとさせてこっちを見たあと、
「いえ、まだ考え中です。」とにっこり。

それから、「坂本さん、お茶した?」「坂本さん、どういう形にする?」「坂本さん、私、どっちが似合うかな」
と、私は「坂本さん」を連呼しながら過ごしたのでした。

その日の終わり、映画のように一日の出来事を思い出していると、
ん?なんだかおかしい、、、。
は!私、Y野さんにむかって坂本さんと呼びかけてた!!!
恥ずかしすぎる!

きっとそこにいたプチブランシュの史絵さんも、ノックさんも、ジウさんも、
皆さん、「なぜあの人はY野さんに坂本さんて呼びかけるんだろう」と思っていたに違いない!
顔から火が出るーーー!!!

あわててFacebookのY野さんの書き込みに、ごめんなさい、とコメントすると、
うふふ、なりすましていましたよ、とユーモアたっぷりなお返事。
寛大だ。。。

それまでも、ちょっとおっちょこちょいなY野さん(すみません)にシンパシーを感じていましたが、
その事件以来、「シスター」とお呼びすることになりました(笑

後日その話で北風パンチさんやらプチブランシュの史絵さんやらと盛り上がり、
間違えてたことを思い出せるの?と問われて、
(ん?・・・まあ、映画だから、、、と思うんだけど。。。)
私の一日の終わりの自分劇場映画上映会が、結構変な癖だ、ということが露呈いたしました。

やっぱ変かなあ?・・・(笑
f0143299_13105391.jpg

[PR]

by 93hossy | 2014-01-25 05:09 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

朝と夜の交差点

f0143299_4453561.jpg

早朝のコンビニはテンションが低めだ。
寝ぼけ眼をこすりながらお弁当を買い漁る人。
寝癖もそのままにぼーっとパンコーナーに立ち尽くす人。
店員も深夜からのシフトがもうすぐあがるのか、目の下のくまに少々の疲労感が漂っている。

昨日は、遅くに仕上がった年賀状に貼る切手を買いに、
早朝のコンビニに出かけた。
いつもと同じように低いテンションが流れる中、
その二人だけが違っていた。

黒いスーツに金髪に近い茶髪。片方の男はカラコンを入れている。

「いやー、まじで朝飯どうするー?w」
「いやもうおれ、ラーメンでまじ無理。家ではね、いつもは食べるよ。」
「あー、ラーメンでねww」
「でもおれ、あの『オムそばライス』っていうのに狙い定めてるったい。」
「えええーーー???まーじーでー?いっちゃう?それ?wwwおむそばーwww」

ラーメンでパンパンなのに、オムそばライスを食べるのか、、、。

それからも店内に流れるBGMより大音量の二人の会話は続いた。
私はさっさと切手を買い込み、妙なパワースポットのできたコンビニをあとにした。

朝と夜の交差点、とは早朝のツイッターのタイムラインでよく使われる言い回しだ。
誰かが遅い仕事が終わって「おやすみなさい」とつぶやく傍らで、
「しゅりんく!ぷれーりーどっぐくんおはよう!」と茂木健一郎さんがつぶやく。
早起きが苦手な私のつぶやきは、たいてい「おはようございます。ねむ。」

朝と夜の交差点は、どこにでもあるのだ。日常のそこかしこに。
月が西に沈むそばから東を振り向けば日が昇ろうとしている。
何かが終わると、新たな何かが始まる。

それは雲が刻一刻と流れながら変化していくのが自然なことのように、
ごく当たり前におこっている。

険悪な関係も、いつまでも続くわけではない。
いつか終わりがきたら、また改めて「おはよう」と言えばいいのだ。
終わりと始まりはいつも隣り合わせ。
それは何も悲しいことではなくて、自然なことなのだ。

ギクシャクした気分も、さっさと終わらせてしまおう。
そして改めて、仲良くしよう。

簡単なことなのに、近すぎると簡単にはいかないのが面白い。
そんなときは焦らず待っていよう。それでいい。

今日も朝と夜の交差点に立っている。
私がおやすみなさい、と言っている隣に、
おはようございます、と新たな気分でつぶやく人がいる。

少しずつずれて、誰にも朝がくるんだな。
[PR]

by 93hossy | 2014-01-08 04:45 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

調節がむずかしい

昨日はものすごく蒸し暑くって、
とうとうエアコンをつけてしまいました。
しかし、そんなに温度を低くしたつもりはないのに、
だんだん寒くなりすぎては消し、、、
今度は汗をかきはじめてつけ、、、
消してつけて消してつけて消して、、、

最後らへん、汗だくになって、オブジェの習作がひとつできていました。
集中していると、おでこのあたりが熱くなって、普段でも汗をかくのに、
この暑さでかなりの汗をかいていました。

エアコンの調節って難しい。。。風邪ひきそうです(笑

みようによってはムーアっぽいこの習作。
少し大きくしてみようかな、と思っています。
さて、戻って風邪ひかないようにしないと♪
f0143299_0241024.jpg

f0143299_0245561.jpg

写真は、時々撮りだめている甥っ子のはるき。お手伝い中の姿。
こういうのが、オブジェの造形に反映されたりします。
脚みじかっ!(笑
[PR]

by 93hossy | 2013-10-11 00:25 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

やられておりましたー

新年にはいって、新年会3連ちゃん、という、私史上初の毎日が続き、
毎夜沢山の方と交流し、楽しい時間を過ごしておりました。
f0143299_1416622.jpg

と、ここまでならどうでもいい報告なんですが、
三日目の宴会の次の日、朝から胃痛、、、。。。

ん?なんだかおかしいな。。。

起き上がると、身体全体がだるい、、、。
でもなんとか日々のことをこなさねば、と過ごしていると、
腹痛が、、、。
水のようなさようなら、、、、

食べ過ぎちゃったかなー(笑 

はじめはこれくらいのノリだったのですが、
気がつけば何度トイレに駆け込んだのか。

ん?やっぱおかしいよね。なんかへんよね。

そう思いながらFacebookやツイッターを覗いてみると、
日曜日ご一緒したお友達が軒並みダウン。
そして1名ノロウィルスにやられたとのご報告が。。。

は!これか!やられたのか!!!

どうやら流行には乗り遅れずにすみました(笑
すごいですねー。ノロウィルス。

そして夕方からの熱発。そうとう高熱が出ていた様子。
布団に入っても、うなされて目覚めたり、またフラフラと寝てしまったり、
自分の身体が熱くて目が覚めたり。

次の日も体の節々は痛いわ、胃痛は走るわ。

あんな目に見えないようなやつにやられるとは!
ちょっとなめておりました。

まるまる二日、なにも食べられず、ポカリスエットと白湯だけ。
それも胃痛が走るので、なめるようにして1リットルもとれていなかったな、、、。

そして昨晩からおかゆを食べ始め、本日めでたく普通食に戻りました。
激しい症状がでますけど、普段が健康だったため、案外長引かずに
さっと治った模様です。

いやー、、、。おそろしい。ノロウィルス。
皆様、空気感染する、なんてご存知でした?私は知りませんでした。
ぜひ、下記をご参考までに。
ノロウィルス感染症について

注:写真は、キジの溶岩焼き。ここで感染したわけではございませんので。
[PR]

by 93hossy | 2013-01-10 14:17 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(6)

私にも、新たな才能が、、、?

先々週の教室で、詩人に書き物をしないか、と言われました。
奥様のハルコさんが主宰する同人誌「芽」への寄稿です。

そんなだいそれたこと、、、と思いつつ、
先生から誘っていただいてお断りするというのも失礼か、と思い直し、
「どんなものを書くんですか?」と尋ねると、
「なんでもいい。」と(笑
はあ、、、(笑

先生は哲学関係や詩、そのほかにも天文学だよりとか短歌とか、
文学の誉れ高いものがずらっと並ぶ中に、
私が何を書く???

ポカーンとしてしまいましたが、
とりあえずがんばります、とその日は帰りました。

それからしばらくは真面目に
あーでもない、こーでもない、と考えあぐね、
そのうち忙しさにかまけて忘れてしまいました(笑 案外図太い(笑

そして気づいたのが昨日の水玉デパートのお当番中。

あっ!!!しまった!!!
なんか頼まれてたぞー、、、、
冷や汗とともに記憶は甦りました。

人間、追い詰められると力を発揮しますね(笑
弟子日記、なるものを、ほんの2時間位のあいだに4ページ書き上げていました(笑
なぜ私がこの仕事を選ぶことになったのか、と、
弟子入りするまでの山あり谷アリのひとこま。

これでもほんのさわり。まだまだネタはノート3冊ぶんあるのです(笑
以前から、まとめてみたいな、と思っていたのが、
ここへきて一気になだれ込むように思い出して筆を進めさせてくれました。

そして今日の教室で読んでいただき、その第一声。
「ふん。読みやすい!うん。面白いな!」

やた!

とりあえずなにも校正なしで、オッケーがでたのでした。
ふっふっふっ、、、(笑

案外と知られていない弟子生活のあれこれを、
当時つけていた日記をもとに書く、という、ただのエッセーなんですけどね。
これ、最後の結びを「つづく」としていました(笑
ええ、季刊で書きますとも(笑 

自分にこんな才能(といっていいかどうかわかりませんが・笑)が眠っているとは(笑

頼まれたらやってみるもんですね(笑 
f0143299_202951.jpg

[PR]

by 93hossy | 2012-12-19 20:30 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(4)

孤独とのつきあいかた ―詩人との徒然語り―

f0143299_2122523.jpg

水曜日は、久々の絵画教室でした。
20代の頃からずっと育ててくださった上野先生の教室。
今は、具象表現から抽象表現への移行をめざして、
その基礎を叩き込んでいただいています。

モチーフを描きながら、手は勝手に作業をすすめてくれるので、
案外とおしゃべりできるものです。

今年に入り、色々と感じるところを徒然なるままにお話しました。
その中で出た「孤独」について。

私も先生も、1人で部屋にこもって作業しなくてはなりません。
そういう意味では、常に付き合わなければならないもので、
強烈に集中できているときは感じないものですが、
ひとたび意識し始めると、何をしていてもつきまといます。

私「今年に入って、よくよく孤独を味わっています。」
師「まあ、今に限らず、ずっと付き合ってくものだからな。
   特に夕方の時間帯はいかんなー。」
私「あ、わかります。なんかこう、知らない間に冷気が部屋に侵入してくるみたいに、
  心の中に孤独が入り込んできます。」
師「そうそう!」

なんて話をしながら、どうやってやり過ごすか、というくだりに。
師「俺、人の気配が欲しいから、作業してるときも観てないけどDVDを流してるよ」
私「あ!私もです。観てないけど流してます。」
意外と思われるかもしれませんが、こんなこともあるのです。
完全に集中してしまうと、音も何もかも聞えなくなるので、
音楽であろうとDVDであろうと、何を流していても関係なくなります。
ですから、普段は無音、なんてこともあるくらい(笑 
だけど、つきまとう孤独を振り払いながら、どうしてもやらなきゃならない、
ってときに、これが有効なのです。
ファミレスやカフェで仕事をする、という人がいるのもうなずけます。
少しの人の気配が、案外といろいろを消してくれる効果があるみたい。

師「どっちでもないとき。1人が寂しくもないし、特にウキウキしてるわけでもないときは、
   俺、アムロちゃん流してるよ。貸してあげようか。」
私「は?アムロちゃん、、、ですか(笑 いえ、いいです(笑 」
師「どうしても振り払えないときは、ショパンがいいよ。モーツァルトは綺麗過ぎる。
   サティーもだめだな。」
私「ショパンですか。ふーん。」
師「そう。なんかさ、ショパン聴いてると、俺より孤独なやつがここにいる、って
   思えるんだよね(笑 」

ああー、、、なるほど(笑 そういうことですか(笑

例えば、偉大な芸術家と話をするように、毎日数ページだけゲーテの本を読む。
例えば、好きな詩人と会話を楽しむように、リルケの詩集を開いておく。
日曜日の午後、誰にも会えなくて、一人寂しくなったら、
二の丸公園に行って、木陰で好きな本を読む。

こんなことを教えてくださったのも、全部先生なのです。
実際できてるか、といえば、あんまりできていないのですが。
だめ生徒です(笑
自分の毎日は、あまりに作業に追われすぎて、
孤独をひしひしと感じながらも、振り払いながらすすめなきゃならない、
という状態ですから。
一番まずいのは、そのことにとらわれすぎて、作業が止まってしまう事。
よくあります。
そんなときは、思い切ってやめてしまいます。
お風呂に入ってみたり、思い切りDVDに注視してみたり(笑
夜だったら寝てしまったり。
さんざんやると、飽きてきます。
そこでおもむろにコーヒーをドリップでおとして通過儀礼。
仕切りなおしてまた集中。
まだまだ色んな方法があって、毎回手を変え品を変え付き合っています。

例えば恋人がいても、家族がいても、孤独って味わうものでしょう。
森の中に孤独はない。人の間に孤独はあるのだ。
とは有名な言葉ですが、
私という固体の中に意識が閉じ込められている以上、
直接覗き込めるわけでもなく、電極のようにつながるわけでもなく、
完全に考えていることが伝わることはないのかな、と考えています。
以心伝心はあると思いますけど。
人がいればいるほど味わうことだってあるように思います。

思っていることを言葉に変えようとすると、陳腐になってしまったり、
なんだかまとまりのないことになってしまったり。
それでも、人には、考えていることを言葉に出して伝えています。
今日も可愛いね、とか。
すごくその色にあってるよ、とか。
あれ、やっておいてくれたんだね、ありがとう、とか。
ちょっとしたことが、連携のつなぎなおしになって、
またなんとなく手をつないで過ごせる。そんな気がします。

この仕事をしていく以上、これからもずっとずっと付き合わなければならない孤独。
だったらいっそ、いいお友達になるしかないのかな(笑
[PR]

by 93hossy | 2012-04-28 20:31 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

太極拳て、拳法だったのね

体力づくりと精神修養のため(、、、ってちょっと大げさ)、
太極拳を習いに行くことになりました。
陶芸教室の生徒だったしげさんとゆみちゃんのご夫婦から紹介を受けて。

イメージとしては、ゆっくり動きながら、
「気」のボールみたいなものを回したり動かしたり、、、
それを絶え間なく動き続けながら繰り返す、、、
という感じかな、と思っていました。

ですが、違いました。
あれは、拳法ですね。はい。

まず型を教えていただくまでの、ストレッチの長いこと!
肩、首、背骨、腰、股関節、脚、、、
普段固まって仕事している身としては、
これがまあ効く効く。
イタキモな調子でゆっくり静かにのばしていきます。

たっぷりストレッチの後は、みんなでどんどん進みながら
少しずつ型のパーツをやっていきます。
それが進むと、最後には蹴りをやるんですよね。

え?、、、蹴り???

焦る私を尻目に、みなさんどんどん進んでいかれるので、
どんどん遅れながらやるんですが、
もう最後は「連打」とかいっちゃって、
脚を高く上げてまわし蹴りしながら、
手をパパン!と連打しちゃったりするんですよ。

はぁ?

・・・・・・笑

それからようやく型なんですが、
これまたゆっくりと脚だけ、手だけ、とやっていくわけです。
そして組み合わせると、、、トンチンカン(笑
まずはじっくり脚だけやることにしました。

横でやっていらっしゃる上級者、もう完全にジャッキー・チェンの世界です。
「これ、このスピードだと、闘ってるときはもう話にならないからね」
なんて物騒なことをおっしゃってますよ。
「ね、これ、決まるとかっこいいでしょ」
ってみなさんをけしかけたり。

おっと、私も自分の動きに集中せねば。
あのよくある手で円を描きながらの動きもありました、ありました。
で、最後にちょっとだけやった二つの型で、、、
「はい、ここで相手の腕をとりながら、こっちに流して、おしやって引き戻して最後はい押し戻す」

・・・・・・笑
やっぱ、拳法じゃないか。

見よう見まねでなんとなく、、、これで、、、いい?
という感じには終われ、、、たかな。。。

昨夜は筋肉痛にあえぎながら仕事いたしましたよ。
中腰みたいなポーズでキープ、なんてことが多いのですよ。
おかげで、いい汗かきました。ふー。

上半身は非常に柔らかい、と褒めていただけましたが、
やはり座ったままの仕事姿勢は非常に身体によくない、ということで、
股関節、腰など、どんどんゆるめていけばいいですよね、
というアドバイス。
ほんとに親切でいい感じの方ばかりでした。
先生ご夫婦も素敵なお2人です。

太極拳、拳法なのねと再確認。優雅な動き夢見ばたつく。

私の太極拳初体験記念日に、恥ずかしい一句。おそまつ。
[PR]

by 93hossy | 2012-04-13 09:30 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

ウルトラマン!

f0143299_44687.jpg

こんな快晴の日に訪れた先日のナガサキリンネ。
実は、会場の長崎県美術館では、もうひとつ面白い展示があっていました。
その名も「ウルトラマンアート展」!!!

まさにオンタイムで観ていた私たち世代にとっては興味津々の展示、、、だったはずです(笑
一緒にいったみちぃさんをほっといて、一人でスタスタいってまいりました。
珍しく、写真を撮っていい部屋、というのがあって、もうバシャバシャ(笑
f0143299_4492381.jpg

ね、これ、すごいでしょ。着ぐるみそのまま展示ですよ!
もちろん、これも。
f0143299_4592922.jpg
f0143299_50143.jpg












ここにすわってみたかった、、、(笑
でも、みちぃがいなかったので、知らない男の子が座ったところを。
f0143299_517100.jpg


こんなのもあんなのも。
f0143299_514193.jpg

f0143299_52132.jpg


マスクを作る工程とか、怪獣のキャラクターのスケッチとか、プロトタイプの怪獣とか。
もうね、こどもにかえっていました(笑 
弟がいるからか、案外こういう男の子の好きなテレビ観てたんだなあ、私(笑
最後の部屋のフィギュア勢ぞろい、、、何体あったのかしら、、、。
怪獣達がた、、、、、、、、、、、、っくさんいましたよ。
大人が沢山いて、目をキラキラさせながら覗き込んでるのが印象的でした(私を含む)
この美術館、ほんとに面白いことやってますね。またいきたいな!
[PR]

by 93hossy | 2012-04-12 09:30 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)

スイッチの入れ方

どうしても気分がのらなくて、作りたくない。
でも、納期もあるし、こんなこと言ってられない。
そんなとき、創作スイッチがあったら、、、。

とは、常日頃考えていることです。

最近、案外すんなり入るようになってきました。
例えば、縫い物をする。
これも、結局「つくる」ことにつながってるからでしょうか。
いつのまにかやる気まんまんになっています。
例えば、小さなミニチュア陶器を作る。
これはもう粘土に触りますので、
そのまま作ることに直結していきます。
しかも、小さいものってものすごく作るのが楽しい(笑
最初はおぼつかなかった作業がだんだんのってきて、
ディテールにこだわれるようになったりして、、、。
こうしてなんらか作業に入ると、その延長でスイッチが入るのだ、
ということがわかってきました。
そんな贅沢言ってないでさっさと作業しろ!といわれそうですね、、、(すみません)

ここからは余談です。
先日、小さいおじさんの出てくる奇妙な夢をみました。
どこか広い仕事場のようなところ。昨日片付けたはずなのに、妙にちらかっています。おかしいなあ、、、と思いながら片付けると、そのそばから紙がちらかって、紙テープがするするするーっとのびて、文具が散らかって、、、、。
は?え?と我が目を疑っていると、そこにお友達のマカロンさんが登場。ニヤニヤ笑いながら「やられてますね」は?なに?あなた、なんか見える?「見えますよ。やられてますよ、ほしのさん」・・・・・・・????
おののきながら片付けても片付けてもあきらかに小さい人があっちこっちちらかしてくれています。もうへとへとになって、ちょっと横になろうとすると、その小さい人が少し大きくなって(身長25センチくらいに)私によじのぼってこようとします。で、挙句に噛み付こうとする。一生懸命振りほどいていたら目が覚めました。
ちなみに、その小さい人は、坊主頭で裸。肌は小布施の栗らくがんみたいでした。笑えるんだけど、意外に怖い夢でした。

教室中に、ミニチュアを作っていると、生徒さんから
「あの小さいおじさん用ですか。きっと使ってくれますよ」
って、気持ち悪いからやめてー!(笑 
次の夜も変な夢を見ましたが、おじさんは出てきませんでした。
[PR]

by 93hossy | 2012-04-07 14:43 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(5)

たくましきかな

ウェーーーーーン ウァン ウァン ウァーーーーーン

外で泣いてる声が聞えてきました。
あれはー、、、甥っ子のハルッティーです。(末っ子・2歳)

ご近所のお兄ちゃん、自分ちのお兄ちゃんたちと総勢5名でお遊び中です。
きっと、やられて泣いてるんだろ、とほおっておいたら、
玄関がガラガラッとあいて、
「はるきくんが、あごをけがしたー。自分でこけてー」
解説付きで聞えてきました(笑

びっくりしてすっとんでいくと、
当のご本人、涙を頬に光らせたまま、
もう庭石の上に乗って遊んでいます。
片手にプラスティックの刀、片手にポップコーン。
むしゃむしゃ食べながら。

たくましか。たくましかね。

すでに泣いてはいません。
でも、あごはすりむいて血が出ています。

とりあえず水でながして、ばあばのお手当ては「あかちん」(爆
やるな、母。
かくして、真っ赤なあごのハルッティー、
元気にお兄ちゃん達について回ってます(笑
わたしもこんくらいたくましくなりたい(笑 
え?私、こけました?怪我、しましたっけ?
みたいな顔をして、どんどん遊び、食べ、走り回る!
というか、怪我したことすら忘れているのか?(笑

まあ、大人はこんな風にはいきませんけどね、
マネはしてみようと思います(笑
[PR]

by 93hossy | 2012-01-21 13:55 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)